基本情報

写真a

小川 祐紀雄

オガワ ユキオ


所属センター等1

情報メディア教育センター

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報ネットワーク

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • ネットワークアーキテクチャ

  • 企業情報ネットワーク

  • データセンタ

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 企業ネットワークと計算資源の統合に向けた広域分散システムのアーキテクチャ

    企業ネットワーク,広域分散システム,データセンター,1999年10月 ~ 2018年03月

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 航空画像からの物体情報抽出

    1994年04月 ~ 1999年09月

  • 企業ネットワークの統合

    1999年10月 ~ 2005年03月

  • 企業データセンタへの計算資源の統合

    2005年04月 ~ 2009年03月

  • パブリックデータセンタへの計算資源の統合

    2009年04月 ~ 2018年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学

    1994年03月,博士前期,理学研究科,地球惑星科学,修了,日本

  • 大阪大学

    2012年03月,博士後期,情報科学研究科,情報ネットワーク学,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学

    1992年03月,理学部,地球惑星科学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学)

    企業ネットワークと計算資源の統合に向けた広域分散システムの解決手法

職歴 【 表示 / 非表示

  • (株)日立製作所(2012年4月より主任技師)

    1994年04月 ~ 2016年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • IEEE

  • ACM

学術賞 【 表示 / 非表示

  • MVA 2009’s Most Influential Paper over the Decade Award

    2009年05月,IAPR

 

社会基盤としての情報ネットワークのアーキテクチャ

研究開発の目的

社会基盤に向けた情報ネットワークの設計

情報ネットワークは、社会生活の隅々まで張り巡らされた社会基盤であり、人口減少が進む諸地域の大事な社会資本である。今後、各種クラウド・データセンタ間の連携、交通・輸送ネットワークやライフラインとの相互依存性が進展していく中で、情報ネットワークに求められるデザインを示すことを目的とする。

研究開発の概要

情報ネットワーク・システムのデザイン確立

(1)通信トラヒックの時間変動、データセンタや端末の空間的広がりに対応した自律制御、(2)性能保証、災害耐性・頑強性、エネルギー効率・経済性などの要件を調整するデザイン、(3)鉄道・道路ネットワークや電気・ガス・水道ネットワークとの機能的・地理的な依存関係による障害の伝播リスク、を課題として、情報ネットワーク・システムのモデル化・評価を行い、最適構成を明らかにする。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 実データを用いた評価を行うことにより、モデルに基づく予測値と実際の値の差分の影響などについて具体的な議論を行う点に特長がある。
  • 計算リソースの性能・可用性に加え、計算リソース自身のコストやその操作・管理に係る作業量など、実システムの設計・構築・運用の経験を活かした課題の定式化に特長がある。
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 各種基盤間の相互依存系を定式化することに特長がある。
  • なし
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Virtual network allocation for fault tolerance balanced with physical resources consumption in a multi-tenant data center

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,IEICE TRANSACTIONS on Communications,E98-B巻,11号,(頁 2121 ~ 2131),2015年11月

  • Power consumption evaluation of distributed computing network considering traffic locality

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,IEICE TRANSACTIONS on Communications,E95-B巻,8号,(頁 2538 ~ 2548),2012年08月

  • A transport-layer approach for improving thin-client performance in a WAN environment

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,International Journal of Internet Protocol Technology,6巻,3号,(頁 172 ~ 183),2011年11月

  • Estimating the performance of a large enterprise network for updating routing information

    Y. Ogawa, T. Hirata, K. Takamura, K. Yamaha, S. Saitou, K. Iwanaga, and T. Koita,IEICE TRANSACTIONS on Communications,E88-B巻,5号,(頁 2054 ~ 2061),2005年05月

  • ネットワーク統合管理データベースと大規模IP ネットワーク性能診断支援システムの開発

    小川祐紀雄,中谷彰宏,大平栄二,長谷川聡,石井直輝,電子情報通信学会論文誌B,J86-B巻,7号,(頁 1278 ~ 1276),2003年07月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Cloud bursting approach based on predicting requests for business-critical web systems

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,Proceedings of International Conference on Computing, Networking and Communications (ICNC): Cloud Computing and Big Data (ICNC 2017 CLD),(頁 443 ~ 447),IEEE,2017年01月,Santa Clara

  • Virtual network allocation for fault tolerance with bandwidth efficiency in a multi-tenant data center

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,Proceedings of 6th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom 2014),(頁 555 ~ 562),IEEE,2014年12月,Singapore

  • Effect of traffic locality on power consumption of distributed computing network

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,Proceedings of 9th International Conference on Communications (COMM 2012),(頁 233 ~ 236),IEEE,2012年06月,Bucharest

  • A transport layer approach for improving interactive user experience on thin clients

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,Proceedings of Australasian Telecommunication Networks and Applications Conference (ATNAC 2009),(頁 1 ~ 6),IEEE,2009年11月,Canberra

  • Transport-layer optimization for thin-client systems

    Y. Ogawa, G. Hasegawa, and M. Murata,Proceedings of IEEE Workshop on Communications Quality and Reliability (CQR 2007),IEEE,2007年05月,Fort Myers

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 電力供給ネットワークへの依存性を考慮した構内情報通信ネットワークの脆弱性に関する一検討

    小川祐紀雄, 長谷川剛, 村田正幸,電子情報通信学会技術研究報告,IN2016-104巻,(頁 43 ~ 48),2017年03月

  • モデル予測制御によるハイブリッドクラウド環境でのビジネスクリティカルシステムの計算資源配置の一検討

    小川祐紀雄, 長谷川剛, 村田正幸,電子情報通信学会技術研究報告,NS2016-101巻,(頁 1 ~ 6),2016年11月

  • トラヒック予測に基づくハイブリッドクラウドシステムのコストと性能の評価

    小川祐紀雄,長谷川剛,村田正幸,電子情報通信学会技術研究報告,IN2015-50巻,(頁 57 ~ 62),2015年09月

  • マルチテナント型データセンタにおける性能と耐障害性を考慮した仮想ネットワーク配置方式

    小川祐紀雄,長谷川剛,村田正幸,電子情報通信学会技術研究報告,IN2012-186巻,(頁 191 ~ 196),2013年03月

  • ファットツリー型データセンタネットワークにおける障害箇所推定ルールを用いた自律的経路制御方式の検討

    石川さゆり,坂田匡通,小川祐紀雄,第10回情報科学技術フォーラム(FIT 2011),M巻,041号,(頁 367 ~ 370),2011年09月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報メディア基礎

    2017年度,学部

  • 情報メディア基礎

    2017年度,学部

  • 情報メディア基礎

    2017年度,学部

  • 情報メディア基礎

    2017年度,学部

  • 情報メディア基礎

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

研修 【 表示 / 非表示

  • 第13回室蘭工業大学教育ワークショップ

    2016年08月23日,室蘭工業大学,室蘭工業大学、洞爺湖サンパレスリゾート&スパ,FDワークショップ

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム」

    岩手県花巻市,委員,日本