基本情報

写真a

清水 一道

シミズ カズミチ


所属センター等1

ものづくり基盤センター

担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://shimizu-kazumichi.com/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生産工学・加工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 疲労,破壊,強度

  • 摩耗, エロージョン, アブレッシブ, トライボロジ

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 鉄鋼材料のエロージョン摩耗評価に関する研究

    摩耗 エロージョン アブレッシブ トライボロジ,1988年04月 ~

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 球状黒鉛鋳鉄のエロージョン摩耗特性に関する基礎研究

    1989年 ~ 2001年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 大学院

    2001年,博士後期,工学院,材料科学,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1985年03月,工学部,機械工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本鉄鋼協会

  • 日本材料学会

  • 資源・素材学会

  • 日本金属学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本図学会奨励賞

    1997年05月10日,日本図学会

  • 日本鋳造工学会日下賞

    2000年05月10日,日本鋳造工学会

  • 日本設計工学会優秀発表

    2001年05月10日,日本設計工学会

  • 国立高等専門学校協会 教員顕彰

    2003年11月21日,国立高等専門学校協会

  • ものづくり日本大賞「優秀賞」

    2007年08月07日,経済産業省

全件表示 >>

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 地域教育協力

    2003年11月14日,大分高専

  • ものづくり日本大賞 ものづくり日本大賞「優秀賞」

    2007年08月07日,経済産業省

  • 第40回博報賞

    2009年11月07日,室蘭工業大学ものづくり基盤センター

  • ハイサービス全国300選

    2010年03月16日,公益財団法人 日本生産性本部 サービス産業生産性協議会

  • 平成23年「海の日」海事関係功労者大臣表彰受賞

    2011年07月22日,国土交通省

 

錆と摩耗に強いステンレス球状炭化物鋳鉄材料の研究

錆と摩耗に強いステンレス鋼があります!

研究開発の目的

鉄系素材

鉄系材料の耐摩耗性と防錆性を挙げることにより,長寿命化すること。耐食性のある18-8ステンレス鋼がよく知られていますがこのステンレス鋼よりもさらに錆びにくく,磨耗しにくいタフな鉄系材料が求められている。

研究開発の概要

ステンレス組成に炭素とパナジウムを添加

ステンレス球状炭化物鋳鉄は18-8ステンレス組成に炭素とパナジウム(V)を添加し,溶けた状態で特殊な溶湯処理を施すことにより,超高硬度で,炭素との結合性の高い球状のパナジウム炭化物(VC)をオーステナイト基地に晶出・分散させて,ステンレス球状炭化物鋳鉄を作ることができた。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 耐摩耗性に優れた長寿命の鋳鉄
  • 磨耗に強い材料を作る
  • パナジウム炭化物を使用して球状炭化物を晶出・分散させる技術鋳造によって炭化物などの析出相をマトリックス中に微細粒子として分散させることは極めて困難で通常は粗大な板状(針状),塊状として析出するため,耐摩耗性や靭性の面で課題となる。これまでの研究で,硬質粒子がマトリックス中に均一分散した材料を開発し,評価手法を確立したことは,新規性が高く,ものづくり日本における基盤技術の高度化,確立への大きな貢献につながる。
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 粒状の『パナジウム炭化物(VC)』がマトリックス中に分散した鋳造材料(鋳鋼)を開発し,それが耐熱・耐磨耗性に極めて優れていることを,実用面を重視した評価手法によって明らかにしている。したがってオリジナルな製造手法と,これまでの研究蓄積から,実用化の可能性は極めて高い。
  • 特許取得済
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 熱いうちに打て

    清水一道,(株)昇夢虹,(頁 194),2015年12月

  • 室蘭工大未来をひらく技術と研究

    清水一道 他48名,北海道新聞社,廃船は宝の山,(頁 230),2014年07月

  • 新版 鋳鉄の生産技術

    木口 昭二,清水 一道 他,(財)素形材センター,品質保証と管理,(頁 625),2012年10月

  • 先進国型シップリサイクルシステムの構築 室蘭シップリサイクルプロジェクトの軌跡

    室蘭シップリサイクル研究会,(株)昇夢虹,シップリサイクルシステムの構築を目指して,(頁 126),2012年10月

  • 鋳鉄技術者と機械設計技術者のための新版 鋳鉄の材質

    中江 秀雄,清水 一道 他,(社)日本鋳造工学会,鋳鉄の基礎的性質、鋳鉄の機械的性質および諸性質,(頁 243),2012年05月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Pulsed Plasma deposition pf Fe-C-Cr-W casting on high-Cr-cast iron:Effect of layered mprphology and heat treatment on the microstructure and hardness

    V.G.Efremenko,Y.G.Chabak,A.Lekatou,A.E.Karanzalis,K.Shimizu,V.I.Fedun,A.Yu,Azakhov,A.V.Efremenko,,Surfae and Coatings Technology,Vol.304巻,(頁 293 ~ 305),2016年07月

  • Abrasivi resistance of metastable V-Cr-Mn-Ni spheroidal carbide cast irons using the factorial design method

    V.G.Efremenko,K.Shimizu,A.P.Cheilakh,T.V.Pastokhova,Yu.G.Chabak,K.Kusumoto,International journal of Minerals,Metallurgy and Materials,Vol.22巻,(頁 645 ~ 657),2016年06月

  • 高クロム鋳鉄の高温エロージョン摩耗とそのメカニズム

    小奈浩太郎,清水一道,楠本賢太,,鋳造工学,第88巻巻,第5号号,(頁 270 ~ 275),2016年05月

  • Fe-C-Cr-Mo-W-V-10%Co多合金白鋳鉄のシャー切断試験による摩耗評価

    仲條靖男,清水一道,楠本賢太,原宏哉、河合秀樹,鋳造工学,第88巻巻,第5号号,(頁 241 ~ 245),2016年05月

  • Fe-C-Cr-Mo-W-V系多合金白鋳鉄の高温エロージョン摩耗特性に及ぼすCo添加の影響

    張堯,清水一道.,楠本賢太,田村和宏,原宏哉、伊藤淳,鋳造工学,第88巻巻,第5号号,(頁 246 ~ 251),2016年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • FEM analysis of material loss for solid particle erosion of ductile material

    L.xiao, K.Shimizu, K.Kusumoto, Y.Xinba,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,(頁 P2.J17 ~ ),Wear,2017年03月,colifornia USA

  • Abrasive wear characteristcics of Fe-2C-5Cr-5Mo-5W-5Nb multi-component white cast iron

    K.Kusumoto, K.Shimizu, X.Yaer, Y.Zhang, H.Hara,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,(頁 004.03 ~ ),Wear,2017年03月,colifornia USA

  • Influence of Ni addition on erosive wear characteristics of multi-component white cast iron at elevated temperature

    Y.Zhang, K. Shimizu, Kenta Kusumoto, X.Yaer, H.Hara, C.Higuchi,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,(頁 001.28 ~ ),Wear,2017年03月,colifornia USA

  • Current state and future agenda in casting production.Low environmental losd type reduced pressure frozen mold process and high purity raw materials by ship recycling

    Kazumichi Shimizu,The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers,(頁 66 ~ 69),The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers,2016年08月,seoul Korea

  • Effect of Rare Earth on Fatigue Charactistics of Spheroidal Graphite Cast Iron

    Takafumi Funabiki, Kazumichi Shimizu, Shinsuke Nagaumi, Masato Shirai,The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers,(頁 19 ~ 21),The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers,2016年08月,seoul Korea

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 材料加工 鋳造

    清水一道,日本機械学会誌,Vol.116巻,8号,(頁 22),2013年08月

  • シップリサイクルの動向 -先進国型シップリサイクルシステムの構築

    清水一道,日本マリンエンジニアリング学会誌,45巻,5号,(頁 85 ~ 89),2010年05月

  • 摩擦・摩耗試験の種類と特徴

    清水一道,辻村太郎,日本鋳造工学会誌,第76巻巻,7号,(頁 626 ~ 632),2004年07月

  • ものづくり技術者教育用ツールの開発と評価

    清水一道,財団法人素形材センター,43巻,9号,(頁 30 ~ 34),2002年09月

  • 鉄鋼材料のエロージョン摩耗特性

    清水一道,鋳物第24委員会鋳鉄分科会研究報告,(頁 226 ~ 237),2002年06月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • FEM analysis of material loss for solid particle erosion of ductile material

    L.xiao, K.Shimizu, K.Kusumoto, Y.Xinba,21st International Conference on Wear of Materials ,Wear,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,2017年03月26日,colifornia ,USA

  • Influence of Ni addition on erosive wear characteristics of multi-component white cast iron at elevated temperature

    Y.Zhang, K. Shimizu, Kenta Kusumoto, X.Yaer, H.Hara, C.Higuchi,21st International Conference on Wear of Materials ,Wear,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,2017年03月26日,colifornia ,USA

  • Abrasive wear characteristcics of Fe-2C-5Cr-5Mo-5W-5Nb multi-component white cast iron

    K.Kusumoto, K.Shimizu, X.Yaer, Y.Zhang, H.Hara,21st International Conference on Wear of Materials ,Wear,21st International Conference on Wear of Materials Programme Book,2017年03月26日,colifornia ,USA

  • デフケース-リングギアかしめ接合部の有限要素法解析及びねじり疲労強度

    山内一也,清水一道,船曳崇史,鈴木淳,,日本機械学会学生員卒業研究発表講演会,日本機械学会北海道支部,第46回学生員卒業研究発表講演会,2017年03月07日,室蘭,日本

  • 鋳ぐるみ多合金白鋳鉄の衝撃特性に及ぼす心材容積率の影響

    菅原栞,清水一道,楠本賢太,鈴木淳,樋口千紗,日本機械学会学生員卒業研究発表講演会,日本機械学会北海道支部,第46回学生員卒業研究発表講演会,2017年03月07日,室蘭,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年12月22日,製造技術分野,420000(円)

  • 大企業

    2016年11月28日,製造技術分野,5421070(円)

  • 大企業

    2016年10月07日,ナノテクノロジー・材料分野,1500000(円)

  • 中小企業

    2016年04月25日,ナノテクノロジー・材料分野,1509000(円)

  • 中小企業

    2015年10月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1500000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 地方公共団体

    2016年11月04日,製造技術分野,1141128(円)

  • 2016年06月01日,製造技術分野,8199065(円)

  • 2015年12月11日,製造技術分野,5530472(円)

  • 公益法人等

    2015年04月09日,製造技術分野,6246572(円)

  • 中小企業

    2015年02月04日,製造技術分野,800000(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 高温微粒子ピーニングによる構造用鋼の多機能化と効果発現メカニズム

    2016年度,基盤研究(B),15H03894

  • 高温微粒子ピーニングによる構造用鋼の多機能化と効果発現メカニズム

    2015年度,基盤研究(B),15H03894

  • 自動車用部品の肉厚変動部のレアアースレス薄肉球状黒鉛鋳鉄の開発

    2012年度 ~ 2014年度,基盤研究(C),24560904

  • MA法による耐熱・耐摩耗複合材料の高温エロージョン摩耗特性評価

    2002年度 ~ 2004年度,基盤C一般,14550731

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 耐熱耐摩耗鋳物の共同受注・一貫生産体制(鋳物シンジケート)構築のための生産技術と品質保証体制の確立

    2016年12月20日 ~ 2017年03月31日,北海道経済産業局,平成28年度地域新成長産業創出促進事業費補助金,75000000(円)

  • 大型鋳物用メゾスコピック耐熱耐摩耗多合金鋳鉄材料の開発

    2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,北海道経済産業局,平成28年度中小企業経営支援等対策費補助金,29909420(円)

  • 大型特殊鋳物用メゾスコピック耐熱耐摩耗多合金鋳鉄材料の開発

    2015年09月01日 ~ 2016年03月31日,北海道経産局,平成27年度中小企業経営支援等対策費補助金,44985101(円)

  • 耐摩耗管の評価に関する研究

    2012年11月19日 ~ 2013年03月08日,大阪市,大阪市イノベーション創出支援補助金(補助率1/2),546000(円)

  • ものづくり分野の人材育成・確保事業(地域に根ざしたものづくり企業および若手技術者の育成)

    2011年03月22日 ~ 2011年12月31日,全国中小企業団体中央会,中小企業庁中小企業経営支援等対策費補助金(人材対策基金補助金),8112354(円)

全件表示 >>

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • メタルブッシュ、及びこれを用いた駆動装置並びに乳化分散装置

    日本,特願2008-158258,特開2009-299877,特許第5139890号

  • 乳化分散装置

    日本,特願2008-158237,特開2009-297690

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械科学演習

    2017年度,学部

  • 伝熱工学

    2017年度,学部

  • 熱力学II

    2017年度,学部

  • 機械システム工学実験

    2017年度,学部

  • 伝熱工学

    2017年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 機械材料学学習用CAIソフト

    2002年,清水 一道

教育著書 【 表示 / 非表示

  • 球状炭化物材料

    2006年09月,球状炭化物鋳鉄のエロージョン摩耗特性評価, (頁 366),日刊工業新聞社

  • 鋳造工学 基礎テキスト 鋳造技術と情報化時代

    2005年09月,金属材料の機械的性質, (頁 253),(社)日本鋳造工学会

  • 鋳物・ダイカストの品質評価技術ハンドブック

    2004年10月,摩擦・摩耗試験の種類と特徴, (頁 224),(社)日本鋳造工学会

教育論文 【 表示 / 非表示

  • 鋳造工学教育実習用CAI教材の開発と有効性

    2002年06月,清水一道,朝倉正治,五嶋貴紀,中洌亜紀子,麻生節夫,平塚貞人,旗手 稔,鋳造工学,74巻巻,6号号, (頁 pp.357~362)

  • 低学年の製図教育からCAD教育までの一試行

    1993年02月,清水一道, 土田陽一郎, 梅津清二, 松本佳久,高専教育,16号号, (頁 209-216)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • オリジナル風鈴を作ろう

    2008年09月08日,室蘭工業大学,室蘭工業大学ものづくり基盤センター,公開講座2008,座長

  • オリジナルジンギスカン鍋を作ろう

    2007年09月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学ものづくり基盤センター,公開講座2007,座長

講演 【 表示 / 非表示

  • 精密加工技術および周辺技術の最新動向とその応用

    2016年12月15日,北海道機械工業会

  • 地域産業と人材育成

    2016年10月24日,秋田大学

  • 地域創生とイノベーション創出

    2016年10月19日,北海道中小企業家同友会

  • 地域創生とイノベーション創出

    2016年07月14日,国立大学法人山梨大学

  • 工学への誘い

    2016年06月16日,札幌新川高等学校

研修 【 表示 / 非表示

  • 新入社員ものづくり研修

    2010年01月19日,北海道電力,ほくでん滝川テクニカルセンター,新入社員研修,講演,ものづくり実習

  • 新入社員ものづくり研修

    2008年05月10日,北海道電力,ほくでん滝川テクニカルセンター,新入社員研修,講演,ものづくり実習

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 研究開発の仕事とは-求められる人材とその役割-

    2009年03月18日,経済産業省北海道経済産業局,NPO法人札幌ビズカフェ,札幌アスペンホテル 2F「アスペンA」,研究開発型ベンチャー 人材戦略フォーラム,未設定

  • 産学連携人材育成事業-素形材から機械加工,検査までの一貫生産実習とものづくりバードアイ技術者の育成

    2009年,社団法人 日本機械学会,明治記念館(東京),第86期(2008年度) 通常総会 特別企画,未設定

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • ものづくりシンポジウム

    札幌,General Chair

  • 第7回シップリサイクル国際セミナー

    室蘭市,委員長

  • 第15回室蘭シップリサイクル研究会

    室蘭市,委員長

  • 第14回室蘭シップリサイクル研究会

    室蘭市,委員長

  • 第2回シップリサイクル国際シンポジウムin室蘭

    室蘭市,委員長,日本

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会北海道支部第58期商議員

    2017年03月08日 ~ 2018年03月07日,委員,日本機械学会,地方支部

  • JISG5705改正原案作成委員会

    2016年12月01日 ~ 2017年11月30日,委員,日本金属継手協会,全国

  • 理事会

    2016年05月21日 ~ 2019年05月31日,委員,日本鋳造工学会,全国

  • 鋳鉄溶解部会

    2007年06月01日 ~ 2009年05月31日,委員,日本鋳造工学会,全国

  • YFE

    2007年06月01日 ~ 2008年05月31日,委員長,日本鋳造工学会,地方支部

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • ISO/TC25

    2009年06月01日 ~ 2011年05月31日,未設定,未設定

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 室蘭市神代火葬場火葬炉設備選定委員会

    2016年度

  • ものづくり日本大賞北海道地域選考分科会

    2016年度

  • 財団法人 日本船舶技術協会 シップリサイクル委員

    2011年度

  • ものづくり日本大賞 委員長

    2011年度

  • 北海道経済産業局 技術審査委員

    2010年度

全件表示 >>