基本情報

写真a

渡邉 真也

ワタナベ シンヤ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://is.csse.muroran-it.ac.jp/~sin/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 進化計算

  • 多クラス識別

  • Multi-class Classification

  • 多目的最適化

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学・大学院

    2003年03月,博士後期,工学研究科,知識工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学

    1999年,工学部,知識工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会

  • システム制御情報学会

  • 日本知能情報ファジィ学会

  • 電子情報通信学会

  • 進化計算学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 山下記念研究賞

    情報処理学会

  • ベストプレゼンテーション賞

    2007年08月11日,FANシンポジウム2007(日本知能情報ファジィ学会)

  • Young Researcher Award

    2009年12月20日,IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter

  • 平成24年度電子・情報・システム部門大会 奨励賞

    2013年09月05日,電気学会

  • 奨励賞

    2013年09月10日,日本知能情報ファジィ学会

全件表示 >>

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Vehicle Routing Problem

    Shinya Watanabe and Kazutoshi Sakakibara,InTech,A Multiobjectivization Approach for Vehicle Routing Problems,(頁 13),2008年,978-953-7619-09-1

  • Applications Of Multi-Objective Evolutionary Algorithms

    S.Watanabe, T.Hiroyasu,World ScientificPub Co Inc,Multi-Objective Rectangular Packing Problem,2004年12月

論文 【 表示 / 非表示

  • New Approach Combining Branch and Price with Metaheuristics to Solve Nurse Scheduling Problem

    Junya Inafune, Shinya Watanabe, and Masayoshi Okudera,Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII),21巻,7号,(頁 1251 ~ 1261),2017年11月

  • 進化型多目的最適化における探索履歴を活用した局所解脱出と集中探索メカニズム

    左文字 響,渡邉 真也,人工知能学会論文誌,32巻,3号,(頁 E-GB1_1 ~ 12),2017年

  • 相関ルールに基づく非劣解分析システムのオンデマンド化

    賀川祐太朗,渡邉真也,金崎雅博,依田 英之,千葉一永,進化計算学会論文誌,8巻,2号,(頁 75 ~ 87),2017年

  • Structurisation and visualisation of design space for launch vehicle with hybrid rocket engine

    Chiba, K., Kanazaki, M., Watanabe, S., Kitagawa, K., and Shimada, T.,International Journal of Automation and Logistics,2巻,1/2号,(頁 26 ~ 44),2016年03月

  • 大規模Vehicle Routing Problemに対する部分問題化と適応的問題統合に基づく新たな探索フレームワークの提案

    伊藤匡志,渡邉真也,榊原一紀,進化計算学会論文誌,6巻,3号,(頁 146 ~ 158),2016年02月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • On-demand correlation-based information hierarchical structuring method (CIHSM) for non-dominated solutions

    Shinya Watanabe, Sho Nakano, Kazuhisa Chiba and Masahiro Kanazaki,2016 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC2016),Article Number:E-16702,IEEE,2016年07月,Vancouver

  • The effectiveness of considering the intrinsic characteristics for nurse scheduling problem

    Junya Inafune and Shinya Watanabe,Proccedings of Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2016),(頁 36 ~ 41),IEEE,2016年08月,Sapporo

  • Study of a dynamic control of aggregate functions in MOEA/D

    Shinya Watanabe and Takanori Sato,The 11th International Conference on Simulated Evolution and Learning(SEAL2017), Lecture Notes in Computer Science LNCS,10593巻,(頁 309 ~ 320),Springer,2017年11月,Shenzhen, China

  • An approach for supporting system of international logistics based on ontological engineering

    Klairung Ponanan, Hidetsugu Suto and Shinya Watanabe,Proceedings of 2017 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering (ICBAKE 2017),(頁 49 ~ 54),2017年09月,Kyoto, Japan

  • A proposal of a low-dimensional approach based on DIRECT method and t-SNE for single optimization problems with many variables

    Takuya Kaihatsu and Shinya Watanabe,Joint 17th World Congress oflnternational Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (IFSA-SCIS 2017),(頁 1 ~ 6),Article Number:223,2017年06月,大津

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 看護師勤務表作成問題に対するヒューリスティクスおよび厳密解法に基づくアプローチの現在

    渡邉 真也,稲船 淳也,オペレーションズ・リサーチ誌,62巻,3号,(頁 178 ~ 184),2017年03月

  • パレート解分析のための技術動向

    渡邉 真也,システム制御情報学会論文誌,60巻,7号,(頁 272 ~ 277),2016年07月

  • カーネル法

    渡邉 真也,日本知能情報ファジィ学会誌,21巻,4号,(頁 113 ~ ),2009年

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた多目的最適化へのアプローチ

    渡邉 真也,廣安 知之 ,三木 光範,日本機械学会誌,Vol.106巻,No.1011号,(頁 121 ~ ),2003年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 二人ゲーム形式の進化的協調最適化

    松本涼平, 上村桃子, 大西 圭, 渡邉真也,第12回進化計算学会研究会,進化計算学会,第12回進化計算学会研究会 資料集,(頁 97-106),2017年03月13日,九州大学大橋キャンパス

  • 大規模配送計画問題に対する分割統治型フレームワークの改良

    伊藤匡志, 渡邉真也, 榊原一紀,第12回進化計算学会研究会,進化計算学会,第12回進化計算学会研究会 資料集,(頁 107-114),2017年03月13日,九州大学大橋キャンパス

  • 看護師勤務表作成問題における分枝価格法とメタヒューリスティクスを組み合わせた新たなアプローチの提案

    稲船淳也, 渡邉真也,第12回進化計算学会研究会,進化計算学会,第12回進化計算学会研究会 資料集,(頁 115-122),2017年03月13日,九州大学大橋キャンパス

  • 時間割作成問題における解精錬方法の検討 ~龍谷大学の事例を通じて~

    西島 壮,小野 景子,渡邉 真也,進化計算学会,進化計算シンポジウム2016 講演論文集,(頁 442-445),2016年12月10日,千葉,日本

  • DIRECT 法における探索空間の低次元化

    開発 拓也,渡邉 真也,進化計算学会,進化計算シンポジウム2016 講演論文集,(頁 190-197),2016年12月10日,千葉,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2014年04月01日,情報通信分野,400000(円)

  • 中小企業

    2013年04月01日,情報通信分野,200000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2008年07月08日,情報通信分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 進化計算による特徴的脳機能部位と代謝物質の特定

    2016年度,基盤研究(C),16K00312

  • 自律分散型発電・消費ネットワークの最適化モデルとルーティング則の開発

    2016年度,基盤研究(C),26350431

  • 回折イメージングの基盤的研究〜情報と物質のイノベーション〜

    2015年度,基盤研究(B),24300065

  • 自律分散型発電・消費ネットワークの最適化モデルとルーティング則の開発

    2015年度,基盤研究(C),26350431

  • 超大規模組み合わせ問題に対する進化型多目的最適化の開発とその解分析

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26330269

全件表示 >>

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 多目的最適化に基づく多粒度分析支援システムの開発とその応用

    2010年08月20日 ~ 2011年03月25日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成22年度ノーステック財団研究開発助成事業(Talent補助金),400000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング演習(後半)

    2017年度,学部

  • コンピュータ知能学総合演習

    2017年度,学部

  • データ構造とアルゴリズム

    2017年度,学部

  • 情報工学PBL:表現技術

    2017年度,学部

  • データ構造とアルゴリズム

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • パネルディスカッション

    2010年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • パネルディスカッション

    2010年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

講演 【 表示 / 非表示

  • 進化型多目的最適化とその有用性について

    2017年03月15日,室蘭工業大学 最先端高度技術講座(研究成果紹介シリーズⅣ)

  • 『勤務表の自動作成なんて無理』とお思いのあなたへ ~本当に使える勤務表自動作成システム実現のメカニズムをお教えします~

    2015年08月25日,システムバンク株式会社

  • 生物の進化に学ぶコンピュータシミレーション

    2010年11月15日,札幌厚別高校

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 進化計算シンポジウム2017

    北海道茅部郡森町,委員長,日本

  • 進化計算シンポジウム2008

    北海道 登別市,委員長,日本

  • 進化計算シンポジウム2007

    北海道 洞爺湖,委員長,日本

  • Evolutionary Multi-Criterion Optimization. Fourth International Conference (EMO 2007)

    宮城県 松島,未設定,日本

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 進化計算学会

    2016年10月01日 ~ 2018年09月30日,全国,本部役員