基本情報

写真a

大平 勇一

オオヒラ ユウイチ


所属センター等1

環境科学・防災研究センター

担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.muroran-it.ac.jp

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 反応工学・プロセスシステム

  • 化工物性・移動操作・単位操作

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 吸収

  • リサイクル,ゼロエミッション

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学・大学院

    1993年03月,修士,工学研究科,化学工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学

    1991年03月,工学部,化学工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    スピルリナの培養を目的とした微小重力下における気液界面の形状制御に関する工学的研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 統合医療機能性食品国際学会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 第1回ものづくり日本大賞 経済産業大臣優秀賞

    2005年08月23日,経済産業省・文部科学省・厚生労働省・国土交通省

 

化学プラントの設計技術

スペースの有効活用・高機能化の化学プラント設計

研究開発の目的

製品としての化学プラントや装置の設計

化学プラントや装置などは,特殊なものを作るので特別な設計や技術が必要になる。さらに化学プラントは実験室レベルのサイズや量ではなく,製品として作り出す大きな収量が必要になってくるということも含めて設計していく必要がある。

研究開発の概要

化学工学の理論を基にした技術的な設備設計

培ってきた蓄積技術と化学工学の理論を基に化学プラントの設計をしていく。材料などの諸条件によりプラントの設計が変わってくるので,熱・圧力・物質などの様々な条件や生成する物質などにより技術的な設備設計をしていく。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 要望を受け入れながら必要な基礎技術を使って,どのようにしたら資源やスペースを有効利用できるか,収量を増やすことができるかということも含めた化学プラントの設計
  • 資源やエネルギー,設置スペースを有効利用するための設計
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 化学プラントにおいてスペースの有効活用と高機能化
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association of Passive and Active Smoking with Elevated Blood Lead Levels among Children and Adults Resided in a City of Japan

    Sato, T., A. Oura, H. Yoshida, Y. Ohira, Y. Itoh, S. Shimizu and M. Mori,Journal of Environmental Pollution and Climate Change,1巻,3号,2017年10月

  • Association of beer consumption with arsenic concentration in urine: a results from a cross-sectional study of the general Japanese population

    Mori, M., T. Sato, H. Yoshida, Y. Ohira, Y. Itoh and S. Shimizu,Environmental Health and Preventive Medicine,21巻,(頁 327 ~ 333),2016年09月

  • Measurement and Estimation of Particle Size Distributions by the Buoyancy Weighing-Bar Method and the Rosin-Rammler Distribution at Construction Sites

    Tambun, R.・K. Furukawa・M. Hirayama・M. Shimadzu・S. Yamanaka and and Y. Ohira,Journal of Chemical Engineering of Japan,49巻,2号,(頁 229 ~ 233),2016年02月

  • 南極由来の真菌Penicillium sp. CHY-2 株による4-ブチルフェノールの低温分解及びTween 80の効果に関する研究

    藤澤宗一郎・小林ひかり・吉田愛里・大平勇一・張傛喆・菊池慎太郎,土木学会論文集G(環境),71巻,(頁 405 ~ 411),2015年11月

  • Phase Transformation of Mesoporous Calcium Carbonate by Mechanical Stirring

    Yamanaka S.・Y. Sugawara・T. Oiso・T. Fujimoto・Y. Ohira・Y. Kuga,Cryst EngComm,17巻,(頁 1773 ~ 1777),2015年02月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Application od Correction Line in Floated Particle Size Distribution Measurement Using the Buoyancy Weighing-Pan Method

    Khairunnisa M. P., Y. Ohira, M. Shimadzu and E. Obata,Malasia-Japan Academic Scholor Seminar 2013,2013年11月,Tokyo

  • Effecct of Pan Position and Suspension Concentration on Floating Particle Size Distribution by the Floated Balance Method

    Khairunnisa M. P., Y. Ohira and E. Obata,Malasia-Japan Academic Scholor Seminar,(頁 25),2012年11月,Tokyo

  • Measurement of Mean Particle Size of the All Particles within Five Minutes by Buoyancy Weighing-Bar Method

    Khairunnisa M. P., R. Tambun, Y. Ohira and E. Obata,Hydraulic Measurementsand Experimental Methods 2012,2012年08月,Utah

  • Graphical and Numerical Determinations of Mean Particle Diameter by Buoyancy Weighing Bar Method

    Tambun, R., Y. Ohira and E. Obata,The 8th European Congress of Chemical Engineering,2011年09月,Berlin

  • Graphical Analogy of Particle Size Distribution among Andreasen Pipette. Settling Balance. Fluidization-Curve and Buoyancy Weighing-Bar Method

    Rondang T.・Y. Ohira and E. Obata,13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress,2010年10月,Taipei

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 宇宙ステーション用バイオリアクター

    大平勇一,生物工学会誌,77巻,(頁 521 ~ ),1999年

  • 濾過型液ジェットバイオリアクターによる有機物と窒素の除去

    山際和明・大平勇一・大川輝,ケミカルエンジニヤリング,36巻,(頁 77 ~ 82),1991年

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 温泉熱を利用したバイナリー発電の可能性

    大平勇一・島崎剛・安澤典男・石井章生,「胆振地域における再生可能エネルギー利用の可能性に関する調査研究」小委員会報告書,(頁 52 ~ 61),2016年03月

  • 地下かんがいシステム用筒型流量計の開発

    鈴木勲・古川克彦・大平勇一・小幡英二・吉田豊,開発技報,52巻,(頁 1 ~ 8),2013年10月

  • 地下かんがいシステム用オリフィス流量計の開発

    鈴木勲・大平勇一・小幡英二・古川克彦・吉田豊,開発技報,51巻,(頁 16 ~ 23),2010年

  • 浮力秤量法:新規な沈降法を用いた粒径分布測定

    大平勇一・古川克彦・ロンダンタムブン・島津昌光・小幡英二,堆積学研究,69巻,1号,(頁 17 ~ 26),2010年

  • 屋内バイクトレーニング時のトライアスリートの発汗量と体表面温度の測定

    森谷直樹・大平勇一,室蘭工業大学紀要,58巻,(頁 125- ~ ),2009年

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 浮力秤量法による速度平均径におよぼす粒径分布の影響

    澤田紋佳, 島津昌光, 大平勇一, 平野博人,化学工学会秋季大会,化学工学会,化学工学会秋季大会講演要旨集,2017年09月20日,名古屋市,日本

  • 新規水素化脱硫触媒の低温合成とこれからの展開

    澤田紋佳, 大平勇一,化学工学会秋季大会,化学工学会,化学工学会秋季大会講演要旨集,2017年09月20日,名古屋市,日本

  • ホッキ貝用泡沫分離装置の交換流量

    竹原禎稀, 鈴木高士, 三小田和宏, 三小田吉邦, 島崎剛, 島津昌光, 澤田紋佳, 大平勇一,化学工学会東京大会,化学工学会関東支部・東北支部・北海道支部,化学工学会東京大会講演要旨集,2017年08月09日,東京都,日本

  • ゼオライト担持リン化ロジウム触媒による水素化脱硫反応とその特性

    澤田紋佳, 大平勇一,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会予稿集,2017年01月28日,札幌,日本

  • 乾燥球形粒子の粒径測定に及ぼす減圧処理の効果

    志賀武尊, 島崎剛, 島津昌光, 澤田紋佳, 山中真也, 大平勇一, 平野博人,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会予稿集,2017年01月28日,札幌,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年08月31日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

  • 中小企業

    2015年06月04日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

  • 中小企業

    2014年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

  • 中小企業

    2013年06月17日,製造技術分野,420000(円)

  • 中小企業

    2013年04月03日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2009年07月09日,ライフサイエンス分野,2000000(円)

  • 中小企業

    2009年01月16日,ライフサイエンス分野,858000(円)

作品 【 表示 / 非表示

  • 300kg/h濃縮装置

    2005年,小幡英二・大平勇一,アミノアップ化学

  • 10kg/h濃縮装置

    2004年,小幡英二・大平勇一,アミノアップ化学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 設計論

    2017年度,学部

  • 反応工学

    2017年度,学部

  • 安全管理工学

    2017年度,学部

  • 化学システム工学

    2017年度,学部

  • 環境工学特論

    2017年度,博士前期課程

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 化学工学実験A実験指導書

    2009年,島津昌光・太田光浩・大平勇一

  • 化学システム工学演習課題

    2009年,大平勇一

  • 分離工学特論用資料

    2009年,大平勇一

  • 基礎化学資料

    2009年,大平勇一

  • 化学システム工学演習課題

    2008年,大平勇一

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 公開実験

    2004年08月07日,室蘭工業大学,H401,室蘭工業大学オープンキャンパス,未設定

  • ICP分析

    1995年,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学公開講座,未設定

講演 【 表示 / 非表示

  • 浮力秤量法による粒径分布測定.粒径を浮力ではかる.

    2011年04月22日,日本技術士会北海道支部道央技術士会

  • 食品高機能化プラントの設計開発

    2008年01月,北海道バイオ産業クラスター・フォーラム

  • 農業土壌の分析と土壌健康診断

    2007年03月,協同組合北海道資産評価センター・北海道環境保全技術協会

  • 牛糞の堆肥化と有効利用に関する取り組み

    2007年02月28日,CRDセンター

  • 環境・バイオに対する装置工学的取り組み

    2006年11月07日,室蘭地域環境産業振興コア

全件表示 >>

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 食品高機能化プラントの設計開発

    2008年,NOASTEC財団,札幌,北海道バイオ産業クラスター・フォーラム シーズ公開会,未設定

  • 牛糞の堆肥化と有効利用に関する取り組み

    2007年,室蘭工業大学地域共同研究開発センター,伊達,CRDセミナー,未設定

  • 農業土壌の分析と土壌健康診断

    2007年,協同組合北海道資産評価センター・北海道環境保全技術協会,札幌,北海道農業の土壌環境と農業経済の現状,未設定

  • 環境,バイオに対する装置工学的取組み

    2006年,室蘭地域環境産業推進コア,室蘭工業大学,室蘭工業大学の研究シーズ紹介・情報交流会,未設定