基本情報

写真a

葛谷 俊博

クズヤ トシヒロ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

システム理化学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 大学院

    博士後期,エネルギー科学研究科,エネルギー応用科学専攻,その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(エネルギー科学)

 

環境エネルギーデバイスに向けたナノ材料

環境調和型ナノ材料合成手法の開発

研究開発の目的

環境問題を含めたエネルギー問題に焦点を当てた合成法の開発

石油は燃焼させるだけでも環境には負荷がかかっている。そのようなエネルギー問題や環境問題の解決方法の一つとして、従来にない性質を持った高純度なナノ材料が求められている。

研究開発の概要

ナノ粒子を化学的手法によって制御しながら合成する

従来の化石燃料発電に替わる太陽電池、熱電変換素子や燃料電池に向けたナノ材料の合成を行っている。従来の方法では、大量の溶媒や高価な原料を用いて合成が行われるが、我々の方法はゲル状の原料中でナノ材料の合成を行い、低コスト・高品位なナノ材料を大量に合成することを可能にした。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 溶媒を使わないで合成可能
  • 原料を焼くだけの合成手法
  • 溶媒が不必要
  • 多元系ナノ粒子が合成可能と単分散ナノ粒子の大量合成
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 溶媒を必要としないので低コスト
  • 金属イオンのドープにより多元系ナノ粒子が合成可能
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工大 未来をひらく技術と研究

    平井伸治、葛谷俊博,北海道新聞社

論文 【 表示 / 非表示

  • Luminescence enhancement mechanisms of AgInS2/ZnS core/shell nanoparticles fabricated by suppressing quaternary alloying

    Y. Hamanaka, K. Watanabe, T. Kuzuya,Journal of Luminescence,217巻,(頁 116794 ~ ),2020年01月

  • Synthesis of Ag/AgCuS/CuInS2 hybrid nanoparticles by reductive cation exchange and their asymmetric heterostructure

    T. Kuzuya, T. Kuwada, H. Inukai, Y. Hamanaka, S. Hirai,Applied Surface Science,493C巻,(頁 1278 ~ 1285),2019年11月

  • Fabrication of 16-Main-Core RE123 Split Wire Using Inner Split Method

    X. Jin, Y. Mawatari, T. Kuzuya, Y. Amakai, T. Tayu, N. Momono, S. Hirai, Y. Yanagisawa, H. Maeda,IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,29巻,5号,(頁 6602205 ~ ),2019年08月

  • Microstructural Analysis of Superconducting Joint Fabricated Using CJMB Between Gd123-Coated Conductors

    X. Jin, Y. Mawatari, T. Kuzuya, Y. Amakai, T. Tayu, N. Momono, S. Hirai, Y. Yanagisawa,IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,29巻,5号,(頁 6602205 ~ ),2019年08月

  • Anisotropic localized surface plasmon resonances in CuS nanoplates prepared by size-selective precipitation

    Y. Hamanaka, K. Yamada, T. Hirose, T. Kuzuya,JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,57巻,5号,(頁 055201),2018年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Solution-phase Synthesis and Photoluminescence Characterization of Quaternary Cu2ZnSnS4 Nanocrystals

    Yasushi Hamanaka, Masakazu Tsuzuki, Kohei Ozawa, and Toshihiro Kuzuya,AIP Conference Proceedings,1566巻,(頁 3 ~ 4),2013年12月

  • Synthesis and Thermoelectric Property of Th3P4-Type SmEuGdS4

    T.Kawasaki, M.Ohta, S.Hirai and T.Kuzuya,Processing Materials for Properties, Ed. By B.Mishra, A.Fuwa and P.Bhandhubanyong, TMS,(頁 247 ~ 251),2008年12月

  • Synthesis and Sintering of Single-phase ReCuS2 (Re: Pr, Nd, Sm and Gd) Powders

    M.Omar, K.Ohki, M.Ohta, T.Kuzuya and S.Hirai,Processing Materials for Properties, Ed. By B.Mishra, A.Fuwa and P.Bhandhubanyong, TMS,(頁 235 ~ 239),2008年12月

  • Rare Earth Chalcogenide Fine Particles Derived from Various Rare Earth-Ligand Complexes

    T.Kuzuya, S.Hirai and M.Ohta,Processing Materials for Properties, Ed. By B.Mishra, A.Fuwa and P.Bhandhubanyong, TMS,(頁 851 ~ 855),2008年12月

  • Influence of Annealing Conditions for Synthesized Powder on Grain Growth in GdPrS3 Sintered Compact

    Hideto Sasaki, Shinji Hirai, Michihiro Ohta*, and Toshihiro Kuzuya,Processing Materials for Properties, Ed. By B.Mishra, A.Fuwa and P.Bhandhubanyong, TMS,(頁 241 ~ 246),2008年12月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 湿式処理によるニッケル水素2次電池のリサイクル

    (9) 葛谷俊博、一伊達稔、福中康博、若松貴英、藤澤敏治,都市情報学研究,2007年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • AgInS2ナノ粒子の高圧下発光特性と構造

    大野圭太、仲条一輝、林純一、葛谷俊博、関根ちひろ、武田圭生、濱中泰、若林大佑、佐藤友子、船守展正,高圧討論会(日本高圧力学会),第60回高圧討論会,2019年10月25日

  • CuInS2 ナノ粒子高密度集積膜の発光ダイナミクス

    奥山 覚史、横井 凜、濱中 泰、葛谷 俊博,日本応用物理学会,2019年秋季学術講演会,2019年09月19日

  • CuInS2ナノ粒子分散ポリマー薄膜の低温分光評価

    横井 凜、奥山 覚史、濱中 泰、葛谷 俊博 ,日本応用物理学会,2019年秋季学術講演会,2019年09月19日

  • CuxSナノ粒子の近赤外局在プラズモン共鳴励起下の光触媒活性Ⅱ

    深田 純、宮川 和樹、犬飼 英嵩、濱中 泰、葛谷 俊博,日本応用物理学会,2019年秋季学術講演会,2019年09月18日

  • 高圧下におけるAgInS2ナノ粒子の小角散乱と光物性

    武田圭生, 仲条一輝, 大野圭太, 林純一, 葛谷俊博, 関根ちひろ, 濱中泰, 若林大佑, 佐藤友子, 船守展正,日本物理学会,2019年秋季大会,2019年09月12日

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2016年06月07日,ナノテクノロジー・材料分野,0(円)

  • 中小

    2016年05月24日,ナノテクノロジー・材料分野,0(円)

  • 公益法人等

    2015年07月10日,ナノテクノロジー・材料分野

  • 独立行政法人

    2013年12月10日,ナノテクノロジー・材料分野

  • 独立行政法人

    2010年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 超高圧技術が開く革新的ナノ粒子合成プロセス

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K06810

  • 金属製錬における選鉱技術を用いた繊維製品廃棄物から動物繊維の回収とその有効利用

    2014年度,挑戦的萌芽研究,25630334

  • シェブレル硫化物およびスタナイト構造硫化物からなる高効率高温熱電材料の創製

    2014年度,基盤研究(B),24360314

  • 高効率光電変換素子実現を目指した多元系硫化物ナノ粒子合成とその接合技術の開発

    2013年度 ~ 2015年度,基盤研究(C),25420785

  • シェブレル硫化物およびスタナイト構造硫化物からなる高効率高温熱電材料の創製

    2013年度,基盤研究(B),24360314

全件表示 >>

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • ケラチン由来のバイオプラスチック成形体の製造方法

    日本,特願2014-034762,特開2015-160850,特許第6252944号

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアルセミナーI

    2019年度,学部

  • 材料工学実験A

    2019年度,学部

  • 化学(Cクラス)

    2019年度,学部

  • 化学(Aクラス)

    2019年度,学部

  • 化学(Bクラス)

    2019年度,学部

全件表示 >>