基本情報

写真a

庭山 聡美

ニワヤマ サトミ


担当学科

応用理化学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

  • 合成化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学産業科学研究所 招へい教授

    2015年07月 ~ 2019年03月

  • Texas Tech University Health Sciences Center, USA, Adjunct Professor 

    2015年09月 ~ 2019年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本有機合成化学協会

  • 日本プロセス化学会

  • American Chemical Society

  • American Association for Advancement of Science

全件表示 >>

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Practical Selective Monohydrolysis of Bulky Symmetric Diesters

    Shi, J.; Niwayama, S.,Tetrahedron Letters,59巻,(頁 799 ~ 802),2018年01月

  • 13C NMR spectroscopic studies of the behaviors of carbonyl compounds in various solutions

    Hiraga, Y.; Chaki, S.; Niwayama, S.,Tetrahedron Letters,58巻,(頁 4677 ~ 4681),2017年11月

  • Synthesis of d-labeled and unlabeled ethyl succinic anhydrides and application to quantitative analysis of peptides by isotope differential mass spectrometry

    Niwayama, S.; Zabet-Moghaddam, M.; Kurono, S.; Kattanguru, P.; Shaikah, A. L. ,Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters,26巻,(頁 5073 ~ 5077),2016年08月

  • Quantification of Proteins Using 13C7-Labeled and Unlabeled Iodoacetanilide by Nano Liquid Chromatography/Nanoelectrospray Ionization and by Selected Reaction Monitoring Mass Spectrometry

    Kurono, S.; Kaneko, Y.; Matsuura, S.; Niwayama, S,Bioorg. Med. Chem. Lett.,25号,(頁 1110 ~ 1116),2015年01月

  • Water-mediated Desymmetrization Reactions

    Niwayama, S,Organic Chemistry: Current Research,2014年09月

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Practical Selective Monohydrolysis of Bulky Symmetric Diesters

    Niwayama, S.; Shi, J.,American Chemical Society National Meeting proceedings,American Chemical Society,2018年08月,Boston

  • Synthetic Studies of Polymers from Half-esters Obtained by Practical Selective Monohydrolysis Reaction

    Shi, J.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting Proceedings,2018年03月,New Orleans, USA

  • NMR Spectroscopic Studies for Observation of the Behaviors of Carbonyl Compounds in Various Solvents

    Niwayama, S.; Hiraga, Y.; Chaki, S. ,American Chemical Society Annual Southwest Regional Meeting Proceedings,2017年10月,Lubbock, USA

  • Methodology for Quantitative Analysis of Proteins Using Stable Isotope-Labeled and -Unlabeled Iodoacetanilides by Nano LC-nano-ESI-Selected Reaction Monitoring (SRM)-MS and Application to Clinical Proteome in Nipple Discharge

    Niwayama, S.; Kurono, S.,5th International Conference on Current Trends in Mass Spectrometry proceedings,2017年09月,Atlanta

  • NMR spectroscopic studies for the behaviors of carbonyl compounds in various solvents

    Niwayama, S.; Hiraga, Y.; Chaki, S.,American Chemical Society National Meeting Proceedings ,American Chemical Society,2017年08月,Washington DC

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • Water-mediated Desymmetrization Reactions

    Niwayama, S.,Organic Chemistry: Current Research ,3巻,2号,Article Number:1000e138,2014年09月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • タンパク質•ペプチドの定量分析法の開発

    庭山聡美、黒野定,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,27巻,(頁 35 ~ 38),2017年02月

  • 特定のアミノ酸残基と反応する試薬の開発

    庭山聡美、黒野定,地域共同研究開発センター研究報告,26巻,(頁 49 ~ 51),2016年02月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 対称ジアルデヒドの環境に優しい選択的モノ酸化反応

    Pullaiah Kattanguru, 小川連、鈴木悠太郎、庭山聡美,万有札幌シンポジウム, 公益財団法人 MSD生命科学財団,万有札幌シンポジウム予稿集,2918年07月07日,札幌,日本

  • Practical Selective Monohydrolysis of Bulky Symmetric Diesters

    Niwayama, S.; Shi, J.,American Chemical Society National Meeting,American Chemical Society,American Chemical Society National Meeting proceedings,2018年08月19日,Boston,USA

  • 13C NMR Studies to Evaluate the Interaction of Amino Acid Derivatives with Solvent in Solution

    Chaki, S.; Hiraga, Y.; Hoside, R.; Yoshimoto, K.; Niwayama, S. ,日本化学会第98春季年会,日本化学会,日本化学会第98春季年会予稿集,2018年03月20日,船橋,日本

  • Synthetic Studies of Polymers from Half-esters Obtained by Practical Selective Monohydrolysis Reaction

    Shi, J.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting,American Cchemical Society,American Chemical Society National Meeting Proceedings,2018年03月18日,New Orleans,USA

  • NMR Spectroscopic Studies for Observation of the Behaviors of Carbonyl Compounds in Various Solvents

    Niwayama, S.; Hiraga, Y.; Chaki, S. ,American Chemical Society Annual Southwest Regional Meeting,American Chemical Society,American Chemical Society Annual Southwest Regional Meeting proceedings,2017年10月29日,Lubbock,USA

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2015年04月01日,ライフサイエンス分野,1500000(円)

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 水を主溶媒とする対称化合物の新規非対称化反応とその機能性高分子合成への応用 

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,(財)鹿島学術振興財団,2016年度研究助成,1150000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎化学

    2018年度,学部

  • 基礎化学

    2018年度,学部

  • インター・サイエンスF

    2018年度,学部

  • 学内インターンシップ(化学生物工学コース)

    2018年度,博士前期課程

  • 環境有機化学特論

    2018年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 英語でのプレゼンテーション指導講座

    2018年08月11日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,企画

  • 日米両国の大学の化学者として万物の創成主と対話する

    2017年01月22日,室蘭知利別教会,室蘭,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • 日米両国の大学における化学教育を比較して―在米25年の視点から

    2018年09月05日,大学女性協会

  • My career in the US and Japan

    2017年12月26日,信州大学

  • 化学と生物のインタープレイ

    2017年12月25日,信州大学

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会北海道支部代議員

    2017年10月28日 ~ 継続中,委員,日本化学会,全国

  • 日本化学会北海道支部代議員

    2016年10月29日 ~ 継続中,委員,日本化学会,全国

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

    2016年 ~ 継続中,全国,支部役員

審議会 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議

    2017年10月 ~ 2023年09月,委員