基本情報

写真a

下村 拓也

シモムラ タクヤ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 溶液化学

  • 化工物性

  • 物理化学

  • 分析化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • イオン液体

  • 混合溶液

  • NMR

  • 小角中性子散乱

  • 相分離

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学大学院

    2011年03月,その他,工学系研究科,エネルギー物質科学専攻 博士後期課程,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学

    2006年03月,理工学部,機能物質化学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

    Studies on Mixing States of Ionic Liquids − Molecular Liquids at the Molecular Level

職歴 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学大学院工学系研究科 博士研究員

    2011年04月01日 ~ 2012年03月31日

  • 日本大学工学部 博士研究員

    2012年04月01日 ~ 2014年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

  • 日本化学会

  • 日本中性子科学会

  • 化学工学会

  • イオン液体研究会

全件表示 >>

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化

    児玉 大輔、下村 拓也、牧野 貴至、金久保 光央,分離技術会,イオン液体を利用した二酸化炭素物理吸収プロセスの構築,2014年10月,978-4-9908079-1-7

論文 【 表示 / 非表示

  • Phase Behavior of Imidazolium-Based Ionic Liquid + Phosphonium-Based Ionic Liquid Mixtures with a Common Anion: Effects of the Alkyl-Chain Length of Cation

    T. Shimomura, M. Sugiyama,J. Chem. Eng. Data,63巻,2号,(頁 402 ~ 408),2018年02月

  • Flow Analysis for a Flow Channel Instrument to Evaluate Viscosities of Non-Newtonian Viscoelastic Liquid Foods

    M. Yoshida, H. Igarashi, K. Iwasaki, S. Fuse, Y. Tsuruta, T. Shimomura,Int. J. Food Eng.,13巻,9号,2017年09月

  • Solvation Structure of Imidazolium Cation in Mixtures of [C4mim][TFSA] Ionic Liquid and Diglyme by NMR Measurements and MD Simulations

    T. Shimomura, D. Kodama, M. Kanakubo, S. Tsuzuki,J. Phys. Chem. B,121巻,13号,(頁 2873 ~ 2881),2017年04月

  • Microscopic interactions of the imidazolium-based ionic liquid with molecular liquids depending on their electron-donicity

    T. Takamuku, H. Hoke, A. Idrissi, B. A. Marekha, M. Moreau, Y. Honda, T. Umecky, T. Shimomura,Phys. Chem. Chem. Phys.,16巻,43号,(頁 23627 ~ 23638),2014年11月

  • Heat-Induced Phase Separation of Alkali Chloride-HFIP-Water Mixtures

    T. Takamuku, T. Shimomura, H. Kouda,J. Mol. Liq.,189巻,(頁 113 ~ 121),2014年01月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • イオン液体の溶媒としての利点と物性に及ぼす不純物の影響

    下村 拓也、児玉 大輔、牧野 貴至、金久保 光央,分離技術誌,43巻,4号,(頁 210 ~ 213),2013年08月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Effects of the alkyl chain lengths of alcohol on phase behavior of imidazolium-based ionic liquid + alcohol solutions

    M. Usui, T. Shimomura,Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan,Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan, Book of Abstracts,(頁 112),2018年11月04日,愛知県名古屋市,日本

  • Physicochemical properties and self-diffusion coefficients of imidazolium-based ionic liquid+2-propanol mixtures

    T. Shimomura, Y. Kohno, M. Kanakubo,Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan,Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan, Book of Abstracts,(頁 113),2018年11月04日,愛知県名古屋市,日本

  • 臨界点近傍におけるイミダゾリウム系イオン液体+2-propanol溶液の物理化学的性質と自己拡散係数

    下村拓也、河野雄樹、金久保光央,化学工学会第50回秋季大会,化学工学会,化学工学会第50回秋季大会講演要旨集,2018年09月18日,鹿児島県鹿児島市,日本

  • Effects of the alkyl-chain length of cation on phase behavior of ionic liquid + ionic liquid mixtures with a common anion

    T. Shimomura, M. Sugiyama, M. Kurebayashi,35th International Conference on Solution Chemistry,Hungarian Chemical Society,35th International Conference on Solution Chemistry Book of Abstract,(頁 104),2018年08月26日,Szeged,Hungary

  • イミダゾリウム系イオン液体+アルコール溶液の相分離挙動に及ぼすアルコールアルキル鎖長の効果

    碓井 真大、下村 拓也,第8回イオン液体討論会,イオン液体研究会,第8回イオン液体討論会講演要旨集,2017年11月23日,東京都小金井市,日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 分析化学実験(バイオシステムコース)

    2018年度,学部

  • 化学実験

    2018年度,学部

  • 化学工学実験A

    2018年度,学部

  • 化学工学実験A

    2018年度,学部

  • 分析化学実験(応用化学コース)

    2018年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 刺激によって固化する液体を作ってみよう!

    2014年08月02日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成26年度オープンキャンパス,企画

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会 基礎物性部会

    2018年05月 ~ 2020年05月,その他,支部役員

  • 化学工学会 基礎物性部会

    2016年05月 ~ 2018年03月,その他,支部役員