基本情報

写真a

松山  永

マツヤマ ヒサシ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

  • 物理化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • Atomic structure

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 原子の電子対密度の計算

    電子対密度,原子,1997年04月 ~ 2014年03月

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 燃料電池

    1992年04月 ~ 1997年03月

  • 原子の電子対密度

    1997年04月 ~ 2014年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学・大学院

    1992年03月,博士前期,工学研究科,応用化学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1990年03月,工学部,工業化学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

    Theoretical Studies on Electron-Pair Densities in Position and Momentum Spaces

職歴 【 表示 / 非表示

  • 助手

    1992年04月01日 ~ 2007年03月31日

  • 助教

    2007年04月01日 ~ 2016年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 分子科学会

  • イオン液体研究会

  • 日本コンピュータ化学会

  • 日本化学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Asymptotic behaviour of the electron-pair radial coalescence density of atoms

    T. Koga, Hisashi Matsuyama, and S. Uruno,Journal of Physics B,45巻,2号,(頁 025002 ~ ),2012年01月

  • On the electron-pair radial coalescence density of atoms

    T. Koga and Hisashi Matsuyama,Journal of Physics B,44巻,19号,(頁 195003 ~ ),2011年10月

  • Interelectronic angles: Rounding out a geometric picture of the helium atom

    T. Koga, Hisashi Matsuyama, A. J. Thakkar,Chemical Physics Letters,512巻,4-6号,(頁 287 ~ 289),2011年08月

  • Note on the electron-electron counterbalance hole

    T. Koga and Hisashi Matsuyama,Theoretical Chemistry Accounts,126巻,5-6号,(頁 383 ~ 385),2010年08月

  • Inner and outer radial density functions in singly-excited 1snl states of the He atom

    Hisashi Matsuyama and T. Koga,Journal of Computational and Applied Mathematics,233巻,6号,(頁 1584 ~ 1589),2010年01月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 非水溶媒系における分数形Stokes-Einstein式を用いた極限モル伝導率の見積もり

    秋田由也、松山永,化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会,腐食防食学会、表面技術協会、石油学会、日本化学会、日本分析化学会、電気化学会、触媒学会,化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会,(頁 1C08),2017年01月17日,札幌,日本

  • 分数形Stokes-Einstein式による極限モル伝導率の見積りについて

    松山永,日本化学会,日本化学会北海道支部,北海道支部2016年夏季研究発表会(室蘭大会)講演要旨集,(頁 17-17),2016年07月23日,北海道室蘭市,日本

  • Hartree-Fock近似における電子対の等動径密度関数の漸近挙動

    宇留野翔,日本化学会北海道支部2012年夏季研究発表会,日本化学会北海道支部,北海道支部2012年夏季研究発表会,(頁 51),2012年08月,北海道・旭川

  • Inner and outer radial density functions in singly-excited 1snl states of the He atom

    松山永,Special functions, information theory and mathematical physics,Universidad de Granada,Special functions, information theory and mathematical physics,2007年09月17日,Granada,Spain

  • ThからLrのアクチノイド元素に対する相対論効果を考慮した電子相関用基底関数

    関谷雅弘,2006年分子構造総合討論会,日本化学会・日本化学会東海支部・応用物理学会,分子構造総合討論会CD-ROM,(頁 2.00E+03),2006年09月,静岡・静岡県静岡市

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 原子の電子対相対運動密度の理論計算

    2003年度 ~ 2005年度,若手B,15750001

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理化学実験(バイオシステムコース)

    2017年度,学部

  • 化学実験

    2017年度,学部

  • 化学実験

    2017年度,学部

  • 物理化学実験(応用化学コース)

    2017年度,学部

  • 物理化学実験(応用化学コース)

    2016年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 物理化学実験の手引書

    2009年10月,松山永, (頁 42)

  • 物理化学実験の手引書

    2008年09月,松山永, (頁 32)

  • 物理化学実験の手引書

    2007年10月,松山永, (頁 30)

  • 化学情報演習の手引書

    2007年04月,松山永

  • 物理化学実験の手引書

    2006年09月,松山永, (頁 30)

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 溶液反応における触媒の選択

    2011年05月10日,JST,室蘭工業大学,室蘭栄高等学校スーパーサイエンスハイスクール,講演

  • 分子科学特論

    2007年08月08日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許法認定公開講座,講演