基本情報

写真a

安藤 哲也

アンドウ テツヤ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 材料加工・組織制御工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 金属組織制御

  • 加工熱処理

  • 鋳造凝固

  • 接合

  • 塑性変形挙動

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院

    1993年03月,修士,工学研究科,金属加工学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学

    1991年03月,工学部,金属加工学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    熱交換器用銅合金の組織制御に関する研究

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第31回伸銅技術研究会論文賞

    1997年11月03日,日本伸銅協会(現,日本銅学会)

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 機械材料学

    荘司郁夫, 小山真司, 井上雅博, 山内啓, 安藤哲也,丸善出版,非鉄金属材料,(頁 332),2014年,9784621088401C3053

論文 【 表示 / 非表示

  • Cu-P合金の疲労特性に及ぼすりん濃度の影響

    安藤哲也, 加藤暁生, 榎本崚汰, 玉川博一, 河野浩三,銅と銅合金,57巻,(頁 282 ~ 285),2018年08月

  • Effect of Rust Inhibitor in Brine on Corrosion Properties of Copper

    Kazunari Higuchi, Ikuo Shohji, Tetsuya Ando, Shinji Koyama, Yoshikazu Mizutani, Yukio Inoue,Procedia Engineering,184巻,(頁 743 ~ 749),2017年04月

  • Cu-3mass%Ti合金の時効特性に及ぼす温間加工の影響

    安藤哲也,銅と銅合金,50巻,(頁 96 ~ 100),2011年

  • Cu-Sn-Zr合金の材料特性に及ぼすZr量の影響

    玉川博一, 安藤哲也,銅と銅合金,49巻,(頁 194 ~ 197),2010年

  • Cu-Sn-Zr-P Alloy for a High-Strength Heat-Exchanger Tube

    Ando, T., Tamagawa, H. and Shohji, I.,Transactions of The Japan Institute of Electronic Packaging,3巻,(頁 14 ~ 17),2010年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Precipitation-hardening of Cu–Ni–P alloy by isothermal ageing

    Wataru Inagaki, Tetsuya Ando, Hirokazu Tamagawa and Kozo Kawano ,Proceedings of AMPT2018,2018年09月,Dublin

  • Effects of intermetallic compounds formation on the ageing properties of Al–Si–Cu–Mg casting alloy

    Ryota Enomoto, Tetsuya Ando and Takumi Kudo,Proceedings of AMPT2018,2018年09月,Dublin

  • Aging Metallurgy and Mechanical Properties on Al-Si-Cu-Mg Die Casting Alloy

    Onuki, S., Tejima, M., Ando, T., Enomoto, R. and Okada, Y.,ICAA16 Proceedings,(頁 81 ~ 82),2018年06月,Montreal, Canada

  • Corrosion Behavior of Copper-Based Heat Pipe Materials in Aqueous Propylene Glycol with Rust Inhibitor

    Kazunari Higuchi, Ikuo Shohji, Shinji Koyama, Tetsuya Ando, Yoshikazu Mizutani, Yukio Inoue,Program of InterPACK2017,(頁 64 ~ ),2017年08月,San Francisco, USA

  • Electrochemical Corrosion of Copper and Copper Alloy in Aqueous Propylene Glycol Containing Rust Inhibitors

    Kazunari Higuchi, Ikuo Shohji, Tetsuya Ando, Shinji Koyama, Yoshikazu Mizutani, Yukio Inoue,ICEP 2017 Proceedings,2017年04月,Tendo

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • アルミニウムおよび銅のリサイクルの現状

    宇都秀之, 安藤哲也,化学装置,48巻,(頁 96 ~ 101),2006年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Effects of intermetallic compounds formation on the ageing properties of Al–Si–Cu–Mg casting alloy

    Ryota Enomoto, Tetsuya Ando and Takumi Kudo,21st International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies,The Advanced Processing Technology Reserch Centre,Proceedings of AMPT2018,2018年09月,Dublin,Ireland

  • Precipitation-hardening of Cu–Ni–P alloy by isothermal ageing

    Wataru Inagaki, Tetsuya Ando, Hirokazu Tamagawa and Kozo Kawano,21st International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies,The Advanced Processing Technology Reserch Centre,Proceedings of AMPT2018,2018年09月,Dublin,Ireland

  • 等温時効によるCu-Ni-P合金の時効強化

    稲垣逹, 安藤哲也,日本金属学会北海道支部・日本鉄鋼協会北海道支部 両支部合同サマーセッション,日本金属学会北海道支部・日本鉄鋼協会北海道支部,日本金属学会北海道支部・日本鉄鋼協会北海道支部 両支部合同サマーセッション概要集,2018年07月13日,札幌,日本

  • Aging Metallurgy and Mechanical Properties on Al-Si-Cu-Mg Die Casting Alloy

    Onuki, S., Tejima, M., Ando, T., Enomoto, R. and Okada, Y. ,International Conference on Aluminum Alloys,ICAA・METSOC,ICAA16 Proceedings,(頁 81-82),2018年06月,Montreal,Canada

  • Al-Si-Cu-Mg合金ダイカスト材の時効特性へ及ぼす予備時効の影響

    大貫晋太郎, 榎本崚汰, 安藤哲也, 手島将蔵, 岡田裕二,軽金属学会第134回春期大会,一般社団法人軽金属学会,軽金属学会第134回春期大会概要,2018年05月,熊本,日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • フレッシュマンセミナー

    2018年度,学部

  • 材料加工プロセス学演習

    2018年度,学部

  • 材料工学実験B

    2018年度,学部

  • 材料加工学

    2018年度,学部

  • 生産システム工学概論

    2018年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人軽金属学会北海道支部

    2018年04月 ~ 継続中,委員長,一般社団法人軽金属学会,地方支部

  • 日本鉄鋼協会北海道支部

    2018年04月 ~ 継続中,委員,日本鉄鋼協会,地方支部

  • 校閲委員会

    2017年04月 ~ 継続中,論文査読,日本銅学会,全国

  • 2017年日本金属学会秋期・日本鉄鋼協会秋季講演大会実行委員会

    2016年12月 ~ 2017年09月,委員,日本金属学会・日本鉄鋼協会,全国

  • Mate実行委員会

    2016年 ~ 継続中,委員,一社)スマートプロセス学会・一社)溶接学会,全国