基本情報

写真a

八島 弘典

ヤシマ ヒロミチ


所属センター等1

全学共通教育センター

担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 理科教育

  • 科学教育

  • 教科教育学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 高分子概念の形成

  • ゴム物質

  • ゴム・プラスチック・繊維

  • 科学・技術・社会

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ゴム物質による高分子概念の形成に関する教授プランの研究

    高分子概念の形成,科学・技術・社会の関わり,1991年04月 ~

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1993年03月,博士前期,教育学研究科,教育方法,修了

  • 北海道大学

    1995年03月,博士後期,教育学研究科,教育方法,中退

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1993年03月,教育学研究科,教育方法,卒業

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会教育会員

 

ゴム物質による高分子概念の形成に関する教授プランの実践的研究

研究開発の目的

高分子物質の科学を科学・技術・社会との関わりを通して学ぶことができる授業テキストを作成し、授業実践により教授プランを評価・検証する。

研究開発の概要

人間と自然との関わりにおいてゴムには長い歴史があり、ゴムを合成しようとする技術を通して高分子概念の形成がなされたことから、ゴムを中心に高分子物質を展開する授業テキストを作成し、授業プランを評価、検証する。
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 鉛筆電池や人間電池などを通して楽しく電池を学べる教材

    八島弘典,理科の教育7月号(日本理科教育学会),(頁 42 ~ 45),2004年07月

  • 化学(理科)教育活性化に向けて

    八島弘典,化学と教育(日本化学会),49巻,2号,(頁 62 ~ 64),2001年

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 教職実践演習(高)

    2017年度,学部

  • 教育実習

    2017年度,学部

  • 教育方法論

    2017年度,学部

  • 環境科学特論

    2017年度,博士前期課程

  • 教職実践演習(高)

    2016年度,学部

全件表示 >>