Personnel Information

写真a

ARIMURA MIKIHARU


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Civil engineering project/Traffic engineering

Research themes 【 display / non-display

  • Sustainable city and transportation system

    都市交通,地球環境問題,小人口化

  • Acquirement of knowledge from a large-scale transportaion data set using the structure data mining

    データマイニング,交通データ

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    2000,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,Division of Civil Enginnering and Architecture,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1995,Faculty of Engineering,Department of Civil Enginnering and Architecture,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

Career 【 display / non-display

  • 室蘭工業大学 大学院工学研究科 くらし環境系領域 助教

    2011.10.01 ~ 2013.04.30

Academic Society 【 display / non-display

  • 土木学会

  • Eastern Asian Society of Transportation Studies

  • 日本都市計画学会

  • 交通工学研究会

  • Society of World Conference on Transport Research

display all >>

Academic prize 【 display / non-display

  • 平成17年度 土木学会賞 環境賞(Iグループ)

    2005,土木学会

  • 平成17年度 第27回国際交通安全学会賞(業績部門)

    2005,国際交通安全学会

  • 2012年度 土木学会デザイン賞 奨励賞

    2013.02.01,土木学会

  • 平成29年度 北海道科学技術奨励賞

    2018.02.20,北海道

 

Sustainable urban and transport systems

ビッグデータを用いたエビデンス・ベースド・アプローチによる計画立案支援

Purpose of Research

ビッグデータを用いたエビデンス・ベースド・アプローチによる計画立案支援

各種計画の立案支援を目的に統計・各種センサー群より得られる大量なデータに対し、各種データマイニング技術を応用することで、特定の行動パターンや移動パターンの発現を発見・予測する。

Summary of Research

渋滞や移動状況を表す時系列データ、また移動体の連続位置情報は、走行環境や利用者属性といった離散的属性を持つ他のデータソースと組み合わすことができる。 このような大規模データは、データ間の関係になんらかの内的、もしくは外的な構造を持つことが想定できる。 本研究では、大規模なデータ集合に、データ間の構造を明示的に取り込めるデータマイニング技術を応用することで特定のパターンを自動的に抽出し、より詳細な都市・地域・交通計画の立案を支援する。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • データマイニング技術
  • 交通ビッグデータ
  • 都市交通デザイン
  • SDGsと合致した都市・交通計画の立案を支援
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 既存統計と比較してより柔軟な都市施設・交通モニタリングが実施可能 
  •     
  • 特に無し
 

Books 【 display / non-display

  • 改訂交差点改良のキーポイント

    有村幹治,他分担,丸善(株),2011

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.6

    M.Arimura, T.Tamura and K.KIKUCHI,Marginal Areas Research Group,Consideration of Entrepreneurial Commnity Formation using Social Capital,2011

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4

    M.Fujii, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura,Marginal Areas Research Group,A STUDY  ON THE POSSIBILITY OF ACHIEVING THE SUSTAINNABLE DEVELOPMENT OF RURAL AREAS UTILIZING SOCIAL CAPITAL,2009

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4

    R.Kawashima, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura,Marginal Areas Research Group,BUILDING AN ARTIFICIAL SOCIETY MODEL FOR INTERACTION BETWEEN NETWORKS AND NORMS,2009

  • Social Capital and Development Trends in Rural AreasVol.3

    T.Tamura, M.Fujii, H. Hasegawa ,M.Arimura,Marginal Areas Research Group,A Study of the Possibility of Sustainable Development of Regions that Coexist with Nature -From the Perspectives of the Role of Infrastructure and Development of Social Capital-,2007

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • DISASTER BEHAVIOUR AND PREPAREDNESS OF MURORAN CITIZENS AFTER THE HOKKAIDO IBURI EASTERN EARTHQUAKE

    木村 直人・宇那木 啓二・有村 幹治・浅田 拓海,土木学会論文集D3(土木計画学),vol.Vol.75,( No.6 ),(p. I_145 ~ I_152),2020.04

  • Wi-Fiパケットセンシングによる道央広域エリアの時空間周遊パターン分析

    遠藤 幹大, 高橋 央亘, 浅田 拓海, 有村 幹治,土木学会論文集D3 (土木計画学),vol.75,(5),(p.I_475 ~ I_483),2019.12

  • 車載カメラ動画を用いた自転車走行時の振動不快度評価手法の開発

    居駒 薫樹, 浅田 拓海, 有村 幹治, 亀山 修一,土木学会論文集D3(土木計画学),vol.75 巻,(5 号),(p. I_745 ~ I_754),2019.12

  • An Association Rule Mining-Based Exploration of Travel Patterns in Wide Tourism Areas using A Wi-Fi Package Sensing Survey

    Tosporn ARREERAS, Mikihiro ENDO, Hironobu TAKAHASHI, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.13,(p.1099 ~ 1113),2019.12

  • The Application of Gradient Boost Machine and Local Interpretable Modelagnostic Explanations in Examining the Travel Multi-mode Choice, the Case Study of Jakarta City, Indonesia

    Tran Vinh HA, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.13,(p.503 ~ 522),2019.12

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Factors affecting mode choice in accessing railway station study in Nakhon Ratchasima

    Tosporn Arreeras, Chongutsah Nuch Suppharutchya, Takumi Asada, Mkiharu Arimura,In proceeding of World Conference onTransport Research,(p.26 ~ 31),2019.12

  • A Measurement System of Vibration Discomfort in Cycling by using Simple Prove Bicycle with Action Camera

    Takumi ASADA, Shigeki IKOMA, Mikiharu ARIMURA, Shuichi KAMEYAMA,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.Vol.12,Article Number:72,2019.12,Colombo

  • Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data

    Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada and Mikiharu Arimura,2018.05,Fukuoka

  • The Effective Route Selection for East-west Economic Corridor in the Greater Mekong Subregion; Machine Vision Approach

    Woramol Chaowarat WATANABE, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA, 2017 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM),Article Number:514,2017.11,Singapore

  • Estimation of the Factor of Population Inflow in Inner City by using the mobile Spatial Statistics - The Case of Obihiro City, Japan -

    Mikiharu ARIMURA, Takumi ASADA, Takumi OGOSHI,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.11,Article Number:93,2017.09,Ho Chi Minh City

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • マイクロデータを用いた施設用途別滞在人口の推定:帯広都市圏の事例

    有村幹治,交通工学,vol.Vol.52,(No.3),(p.15 ~ 18),2017.07

  • モバイル空間統計を用いた都市の賑わいと建物構成に関する分析

    有村幹治,土木学会誌,vol.Vol. 102,(No5),(p.16 ~ 17),2017.05

  • 空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究

    有村幹治,開発こうほう,(No.623),(p.26 ~ 31),2015.06

  • 第11 回ITS 世界会議愛知・名古屋2004 に参加して

    有村幹治,北海道開発土木研究所月報,vol.No.620,2005

  • 交通分野における電子タグ利用に関する諸話題

    有村幹治,北海道開発土木研究所月報,vol.No.614,2004

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 台風10号被害が道路交通ネットワーク流に与えた影響に関する調査

    有村 幹治, 浅田 拓海,室蘭工業大学紀要,vol.67,(p.21 ~ 28),2018.03

  • 空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究

    有村 幹治 ・松田 真宜・浅田 拓海・長谷川裕修,北海道開発協会開発調査総合研究所 平成26年度助成研究論文集,(p.15 ~ 59),2014

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 札幌市を対象とした人口流動統計とパーソントリップ調査の精度比較

    後藤 海周 奥村 航太 有村 幹治,2019年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,令和元年度論文報告集 第76号 部 門 D,2020.01.24,札幌市

  • ランダムフォレスト法を用いた室蘭都市圏における自動車・公共交通利用要因の比較分析

    奥宮 祥太 奥村 航太 有村 幹治,2019年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,令和元年度論文報告集 第76号 部 門 D,2020.01.24,札幌市

  • 将来人口構成変化に伴う都市公園整備の方向性に関する研究

    曹 錦華 梅澤 大地 浅田 拓海 有村 幹治,2019年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,令和元年度論文報告集 第76号 部 門 D,2020.01.24,札幌市

  • 少子高齢社会における都市公園整備のCS分析

    梅澤 大地 曹 錦華 有村 幹治,2019年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,令和元年度論文報告集 第76号 部 門 D,2020.01.24,札幌市

  • 新聞データベースを用いた北海道胆振東部地震に関する定性分析

    門眞 海 木村 直人 有村 幹治,2019年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,令和元年度論文報告集 第76号 部 門 D,2020.01.24,札幌市

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Cluster System for the Creative Community

    2018.12,有村幹治、藤井賢彦、松田泰明、池ノ上真一、岩田圭佑、林匡宏,東京大学 武田先端知ビル 武田ホール

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 都市・地域計画

    2019,Department

  • 地域再生システム論

    2019,Department

  • 測量学実習

    2019,Department

  • 交通システム計画

    2019,Department

  • 建設マネジメント

    2019,Department

display all >>