基本情報

写真a

佐伯 功

サエキ イサオ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~isaos/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電気化学

  • 腐食防食科学

  • 表面処理

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 光電気化学 腐食

  • 腐食、酸化、防食

  • 表面科学、表面改質、表面分析

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学・大学院

    1987年03月,修士,工学研究科,合成化学工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1985年03月,工学部,合成化学工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 腐食防食学会

  • 米国電気化学会

  • 表面技術協会

  • 日本鉄鋼協会

全件表示 >>

 

表面と界面の分析と機能表面の創製

表面と界面の分析と機能表面の創製

研究開発の目的

材料の用途と使用環境を考えた表界面設計

金属材料表界面の劣化メカニズムを明らかにすること。金属材料の高温における耐高温腐食特性向上を目指した表面改質。電析(めっき)による機能表面の創製。

研究開発の概要

“はかる”技術の開発からスタートし表面を作りこむ

音響振動法を用いた高温における材料表界面劣化のリアルタイム分析装置の開発により,材料が高温・腐食環境でどのように劣化してゆくかを理解する。表面コーティング手法の開発と,使用環境を模擬した雰囲気におけるコーティング材料表面の劣化をリアルタイム分析し,一つ一つのニーズに合わせたコーティング方法の提案を行う。常識をこえた条件・方法によって生成するめっき表面の微細構造を精密に測定し,プロセスにフィードバックすることによって新しい表面を作りこむこと。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 作ろうとする材料は金属(表面)であり,きわめてオーソドックスなものを目指す
  • チャンピオン級の特性をもった材料ではなく,長く特性が維持できる材料を開発
  • そのため,材料と環境の相互作用による劣化とその防止方法を繰り返し詳細に検討
  • 「めっきとは平滑で美麗なもの」という常識をうちやぶることにより新たな用途を探索
  • 高温“その場”での劣化診断が可能になり,ピンポイントでの劣化原因究明と対処方法の提案が可能
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 音響振動法を用いた高温材料表面劣化リアルタイム分析装置はおそらく世界唯一
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 鋼材表面特性に及ぼすスケール性状の影響

    佐伯功ほか,(社)日本鉄鋼協会,低炭素鋼に高温で生成したスケールの共振法による機械特性測定,(頁 194),2005年01月

  • 表面処理工学-基礎と応用-

    佐伯功ほか,日刊工業新聞社,化成処理、電着塗装,(頁 280),2000年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • The Effect of Cr on the Lifetime of Al-Rich Amorphous Oxide Layer Formed on Fe–Cr–Al Alloys at 650 °C

    Suzue Yoneda, Shigenari Hayashi, Isao Saeki, Shigeharu Ukai,Oxidation of Metals,87巻,(頁 357 ~ 370),2017年02月

  • Investigation of Initial Transient Oxidation of Fe–xCr– 6at.%Al Alloys Using Synchrotron Radiation During Heating to 1000 °C in Air

    Suzue Yoneda, Shigenari Hayashi, Isao Saeki, Shigeharu Ukai,Oxidation of Metals,86巻,(頁 357 ~ 370),2016年12月

  • Effect of Fe and partial pressure of oxygen on the formation and phase transformation behavior of Al2O3 scale

    S. Hayashi, T. Takada, I. Saeki, A. Yamauchi, Y. Nishiyama, T. Doi, S. Kyo, and M. Sato,Materials and Corrosion,63巻,10号,(頁 862 ~ 868),2012年10月

  • In-situ measurement of breakaway oxidation of type 430 stainless steel using synchrotron radiation X-ray source

    Isao Saeki・Yusuke Sugiyama・Shigenari Hayashi・Akira Yamauchi・Takashi Doi・Yoshitaka Nishiyama・Shoji Kyo・Shigeru Suzuki・Masugu Sato・Shinji Fujimoto,Corrosion Science,55巻,2号,(頁 219 ~ 225),2012年02月

  • Ni-P電気めっき皮膜の硬さに対するサッカリンナトリウム添加の影響

    佐伯功・木村豪・春木佳奈・佐藤忠夫,表面技術,62巻,12号,(頁 717 ~ 719),2011年12月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Spalling of the Oxide Scales Formedon Stainless Steels During Cooling

    Isao Saeki・Tetsuro Ogama・Ryusaburo Furuichi・Shinichi Kikkawa,Proceedings of 12th Asian Pacific Corrosion Control Conference,(頁 810 ~ 819),2001年,Seoul

  • High-Temperature Oxidation of Ti Containing Stainless Steel in O2-N2 Atmosphere

    Hidenori Onishi・Isao Saeki・Ryusaburo Furuichi・Toru Okayama・Kenko Hanamatsu・Tamaki Shibayama・Heishichiro Takahashi・Shinichi Kikkawa,Proceedings of 12th Asian Pacific Corrosion Control Conference,(頁 820 ~ 829),2001年,Seoul

  • Effect of Chromium on the Formation of Chromium Rich Oxide Films on Fe-Cr Alloys at Elevated Temperatures

    Isao Saeki・Hiroaki Takeda・Ryusaburo Furuichi,Proceedings of International Symposium on High-Temperature Corrosion and Protection 2000,(頁 109 ~ 114),2000年,Rusutsu

  • High temperature oxidation of lanthanum coated type430 stainless steel

    Isao Saeki・Akihiro Saito・Ryusaburo Furuichi,Proceedings of 14th international corrosion congress,(頁 CD-ROM No.232 ~ ),1999年,Capetown

  • Effect of Manganese on the Initial Oxidation of Type 430 Stainless Steels at 1273 K

    Isao Saeki・Hidetaka Konno・Ryusaburo Furuichi,Proceedings of Symposium on Electrochemical Method in Corrosion,(頁 535 ~ 542),1995年,Sesimbra

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 時間分解X線回折法によるSUS430鋼のbreakaway現象in situ観測

    佐伯功,杉山雄祐,林重成,山内啓,土井教史,京将司,佐藤眞直,藤本慎司,平成22年度SPring-8重点産業利用課題成果報告書,(頁 125 ~ 128),2010年01月

  • 高温酸化アルミナ皮膜の相変態挙動のその場観察と相変態に及ぼ す各種金属元素の影響

    林重成,佐伯功,西山佳孝,土井教史,京将司,瀬川昌幸,平成22年度SPring-8重点産業利用課題成果報告書,(頁 242 ~ 244),2010年01月

  • 鉄鋼の製造プロセスにおける高温酸化に関する研究-継目無鋼管製造プロセスでの高温酸化スケールの活用に関する検討-

    日高康善, 佐伯功,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,20号,(頁 22 ~ 27),2009年12月

  • 普通鋼・耐熱鋼の高温酸化スケール性状「その場」測定法の開発とスケール性状に対する応力の影響に関する研究

    佐伯功,ふぇらむ,11号,(頁 737),2006年11月

  • 耐食性向上を目的とした金属/溶射皮膜界面のナノ構造解析(1)界面密着性解析方法としての共振法界面評価装置の試作

    佐伯功, 田湯善章, 佐藤忠夫, 桃野正, 川原雄三,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,15号,(頁 46 ~ 53),2004年11月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Co-W合金めっきによるステンレス高温酸化におけるCr拡散抑制:めっき組成および基材の種類の影響

    佐伯 功,日本金属学会2017年春季大会,日本金属学会,日本金属学会2017年春季大会予稿集,2017年03月16日,東京都八王子市,日本

  • Mgが活性溶解するpH域におけるAZ91D合金への電気Niめっき

    佐伯 功,Sun Shijie,表面技術協会第135回講演大会,表面技術協会,表面技術協会第135回講演大会要旨集,2017年03月10日,川越市,日本

  • SUS430 からのCr 蒸発のCo めっきによる防止

    佐伯 功,干 路,日本材料学会 腐食防食部門委員会 第314回例会,日本材料学会,公益社団法人日本材料学会 腐食防食部門委員会 第314回例会要旨集,(頁 1-10),2017年01月23日,大阪市,日本

  • In-Situ Detection of Breakaway of Fe-17% Stainless Steel in Water Vapor Containing Air By Synchrotron Radiation X-Ray Diffraction

    Isao Saeki, Y. Sugiyama, S. Hayashi, A. Yamauchi, Y. Nishiyama, T. Doi, S. Kyo, M. Sato, S. Suzuki, S. Fujimoto,PRiMe2016(日米電気化学会合同発表会),The Electrochemical Society, Electrochemical Society Japan,なし,2016年10月03日,ホノルル市,アメリカ合衆国

  • 鉄およびマグネタイトと平衡したウスタイトの熱膨張係数と酸化物/スケールの密着性

    佐伯 功、林 重成、上田 光敏、米田 鈴枝、山内 啓、京 将司、佐藤 眞直,日本金属学会2016年(第159回)秋期講演大会,日本金属学会,日本金属学会講演概要集,(頁 430),2016年09月21日,豊中市,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2016年06月30日,ナノテクノロジー・材料分野,1080000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1080000(円)

  • 大企業

    2014年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1080000(円)

  • 大企業

    2013年11月01日,製造技術分野,100000(円)

  • 大企業

    2013年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1050000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2009年07月09日,ナノテクノロジー・材料分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 二酸化炭素再資源化のための金属基板固体酸化物電気分解セルの開発

    2016年度,基盤研究(B),16H04644

  • 粉体使用量を最少化した複合めっきプロセス確立のための複合めっきメカニズム解明

    2013年度 ~ 2015年度,基盤研究(C),25420768

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 耐環境劣化特性に優れたマグネシウム合金への粒子複合めっき方法の開発

    2013年04月01日 ~ 2014年03月31日,(財)JKA,平成25年度小型自動車等機械工業振興事業に関する補助金((財)JKA),3000000(円)

  • 軽量高強度マグネシウム合金の耐食コーティング研究

    2012年04月17日 ~ 2013年03月31日,(財)JKA,平成24年度小型自動車等機械工業振興事業に関する補助金((財)JKA),3000000(円)

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 鋼材の高温酸化を抑制する鋼材用酸化防止剤およびそれを使用する鋼材加熱方法

    日本,特願2008-240887,特開2010-70819

  • 摺動部材およびすべり軸受

    日本,特願2013-236649,特開2015-96750

  • 金属材料の酸化抑制方法及びその装置並びにこれを使用する熱間圧延設備

    日本,特願2004-196135,特開2005-342785

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • インター・サイエンスD

    2017年度,学部

  • 耐環境材料学

    2017年度,学部

  • 材料物理化学B

    2017年度,学部

  • 科学英語

    2017年度,学部

  • マテリアルセミナーI

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

講演 【 表示 / 非表示

  • Corrosion in Fuel Plants

    2002年07月,海外技術者研修協会