基本情報

写真a

板倉 賢一

イタクラ ケンイチ


所属センター等1

環境科学・防災研究センター

担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://turquoise.csse.muroran-it.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感性工学

  • 地殻工学, 計測工学, 感性工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 感性工学

  • 石炭の地下ガス化(UCG), 鉱山保安, 可視化情報処理, 感性工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • さく孔機の機械量データによる地質構造の可視化

    機械量,検層,可視化,1994年04月 ~

  • AEのフラクタル解析による岩盤内き裂系のモデリング

    アコースティック・エミッション,フラクタル,き裂,1996年04月 ~

  • 情報美学

    画像フィルタ,テクスチャ解析,感性解析,1998年04月 ~

  • マイクロメカニックス試験による岩石の微小破壊挙動と破壊シミュレーション

    マイクロメカニックス試験,微小破壊,微小き裂,2001年04月 ~

  • 石炭の地下ガス化に関する研究

    地下ガス化,アコースティック・エミッション,微小地震,2006年04月 ~

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学・大学院

    1983年03月,博士前期,工学研究科,資源開発工学専攻,単位取得満期退学,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1977年03月,工学部,開発工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Int. Association for Mathematical Geology (IAMG)

  • 情報処理学会

  • 日本工学教育協会

  • 開発技術研究会

  • 土木学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 資源・素材学会奨励賞

    1991年03月,資源・素材学会

  • 石炭技術会伊木賞奨励賞

    2000年01月13日,石炭技術会

  • 日本建設機械化協会加藤賞

    2002年05月22日,(社)日本建設機械化協会

  • 石炭技術会伊木賞奨励賞

    2007年11月26日,石炭技術会

  • 日本工学教育協会賞

    2008年08月01日,日本工学教育協会

全件表示 >>

 

感性の可視化により,見えないものを見えるようにする

ゴッホが モネが 現代に蘇る

研究開発の目的

感性を可視化して画家の作風をコード化する

芸術作品は目で見ることのできない感性がたくさん詰まっている。その感性を可視化する。絵画などの芸術作品からその画家の作風を画像処理や統計処理学によって分析し,見えない感性を見えるようにする。

研究開発の概要

入力画像を作風のタッチ・特徴に従って変換する

情報美学の一環として,自然造形の美を数理科学的に探ると同時に,鑑賞,評価する側の感性をも軽量化,可視化する。この研究では作品の画像処理や統計処理,さらに入力画像を作風に従って変換する画像フィルタを利用して,作者のタッチや特徴を読み取り,再現することができる。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 画像処理・統計処理技術等により作風の変遷の可視化が可能
  • この時期の作家はこういう風に制作するだろうという,デザインを含めた予測
  • 作風の可視化
  • 画家の作風とか造形物などの美的対象物を使っての研究
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 作者の作風を追求し,デザインを含めて予測することができ,作風の変遷の可視化が可能
 

著書 【 表示 / 非表示

  • オムニバス技術者倫理 第2版

    板倉ほか,10名,共立出版,まえがき,事例研究他,(頁 161),2015年09月,9784320071964

  • 室蘭工大未来をひらく技術と研究

    板倉ほか、46名,北海道新聞社,未利用石炭は地域の宝物-石炭地下ガス化による活用方法-,2014年07月

  • オムニバス技術者倫理

    青柳,石原,板倉,河合,蔵田,清水,鈴木,須長,新田,藤木,松山,溝口,安居,吉田,共立出版,技術者倫理教育とは何か,情報系の技術者倫理,(頁 215),2007年04月

  • 残壁ハンドブック

    尾原祐三ほか、22名,資源・素材学会,楔すべり、円弧すべり,(頁 300),2005年03月

  • オムニバス技術者倫理

    鈴木好夫ほか7名,室蘭工業大学,技術者倫理と技術者教育、情報系と技術者倫理,(頁 107),2004年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • AE計測による石炭地下ガス化(UCG)燃焼・ガス化体積の推定

    板倉賢一, 濱中晃弘, 蘇発強, 猪股英紀, 佐藤孝紀, 高橋一弘, 出口剛太, 児玉淳一,室蘭工業大学紀要,66巻,(頁 29 ~ 37),2017年03月

  • Effect of Injection Flow Rate on Product Gas Quality in Underground Coal Gasification (UCG) Based on Laboratory Scale Experiment: Development of Co-Axial UCG System

    Akihiro Hamanaka, Fa-qiang Su, Ken-ichi Itakura, Kazuhiro Takahashi, Jun-ichi Kodama and Gota Deguchi,Energies,10巻,2号,(頁 1 ~ 11),2017年02月

  • Monitoring of coal fracturing in underground coal gasification by acoustic emission techniques

    Fa-qiang Su, Ken-ichi Itakura, Gota Deguchi, Koutarou Ohga,Applied Energy,189巻,2017号,(頁 142 ~ 156),2016年12月

  • Evaluation of Coal Combustion Zone and Gas Energy Recovery for Underground Coal Gasification (UCG) Process

    Fa-qiang Su, Akihiro Hamanaka, Ken-ichi Itakura, Gota Deguchi, Kohki Sato and Jun-ichi Kodama,Energy & Fuels,31巻,1号,(頁 154 ~ 169),2016年12月

  • Ex-situ Model Experiment for Development of Compact Underground Coal Gasification (UCG) System

    Akihiro Hamanaka, Fa-qiang Su, Ken-ichi Itakura, Kohki Satoh, Kazuhiro Takahashi, Gota Deguchi, Jun-ichi Kodama and Koutarou Ohga,Modern Environmental Science and Engineering,2巻,9号,(頁 599 ~ 605),2016年09月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Life Cycle Management System for Tunnel Construction

    Makoto Furudo, Shun Matsukawa, Ken-ichi Itakura, Akihiro Hamanaka, Shunich Ohtsu and Hiroshi Yamachi,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),(頁 109 ~ 110),2017年03月,Muroran

  • UCG Gasification Evaluation using Acoustic Emission (AE) Techniques

    Ryota Miura, Faqiang Su, Akihiro Hamanaka, Hidenori Inomata, Ken-ichi Itakura, Kohki Sato, Kazuhiro, Takahashi, Gota Deguchi and Jun-ichi Kodama,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),(頁 107 ~ 108),2017年03月,Muroran

  • Field Underground Coal Gasification (UCG) Experiment: Trial 1

    Akihiro Hamanaka, Ken-ichi Itakura, Faqiang Su, Kazuhiro Takahashi, Kohki Satoh, Yukio Hama, Wenyan Zhang, Jun-ichi Kodama, Gota Deguchi,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),(頁 129 ~ 130),2017年03月,Muroran

  • Ecological Environment Survey of Field Underground Coal Gasification (UCG) : Summer Survey

    Wenyan Zhang, Yukio Hama, Faqiang Su, Akihiro, Hamanaka, Gota Deguchi , Ken-ichi Itakura,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),(頁 15 ~ 16),2017年03月,Muroran

  • Evaluation of a Compact Coaxial-UCG (Underground coal gasification) System inside an Artificial Coal Seam

    Fa-qiang Su, Ken-ichi Itakura, Akihiro Hamanaka,Kazuhiro Takahashi, Kohki Satoh, Jun-ichi Kodama, Gota Deguchi,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),(頁 17 ~ 18),2017年03月,Muroran

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 削孔データによる地下岩盤構造の可視化手法について

    板倉賢一,骨材資源,48巻,191号,(頁 146 ~ 152),2016年12月

  • 未利用石炭資源の活用-石炭の地下ガス化(UCG)-,特集「試される北海道の化学工学」

    板倉賢一,化学工学,77巻,12号,(頁 858 ~ 861),2013年12月

  • 採掘技術部門委員会学生特別見学コース報告

    板倉賢一,資源と素材,128巻,2号,(頁 103 ~ 104),2012年01月

  • 採掘技術部門委員会学生特別見学コース報告

    板倉賢一,資源と素材,127巻,8号,(頁 536 ~ 537),2011年11月

  • 社団法人資源・素材学会採掘技術部門委員会学生特別見学コース報告

    板倉賢一,石灰石,374巻,(頁 29 ~ 31),2011年11月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 未利用石炭資源エネルギーの高度有効活用プロジェクト

    板倉賢一,濱中晃弘,出口剛太,蘇発強,佐藤孝紀,高橋一弘,濱幸雄,張文艶,環境科学・防災研究センター年報,12巻,(頁 65 ~ 74),2017年03月

  • 持続可能な新エネルギー技術の開発プロジェクト

    板倉賢一,齋藤英之,田邊博義,出口剛太,濱中晃弘,宮澤邦夫,田畑昌祥,永野宏治,関根ちひろ  河内 邦夫  高橋 一弘  蘇  発強  張  文艶,環境科学・防災研究センター年報,12巻,(頁 45 ~ 62),2017年03月

  • 未利用石炭資源エネルギーの高度有効活用プロジェクト-低環境負荷型で安全な閉路資源エネルギー回収システムを目指して-

    板倉 賢一,出口 剛太,永野 宏治,佐藤 孝紀,齋藤 英之,田邊 博義,関  千草,杉岡 正敏,神田 康晴,上道 芳夫,濱  幸雄,藤本 敏行,チャン・ヨンチョル,河合 秀樹,山中 真也,長谷川 靖,高橋一弘,蘇発強,張文艶,室蘭工業大学環境科学・防災研究センター年報,11巻,(頁 76 ~ 86),2016年03月

  • 未利用石炭エネルギーの高効率活用

    板倉賢一,出口剛太,杉岡正敏,高橋一弘,蘇発強,張文艶,室蘭工業大学環境科学・防災研究センター年報,11巻,(頁 61 ~ 75),2016年03月

  • ローカルエネルギー資源としての石炭地下ガス化(UCG)と今後の展開

    板倉賢一,日本学術振興会石炭・炭素資源利用技術第148委員会第150回研究会資料,(頁 22 ~ 27),2015年08月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 石炭地下ガス化( UCG)に伴う炭層破壊域の AE計測による可視化について

    三浦 涼太、板倉 賢一、蘇 発強、濱中 晃弘、猪股 英樹、出口 剛太、佐藤 孝紀、高橋 一弘、児玉 淳一,資源・素材学会春季大会2017,資源・素材学会,資源・素材講演集,Vol.4 (2017) No.1 (春・千葉),(頁 1-6),2017年03月27日,千葉県,習志野市,日本

  • 水平孔を用いた同軸方式石炭地下ガス化システムの実験的検討

    濵中晃弘,板倉賢一,蘇発強,高橋一弘,佐藤孝紀,児玉淳一,出口剛太,資源・素材学会春季大会2017,資源・素材学会,資源・素材講演集,Vol.4 (2017) No.1 (春・千葉),(頁 1-6),2017年03月27日,千葉県,習志野市,日本

  • クラウド型トンネル施工データ管理システムの開発

    古堂 誠、板倉 賢一、大津 愼一、山地 宏志,資源・素材学会春季大会2017,資源・素材学会,資源・素材講演集,Vol.4 (2017) No.1 (春・千葉),(頁 1-4),2017年03月27日,千葉県,習志野市,日本

  • 小規模 UCG模型実験による圧密した粉炭の固結温度の推定

    立川多久登、児玉 淳一、中 良介、菅原 隆之、板倉 賢一、出口 剛太、濱中 晃弘,資源・素材学会春季大会2017,資源・素材学会,資源・素材講演集,Vol.4 (2017) No.1 (春・千葉),(頁 1-6),2017年03月27日,千葉県,習志野市,日本

  • Ecological Environment Survey of Field Underground Coal Gasification (UCG) : Summer Survey

    Wenyan Zhang, Yukio Hama, Faqiang Su, Akihiro, Hamanaka, Gota Deguchi , Ken-ichi Itakura,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017(JSED2017),環境科学・防災研究センター,Proc. of JSED2017,(頁 15-16),2017年03月03日,室蘭市,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年12月20日,社会基盤分野,420000(円)

  • 公益法人等

    2016年07月01日,社会基盤分野,0(円)

  • 大企業

    2016年05月20日,製造技術分野,1000000(円)

  • 中小企業

    2015年10月05日,社会基盤分野,420000(円)

  • 公益法人等

    2015年08月03日,社会基盤分野

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2012年11月01日,エネルギー分野,2300000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化(UCG)システムの開発

    2015年度 ~ 2017年度,基盤研究(A),15H02332

  • 石炭の地下ガス化(UCG)のための燃焼領域評価システムの開発

    2009年度 ~ 2011年度,基盤B一般,21360441

  • マイクロメカニックス試験による熱環境下の岩石破壊メカニズムの解明

    2005年度 ~ 2006年度,基盤C一般,17560721

  • 岩石のマイクロメカニックス試験による破壊過程の可視化とシミュレーション

    2003年度 ~ 2004年度,基盤C一般,15560699

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 同軸型石炭地下ガス化(UCG)プロセスの開発

    2011年09月26日 ~ 2012年03月31日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成23年度ノーステック財団「研究開発助成事業」スタートアップ研究補助金,2000000(円)

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 構造物の検査方法および検査システム(H27-16 国内優先権出願)

    日本,特願2017-032860

作品 【 表示 / 非表示

  • キューブ・キューブ

    2003年09月,可視化情報処理研究室,平成15年度「室蘭ものづくり」展

  • 3D迷路

    2002年09月,可視化情報処理研究室,平成14年度「室蘭ものづくり」展

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング

    2017年度,学部

  • 現代社会と情報工学

    2017年度,学部

  • フレッシュマンPBLセミナー

    2017年度,学部

  • 情報システム学総合演習

    2017年度,学部

  • 技術者倫理(コンピュータ知能学コース)

    2017年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • フレッシュマンセミナー(情報工学系)

    2009年04月,板倉賢一, (頁 18)

  • センシングシステム特論講義資料

    2008年04月,板倉賢一, (頁 18)

  • 動かせる3Dグラフィックス-仮想現実設計言語VRMLの学習とインタラクティブ仮想空間の利用-

    2003年08月,板倉賢一, (頁 11)

教育著書 【 表示 / 非表示

  • オムニバス技術者倫理

    2007年04月,鈴木好夫,板倉賢一,安居光圀,ほか,技術者倫理教育とは何か,情報系の技術者倫理, (頁 215),共立出版

  • オムニバス技術者倫理

    2004年03月,鈴木好夫、板倉賢一、安居光圀、新井隆景、田村 亨、近澤 進,技術者倫理と技術者教育、情報系と技術者倫理, (頁 107),自費出版

 

講演 【 表示 / 非表示

  • 削孔データによる地下岩盤構造の可視化手法について

    2016年11月17日,骨材資源工学会

  • 石炭地下ガス化利用による地域創生モデル

    2016年09月09日,日本工学アカデミー

  • ローカルエネルギー源としての石炭地下ガス化(UCG)と地域創生モデル

    2016年08月25日,日本原子力研究開発機構

  • 非在来型石炭ガスの活用技術-主に石炭地下ガス化(UCG)プロジェクトについて-

    2016年07月07日,資源・素材学会東北支部

  • 同窓会の状況と石炭地下ガス化(UCG)プロジェクトについて

    2016年06月04日,室蘭工業大学同窓会関東支部東京EEC

全件表示 >>

研修 【 表示 / 非表示

  • CCTワークショップ

    2008年,JCOAL,東京,クリーン・コール・テクノロジー・ワークショップ,CCTワークショップ委員

  • 高大連携-室蘭工業大学の取り組み-

    2005年01月14日,高等学校経営教育委員会,かでる2.7札幌,高等学校経営教育委員会冬季シンポジウム,パネラー

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • JSED2017

    室蘭,委員長,日本