Personnel Information

写真a

TAYU Yoshinori


The master's program in charge

Division of Production Systems Engineering

The department in charge

Department of Mechanical, Aerospace, and Materials Engineering

Job title

Assistant Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Material processing/Microstructural control engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Foundry Engineering

  • Welding Technology

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1993.03,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,材料物性工学専攻,Completed

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1991.03,Faculty of Engineering,金属工学科,Graduate

Academic Society 【 display / non-display

  • The Iron and Steel Institute of Japan

  • The Japan Welding Society

  • Japan Foundry Engineering Society

  • The Japan Institute of Metals

 

金属材料の摩擦圧接

短時間で接合衝撃強度を上げる摩擦圧接

Purpose of Research

金属材料の複合化と接合衝撃強度の同時獲得

異なる金属同士を接合することで、それぞれの金属がもっている利点を活かし、いろいろな機能を持たせることができる。さらに摩擦圧接という手法で接合することにより、極めて短時間で継手を作製することが可能。金属を摩擦圧接で接合する技術によって金属材料の複合化と、母材相当の接合衝撃強度を同時に獲得する。

Summary of Research

圧接する金属の表面処理によって最適な摩擦圧接を実現

溶接は金属を溶かしてつなげるのでもろい層ができてしまう。 しかし摩擦圧接では金属どうしを押し付けながら回転させた時の摩擦熱によって接合させるため、金属を溶かさずに、短時間で強度のある接合ができる。その回転数や押し付ける圧力を計算して、さらに圧接する金属の表面形状設計によって最適な摩擦圧接を実現する。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 様々な材料の組み合わせで接合可能
  • 接合面形状設計による接合衝撃強度向上
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 表面処理等のデータやノウハウで母材相当の強度を出すことが可能
 

Books 【 display / non-display

  • 役に立つ接合・複合技術

    セラミック粒子分散複合材料のTLP接合,ステンレス鋼と純銅の拡散接合 -銅中酸素の影響-,2002.02

Papers 【 display / non-display

  • 肉厚2mmの薄肉球状黒鉛鋳鉄のミクロ組織に及ぼす炭素量とけい素量の影響

    王強,長船康裕,田湯善章,桃野正,鋳造工学,vol.86,(6),(p.471 ~ 476),2014.06

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 材料複合化技術

    田湯善章,Bulletin of the hokkaido branch of JFS,vol.136,(p.3 ~ 8),2010.04

Research reports 【 display / non-display

  • アルミニウム合金の拡散接合における希土類元素添加の影響

    田湯善章,室蘭工業大学紀要,vol.63,(p.45 ~ 48),2014

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • Hydrogenation property of La2Mg17 alloy prepared by high-speed rotational blending method

    Shotaro Yutani, Eiji Nakamura, Hiroki Hayashi, Yoshinori Tayu and Hideyuki Saitoh,JSED2017,室蘭工業大学,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(p.97-98),2017.03,室蘭市,日本

  • 高速気流中衝撃処理したLa2Mg17合金の水素化特性

    湯谷将太郎(院),齋藤英之,田湯善章,中村英次(㈱三徳),林宏樹(㈱三徳),平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会両支部合同冬季講演大会,日本金属学会・日本鉄鋼協会北海道支部,平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会両支部合同冬季講演大会概要集,(p.14-14),2016.12,室蘭市,日本

  • 高速気流中衝撃法により表面改質したLa2Mg17合金の水素化特性

    三村隼也(院),田湯善章,斎藤英之,中村英次(㈱三徳),林宏樹(㈱三徳),第3回日本金属学会水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会,日本金属学会 水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会,第3回日本金属学会水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会概要集,(p.35-35),2016.10,室蘭市,日本

  • 薄肉球状黒鉛鋳鉄の組織に及ぼす硫化セリウム添加の影響

    長船康裕,王強,田湯善章,戸羽篤也(北海道総研),横山幸弘(㈱三徳),第168回日本鋳造工学会全国公演大会,日本鋳造工学会,第168回日本鋳造工学会全国公演大会概要集,(p.58-58),2016.09,高知市,日本

  • Mg-Li合金の水素化特性

    豊岡良太(院),齋藤英之,田湯善章,中村英次(㈱三徳),林宏樹(㈱三徳),平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会両支部合同サマーセッション,日本金属学会・日本鉄鋼協会北海道支部,平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会両支部合同サマーセッション概要集,(p.18-18),2016.07,札幌市,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • フレッシュマンセミナー

    2017,Department

  • 材料工学実験B

    2017,Department

  • 材料加工プロセス学演習

    2017,Department

  • 設計製図基礎

    2017,Department

  • 材料科学A演習

    2017,Department

display all >>