Personnel Information

写真a

Asada Takumi


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

Job title

Assistant Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Civil engineering project/Traffic engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • 空間系ビッグデータ

  • 道路維持管理・診断

  • 空間解析

Research themes 【 display / non-display

  • 空間系ビッグデータを用いた都市・交通の把握および将来予測

    GIS,パターン認識,API活用

  • 道路空間の快適性・安全性の評価

    道路景観,生体ストレス,舗装診断

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido Institute of Technology

    2006.03,Faculty of Engineering,社会基盤工学科,Graduate,日本

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学)

    シークエンス画像を用いた道路の内部景観の評価に関する研究

Career 【 display / non-display

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 教育技術員

    2011.04.01 ~ 2012.03.31

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 助教

    2012.04.01 ~ 2014.03.31

Academic Society 【 display / non-display

  • 土木学会

  • 都市計画学会

  • 造園学会

  • 交通工学研究会

 

走行式マシンビジョン型道路路面診断システムの開発

Purpose of Research

市町村のための低コスト・簡易なシステムの導入

インフラ維持管理予算・人員が逼迫する地方部の道路点検・診断のために,地域の実情に応じた診断・解析システムを開発する.

Summary of Research

市販のアクションカメラ,GPSロガーを一般車両に取り付け,通常走行で道路路面を連続撮影する.その映像に多様な画像解析を適用することで,定量的かつシークエンスな路面評価を可能とする.市販の製品を導入することで,可能な限りイニシャルコスト,ランニングコストを抑えることができる.また,測定,解析の仕様により,測定,解析に要する人員・時間を低減しつつ,測定時の安全性の確保(降車せず通常運転のみ)も実現できる. 現在では, ①道路区画線の診断システム, ②道路舗装のひび割れ評価手法, ③道路景観の定量評価手法 が開発済みである. 今後は,わだち掘れ計測や夜間の視認性評価,さらには,沿道住宅の空き家判定・景観阻害等の評価手法などについて開発予定である.

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 低コスト・簡易
  • 画像解析(機械学習含む)
  • 市町村道の維持管理
  • 測定・解析システムの一括開発
  • 車載カメラによる高速・簡易な路面評価
  • 道路の連続性を考慮した安全・シームレスな測定
  • 市町村向けの低コスト・高精度システム
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 低コスト化
  • 作業時間・要員の低減
  • 測定時の安全性向上
  • ユーザーフレンドリーな測定・解析システム
  • NETIS:走行式道路区画線診断システム(HK-160014-A)
 

Papers 【 display / non-display

  • Facility Location Optimization Model for Emergency Humanitarian Logistics

    Chawis Boonmee・Mikiharu Arimura・Takumi Asada,International Journal of Disaster Risk Reduction,2017.02

  • 避難訓練プローブデータを用いた津波避難計画立案支援ツールの構築

    生富直孝・浅田拓海・Chawis BOONMEE・有村幹治,土木学会誌論文集D3,vol.72,(5),(p.I_331 ~ I_339),2016.12

  • 都市計画基礎調査データの建物属性情報を用いた住宅寿命の要因分析

    浅田拓海・田中優太・Woramol CHAOWARAT・有村幹治,土木学会誌論文集D3,vol.72,(5),(p.I_269 ~ I_275),2016.12

  • マイクロジオデータの統合化による建物用途別メッシュ入込人口の推計

    有村幹治・鎌田周・浅田拓海,土木学会誌論文集D3,vol.72,(5),(p.I_515 ~ I_522),2016.12

  • Googleストリートビューのパノラマ画像を用いた広域・網羅的な地域景観分析

    浅田拓海・亀山修一,土木学会誌論文集D3,vol.72,(5),(p.I_383 ~ I_392),2016.12

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Development of a Diagnostic Method for Road Markings Using Sequential Images Taken from a TravelingVehicle

    Takumi ASADA, Masayoshi TANISHITA, Shuichi KAMEYAMA,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.Vol.9,(p.299 ~ ),2013.08,Taipei

  • Development of Evaluation Method of Stripping Ratio of Road Markings Using Image Analysis

    Takumi ASADA, Shuichi KAMEYAMA, Shinji ISHIDA, Shinichiro KAWABATA, Atsushi KASAHARA,Proceedings for the 11th International Conference on Asphalt Pavements,vol.Vol.III,(p.11 ~ 20),2010.08,Nagoya

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • Twitterデータによる北海道新幹線開業前後の地域拠点ワードの共起パターン比較

    中田峻也・山本岳・浅田拓海・有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.73,(p.D-10),2017.02.04,北見市,日本

  • 交通静穏化実験によるコミュニティ道路の評価:千歳市大和区の事例

    上野亮祐・浅田拓海・有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.73,(p.D-05),2017.02.04,北見市,日本

  • 室蘭市公共交通ワークショップにおけるバス交通向上のための意識調査

    和山透・浅田拓海・有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.73,(p.D-03),2017.02.04,北見市,日本

  • 商用車プローブデータを用いた道路階層別の所要時間信頼性と降雪規模の影響分析

    神戸大輝・金子辰也・浅田拓海・有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.73,(p.D-31),2017.02.04,北見市,日本

  • 白糠町コミュニティ交通導入に向けた住民意識に関する基礎的研究

    久保圭司・生富直孝・浅田拓海・有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.73,(p.D-04),2017.02.04,北見市,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 測量学

    2017,Department

  • 交通工学

    2017,Department

  • 情報処理演習

    2017,Department

  • 測量学実習

    2017,Department

  • 社会基盤管理学

    2017,Master's program

display all >>