基本情報

写真a

松本 大樹

マツモト ヒロキ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

講師

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/kiriki

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 音場の可視化

  • 実験振動モード解析

  • 空気力学的騒音

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 振動・騒音

  • 機械力学

  • 振動・騒音

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 一様気流中の曲円柱から発生する空力音とその制御

    空気力学的騒音,振動,円柱,2000年04月 ~ 2003年03月

  • 気流を有する消音器内部の音場の可視化

    騒音,音場,可視化,2003年 ~

  • カメラシャッター羽根の振動特性

    振動,振動モード,Experimental modal analysis,2005年 ~

  • 鏡筒モデルの振動および放射音

    振動,振動モード,放射音,2005年 ~

  • カメラミラーのリバウンド抑制

    振動,跳ね返り,振動抑制,2006年 ~

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学・大学院

    2000年03月,博士後期,工学研究科,生産情報システム専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1994年03月,工学部,機械システム工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 騒音制御工学会

  • 日本音響学会

  • 可視化情報学会

  • 精密工学会

 

空力騒音の可視化

空力音、どこから出てますか?

研究開発の目的

気流音により生成される音場や音源を明らかにする

気流から発生する騒音は、音の発生箇所が特定できない。またそれは目に見えないもの。そのため静音化対策が困難である。しかし、気流から発生する空力音の現象を把握すれば静音化対策は容易になる。気流音により生成される音場や音源を明らかにする手法が求められている。

研究開発の概要

気流の変動と放射音を同時計測する

製品の品質で重要なことの一つに、振動および騒音がある。この振動や騒音は、発生箇所、発生原因を特定できず、制振、静音化が困難な場合が多い。気流振動に起因して発生する空力騒音の音源の特定は非常に困難であるが、気流の変動と放射音を同時計測することにより、空力騒音の音源の可視化を可能にした。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 見えない気流の変動と放射音を同時計測
  • 流れ中でもマイクロホンを利用して音場を直接計測可能
  • 放射音の周波数特性から選択的に音源を探索可能
  • 気流中でも独自のプローブ管を利用して直接計測し、音場を可視化
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 可視化周波数を任意に設定可能
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Rebound Vibration of Two-Plates Bonded Model for an Internal Mirror of SLR Camera

    Hiroki MATSUMOTO, Miho KUMAGAI and Akitaka KIKUCHI,Journal of Physics: Conference Series,744巻,1号,2016年10月

  • Suppression Method for Rebound Amount of the Internal Mirror Model of an SLR Camera

    Hiroki Matsumoto, Masaki Hirashima,Mechanical Engineering Jornal (Special Issue on Systems Design or Motion and Vibration Control),3巻,2号,(頁 1 ~ 13),2015年06月

  • Vibration behavior and rebound angle on the collision of mirror models inside a SLR camera

    Hiroki Matsumoto, Masaki Hirashima,Journals of the Japan Society of Mechanical Engineers,7巻,4号,(頁 393 ~ 404),2013年12月

  • 一眼レフカメラ内部ミラーモデルの衝突時挙動と跳ね返り量(回転支持された長方形平板の衝突時挙動の測定)

    松本大樹,平島正樹,日本機械学会誌,79巻,801号,(頁 1570 ~ 1581),2013年05月

  • タッピンねじの締結特性に及ぼす下穴径と離型剤の影響

    斉当建一,松本大樹,蛯名哉友,室蘭工業大学紀要,55号,(頁 9 ~ 13),2005年09月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Aerodynamic Noise Generated by a Perforated Metal Plate on Circlar Nozzle

    Hiroki MATSUMOTO, Hirofumi MIYANO,Abstract Book of MIER2015,(頁 6 ~ ),2015年05月,室蘭

  • Vibration of Shutter Blade Model of Single-lens Reflex Camera with TransientMovement

    Souichiro IMAZEKI, Hiroki Matsumoto,,Abstract Book of MIER2015,(頁 12 ~ ),2015年05月,室蘭

  • Rebound Amount of Collision about Bonded Mirror Model

    Miho KUMAGAI, Hiroki MATSUMOTO,Abstract Book of MIER2015,(頁 8 ~ ),2015年05月,室蘭

  • Fiber Orientation Angle Identification of Single Layer CFRP Plate by Time Average Holographic Interferometry

    Seidai OGAWA, Hiroki MATSUMOTO,Abstract Book of MIER2015,(頁 14 ~ ),2015年05月,室蘭

  • Suppression Method for Rebound Amount of the Internal Mirror Model of an SLR Camera

    Hiroki Matsumoto, Masaki Hirashima,Proceedings of The 12th International Conference on Motion and Vibration,USB巻,(頁 2A33 ~ ),JSME,2014年08月,Sapporo

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンティングを活用した実習系授業の取り組み

    松本大樹,フルードパワーシステム,45巻,6号,(頁 265 ~ 267),2014年11月

  • 室蘭工業大学の機械系設計製図に関する実践教育(製図演習と加工実習の連携を模索して)

    風間俊治、藤木裕行、松本大樹、寺本孝司、長船康裕,日本設計工学会誌,47巻,5号,(頁 236 ~ 243),2012年09月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンタで作製したFRP板の自由振動特性に関する実験的検討

    松本大樹,太田佳樹,小川世大,第8回複合材料会議,日本複合材料学会,日本材料学会,第8回複合材料会議(JCCM-8)前刷原稿集,2017年03月16日,東京都

  • 超指向性スピーカによる薄板の音響加振に関する研究

    松本大樹,小川世大,第17回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 SI2016,計測自動制御学会,第17回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 SI2016,2016年12月15日,北海道札幌市

  • 貼り合わせミラーモデルの衝突時挙動

    菊池暁貴,松本大樹,D&D2016,日本機械学会,日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演論文集,2016年08月23日,山口県宇部市・山口大学

  • ガタを有するシャッタ羽根モデルの過渡運動挙動

    松本大樹,今関崇一朗,大塚光,D&D2016,日本機械学会,日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演論文集,2016年08月23日,山口県宇部市・山口大学

  • 打ち抜き加工された小孔から発生する空力騒音

    川向大介,松本大樹,D&D2016,日本機械学会,日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演論文集,2016年08月23日,山口県宇部市・山口大学

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2015年04月01日,製造技術分野,1750000(円)

  • 大企業

    2013年04月01日,製造技術分野,2000000(円)

  • 大企業

    2011年11月07日,製造技術分野,420000(円)

  • 中小企業

    2005年12月14日,製造技術・ものづくり技術分野,420000(円)

  • 中小企業

    2004年11月29日,製造技術・ものづくり技術分野,420000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2016年04月01日,製造技術分野,5000000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,製造技術分野,5000000(円)

  • 大企業

    2014年04月01日,製造技術分野,5000000(円)

  • 大企業

    2013年04月01日,製造技術分野,5000000(円)

  • 大企業

    2013年01月16日,製造技術分野,420000(円)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械航空創造系実験

    2017年度,学部

  • 機械力学

    2017年度,学部

  • 車のサイエンス

    2017年度,学部

  • 機械科学設計法

    2017年度,学部

  • 機械振動学

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 振動を工学する

    2010年04月,室蘭栄高等学校,室蘭工業大学,SSH,未設定

  • ブリッジコンテスト

    2009年,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • ブリッジコンテスト

    2008年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • ブリッジコンテスト

    2007年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • ブリッジコンテスト

    2006年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

全件表示 >>