基本情報

写真a

日比野 政裕

ヒビノ マサヒロ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生体膜、DNA、一分子計測、走査型プローブ顕微鏡

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学大学院

    1992年03月,博士後期,理工学研究科,基礎理工学専攻,単位取得満期退学,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学

    1987年03月,工学部,物理学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Young Electrochemistry Scanning Probe Microscopist Award

    1997年03月26日,Molecular Imaging Corp.

 

生体分子の直接計測

ナノの世界から生体分子の運動を見る

研究開発の目的

ナノサイエンスによる生体分子の機能解析

生物は膨大な数の分子から構成されており,個々の分子の働きの上に生命活動が成り立つ。一分子計測から生体分子の働くメカニズムを解明し,なぜ簡単な分子の組み合わせから複雑な生体システムが作られるのかを解明していく。一分子計測のための装置開発,及び生体分子を模倣した装置やシステムの開発にもつなげていく。

研究開発の概要

ナノ計測技術の生体分子への応用

生体膜やDNAを作っている分子の世界を知るためには生体分子をナノメートルの空間分解能とリアルタイムの時間分解能で計測する必要がある。これを実現するために走査型プローブ顕微鏡の改良,及び,光や磁気を使って非接触で生体分子を直接操作することが可能な多機能光学顕微鏡などの装置の開発を行っている。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 生体分子の一分子計測
  • 一分子計測のための装置の開発
  • 多機能光学顕微鏡法による生体分子の一分子計測
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 生体分子のナノメートル計測が可能
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学ハンドブック

    日比野政裕,朝倉書店,脂質二重層,(頁 680),2007年04月,9784254171228

  • Slow Dynamics in Complex System

    M. Hibino and M. Kobayashi,American Ins. of Phys.,Study of Fluidity of Lipid Membranes Using Single Molecule Microscopy,(頁 829),2004年06月,9780735401839

  • バイオイメージングの最先端

    日比野政裕,先端医療技術研究所,走査型トンネル顕微鏡及び原子間力顕微鏡による蛋白質のイメージング,(頁 324),1999年12月,9784925089050

  • 生体膜―生命の基本形を形づくるもの (生物物理から見た生命像2)

    日比野政裕,吉岡書店,膜に孔を開ける,(頁 167),1996年02月,9784842702568

  • 走査型トンネル顕微鏡/原子間力顕微鏡 利用技術集成

    日比野政裕,八田一郎,ティー・アイ・シィー,モデル生体膜,(頁 401),1994年07月,9784924890183

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Adsorption Behaviors of Mixed Monolayers of n-Alkanes at the Liquid–Solid Interface

    M. Hibino,Langmuir,32巻,19号,(頁 4705 ~ 4709),2016年05月

  • Transition between Scanning Tunneling Microscopy Images of Alkane Derivatives on Graphite

    M. Hibino and H. Tsuchiya,Appl. Surf. Sci.,357巻,(頁 2290 ~ 2296),2015年12月

  • Bias Voltage Dependence of Molecular Orientation of Dialkyl Ketone and Fatty Acid Alkyl Ester at the Liquid-Graphite Interface

    M. Hibino and H. Tsuchiya,Appl. Surf. Sci.,317巻,(頁 803 ~ 810),2014年10月

  • Self-Assembled Monolayers of Cholesterol and Cholesteryl Esters on Graphite

    M. Hibino and H. Tsuchiya,Langmuir,30巻,23号,(頁 6852 ~ 6857),2014年06月

  • Cooperative Rotation of Alkylated Sulfide Molecules at the Liquid-Graphite Interface

    M. Hibino and H. Tsuchiya,J. Nanosci. Nanotechnol.,14巻,4号,(頁 2996 ~ 3000),2014年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Observation of changes in lipid monolayer morphology induced by the N-terminal segments of surfactant protein B

    Hideyuki Nagatsuka and Masahiro Hibino,JSED2017,(頁 43 ~ 44),Muroran Institute of Technology,2017年03月,Muroran

  • Hydrogen production from acetate by purple non-sulfur bacteria from rivers in Hokkaido

    Mayoka Kanoh, Kazuma Tazawa, Seigo Kumakura, Masahiro Hibino,JSED2017,(頁 103 ~ 104),Muroran Institute of Technology,2017年03月,Muroran

  • Hydrogen production from acetate by purple non-sulfur bacteria from rivers in Hokkaido, northern Japan

    Mayoka Kanoh, Kazuma Tazawa, Seigo Kumakura, Masahiro Hibino,EPAM2016,(頁 138 ~ 139),2016年07月

  • Chemical Imaging of Surface Functional Groups with Functionalized ZnO Whisker Probe Tips

    Masahiro Hibino and Tomomi Nakano-Nishida,JSED2016,(頁 64 ~ 65),Muroran Institute of Technology,,2016年03月,Muroran

  • Fluorescence Microscopy of Lipid Monolayers Containing Lung Surfactant Protein B at the Air–Water Interface

    Hideyuki Nagatsuka and Masahiro Hibino,JSED2016,(頁 62 ~ 63),Muroran Institute of Technology,2016年03月,Muroran

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Morphology and Collapse Transitions in Model Lung Surfactant Monolayers

    Masahiro Hibino,International Symposium on Physics of Life,Integrative Graduate Education and Research Program in Green Natural Science in Nagoya University (IGER),International Symposium on Physics of Life,(頁 22),2017年03月25日,Nagoya,Japan

  • 脂質単分子膜の崩壊と修復現象へのSP-Bペプチドの長さの影響

    長塚秀幸,藤岡美穂,王ホウイ,日比野政裕,国際合同シンポジウム,日本生物物理学会北海道支部・大学院薬学研究院創薬学研究教育センター・ファーマサイエンスフォーラム ,国際合同シンポジウム及び日本生物物理学会北海道支部例会予稿集,2017年03月16日

  • Observation of changes in lipid monolayer morphology induced by the N-terminal segments of surfactant protein B

    Hideyuki Nagatsuka and Masahiro Hibino,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 43-44),2017年03月03日,Muroran,Japan

  • Hydrogen production from acetate by purple non-sulfur bacteria from rivers in Hokkaido

    Mayoka Kanoh, Kazuma Tazawa, Seigo Kumakura, Masahiro Hibino,Muroran Institute of Technology,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,2017年03月03日,Muroran,Japan

  • Phototrophic hydrogen production from acetate by purple non-sulfur bacteria from rivers in Hokkaido

    Mayoka Kanoh, Kazuma Tazawa, Seigo Kumakura, Masahiro Hibino,日本生物物理学会,日本生物物理学会第54回年会講演予稿集,2016年11月25日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学情報演習

    2017年度,学部

  • 基礎化学

    2017年度,学部

  • 基礎化学

    2017年度,学部

  • バイオシステム情報演習

    2017年度,学部

  • 基礎化学

    2016年度,学部

全件表示 >>

教育論文 【 表示 / 非表示

  • 生物の形を決める力を考えよう -テンセグリティーモデルを作る-

    2010年10月,日比野政裕,cremo年報'09, (頁 49-52)

  • シカゴ大学を訪問して

    2007年,日比野政裕,蘭岳

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • ブース紹介

    2012年08月04日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • 光合成細菌による水素生成

    2010年09月11日,読売新聞,大阪ビジネスパーク円形ホール,工学フォーラム2010,未設定

  • ブース紹介

    2010年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • 人工赤血球を作ろう

    2009年08月01日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • 生命科学特論

    2009年07月29日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許法認定公開講座,講演

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 生体モデル膜における環境汚染物質の影響

    2007年06月05日,環境科学・防災研究センター環境汚染物質評価部門

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会北海道支部

    2017年04月01日 ~ 2019年03月31日,委員,日本生物物理学会,地方支部