基本情報

写真a

下村 拓也

シモムラ タクヤ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 溶液化学

  • 物理化学

  • 分析化学

  • 化工物性・移動操作・単位操作

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • イオン液体

  • 混合溶液

  • NMR

  • 小角中性子散乱

  • 相分離

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学大学院

    2011年03月,その他,工学系研究科,エネルギー物質科学専攻 博士後期課程,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学

    2006年03月,理工学部,機能物質化学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

    Studies on Mixing States of Ionic Liquids − Molecular Liquids at the Molecular Level

職歴 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学大学院工学系研究科 博士研究員

    2011年04月01日 ~ 2012年03月31日

  • 日本大学工学部 博士研究員

    2012年04月01日 ~ 2014年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

  • 日本化学会

  • 日本中性子科学会

  • 化学工学会

  • イオン液体研究会

全件表示 >>

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化

    児玉 大輔、下村 拓也、牧野 貴至、金久保 光央,分離技術会,イオン液体を利用した二酸化炭素物理吸収プロセスの構築,2014年10月,978-4-9908079-1-7

論文 【 表示 / 非表示

  • Solvation Structure of Imidazolium Cation in Mixtures of [C4mim][TFSA] Ionic Liquid and Diglyme by NMR Measurements and MD Simulations

    T. Shimomura, D. Kodama, M. Kanakubo, S. Tsuzuki,J. Phys. Chem. B,121巻,13号,(頁 2873 ~ 2881),2017年04月

  • Microscopic interactions of the imidazolium-based ionic liquid with molecular liquids depending on their electron-donicity

    T. Takamuku, H. Hoke, A. Idrissi, B. A. Marekha, M. Moreau, Y. Honda, T. Umecky, T. Shimomura,Phys. Chem. Chem. Phys.,16巻,43号,(頁 23627 ~ 23638),2014年11月

  • Heat-Induced Phase Separation of Alkali Chloride-HFIP-Water Mixtures

    T. Takamuku, T. Shimomura, H. Kouda,J. Mol. Liq.,189巻,(頁 113 ~ 121),2014年01月

  • SANS, ATR-IR, and 1D- and 2D-NMR studies on mixing states of imidazolium-based ionic liquid and aryl solvents

    T. Shimomura, S. Inoue, S. Kadohata, T. Umecky, T. Takamuku,Phys. Chem. Chem. Phys.,15巻,47号,(頁 20565 ~ 20576),2013年12月

  • SANS, Infrared, and 7Li and 23Na NMR Studies on Phase Separation of Alkali Halide−Acetonitrile−Water Mixtures by Cooling

    H. Haramaki, T. Shimomura, T. Umecky, T. Takamuku,J. Phys. Chem. B,117巻,8号,(頁 2438 ~ 2448),2013年02月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • イオン液体の溶媒としての利点と物性に及ぼす不純物の影響

    下村 拓也、児玉 大輔、牧野 貴至、金久保 光央,分離技術誌,43巻,4号,(頁 210 ~ 213),2013年08月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • イミダゾリウム系イオン液体+ホスホニウム系イオン液体混合物の相分離挙動に及ぼすアルキル鎖長の影響

    杉山允一、下村拓也,日本化学会北海道支部2017年夏季研究発表会,日本化学会北海道支部,日本化学会北海道支部2017年夏季研究発表会講演要旨集,(頁 23),2017年07月22日,北海道旭川市,日本

  • イオン液体を利用した二酸化炭素物理吸収プロセスの構築

    下村 拓也,分離技術会年会2017,分離技術会,分離技術会年会2017,2017年05月26日,神奈川県川崎市,日本

  • イミダゾリウム系イオン液体+アルコール溶液の混合状態

    今貴紀、下村拓也,第39回溶液化学シンポジウム,溶液化学研究会,第39回溶液化学シンポジウム講演要旨集,(頁 97),2016年11月09日,茨城県つくば市,日本

  • イミダゾリウム系イオン液体+ホスホニウム系イオン液体混合物の相分離挙動に及ぼすアルキル鎖長効果

    杉山允一、下村拓也,第39回溶液化学シンポジウム,溶液化学研究会,第39回溶液化学シンポジウム講演要旨集,(頁 96),2016年11月09日,茨城県つくば市,日本

  • イミダゾリウム系イオン液体+ホスホニウム系イオン液体混合物の相分離挙動

    杉山允一、下村拓也,第7回イオン液体討論会,イオン液体研究会,第7回イオン液体討論会講演要旨集,2016年10月24日,石川県金沢市,日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学工学実験A

    2017年度,学部

  • 化学実験

    2017年度,学部

  • 化学工学実験A

    2017年度,学部

  • 分析化学実験(バイオシステムコース)

    2016年度,学部

  • 分析化学実験(応用化学コース)

    2016年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 刺激によって固化する液体を作ってみよう!

    2014年08月02日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成26年度オープンキャンパス,企画

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会 基礎物性部会

    2016年05月 ~ 2018年03月,その他,支部役員