Personnel Information

写真a

Kimura Katsutoshi


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Civil Engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • coast, port

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1982.03,Faculty of Engineering,土木工学科,Graduate

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    混成防波堤マウンド部の耐波浪および耐津波安定性に関する研究

Academic Society 【 display / non-display

  • The Japan Society of Civil Engineers

  • Japan Society of Ocean Policy

 

海岸における高波対策

人も魚も喜ぶ海岸づくりをめざして

Purpose of Research

環境にやさしい護岸の開発

高潮、高波の猛威から住宅や施設を守るため護岸が建設されてきたが、そのために藻場や干潟が失われた海岸も少なくない。災害を防止し、住民の安心・安全を確保することと、漁業者が前浜を利用できるようにすることを同時に満たす、環境にやさしい護岸の開発を行う。

Summary of Research

コンブやワカメが育つ新しい形式の護岸の開発

消波ブロックを用いず、しかもコンブやワカメが育つことのできるような新しい形式の護岸の開発研究をしている。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 防災機能はもちろん、環境にも優しく、人も楽しめるような海岸づくりを推進するためのアイデアの実用化
  • スリット型上部工を用いた消波型高基混成堤。比較的高いマウンドの上にスリット型上部工を設置した新しいタイプの護岸形状を開発しその水理特性や設計法を明らかにした。
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 越波量が小さいので高さを低減できる
  • 波の反射が少ない
  • 消波ブロックがないので見栄えが良い
  • 基礎マウンドは藻場形成に適した環境
 

Books 【 display / non-display

  • TSUNAMI-To Survive from Tsunami -2nd Edition-

    Coastal Development Institute of Technology,World Scientific,1.3 Hokkaido Mamsei-oki Earthquake Tsunami Disaster,(p.461),2018.06

  • TSUNAMI-To Survive from Tsunami

    World Scientific,1,(p.302),2010

  • TSUNAMI-津波から生き延びるために-

    高橋重雄・有川太郎・平石哲也・木村克俊ほか16名,丸善,1.3 北海道南西沖地震津波の災害,(p.194),2008.11

  • 新しい波浪算定法とこれからの海域施設の設計法

    土木学会,3,(p.256),2001.10

  • 港湾施設の技術上の基準・同解説

    社団法人日本港湾協会,2,(p.1181),1999.04

Papers 【 display / non-display

  • 沖合消波施設の構造形式・設置地盤高が越波流量に与える影響の実験的・数値的検討

    大塚健太,松井博幸,天野直哉,二階堂竜司,岩佐隆広,亀田知沙,五十嵐雄介,大西史哲,水野雄,山下俊彦,木村克俊,加藤史訓,平井康幸,土木学会論文集B2(海岸工学),vol.75,(2),(p.715 ~ 720),2019.10

  • 礫性海岸に建設されたスリット式護岸の波浪による摩耗事例の分析

    名越隆雄,木村克俊,嶋﨑皓輝,村上友翼,村田良英,土木学会論文集B3(海洋開発),vol.75,(2),(p.263 ~ 268),2019.06

  • 前浜浸透・滲出流を考慮した波打ち帯の飽和・不飽和斜面の漂砂輸送解析

    宮武誠、木村克俊、佐々真志, 白水元,土木学会論文集B2(海岸工学),vol.74,(2),(p.715 ~ 720),2018.11

  • 急斜面に続くリーフ上の消波護岸の高波被害事例の分析

    佐藤涼祐、木村克俊、横道立樹、名越隆雄,土木学会論文集B3(海洋開発),vol.74,(2),(p.263 ~ 268),2018.06

  • 国道231号石狩市浜益海岸道路における防波フェンスの設計と施工

    上久保勝美, 酒井和彦、木村克俊,佐々木理人,名越隆雄,上北正一,越智聖志,土木学会論文集B2(海岸工学),vol.73,(2),(p.859 ~ 864),2017.11

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Abrasion Damage pf Block Masonry Sewall on Gravel Coast due to Wave Action

    Narumi KOSEKI, Katsutoshi KIMURA, Koki SHIMAZAKI and Takao NAKOSHI,Joint Seminar on Environmental and Disaster Mitigation Research 2020,(p.54 ~ 55),2020.03,室蘭市

  • Design and Construction of a Wave Splash Barrier for a Coastal Road of Route 231 at the Hamamasu District of Ishikari City

    Nakoshi, T., K. Kimura, K. Kamikubo ,Twenty-eighth International Ocean and Polar Engineering ,The International Society of Offshore and Polar Engineers,2018.06,札幌市

  • Characteristics of Sediment Transport in Swash Zone due to Saturated-Unsaturated Sloped Beach

    M. Ochi,M. Miyatake, K. Kimura,Proceedings of the 34th International Conference on Coastal Engineering,ASCE,2014.06,ソウル

  • Vehicle Damagecaused by Wave Action on a Coastal Road behind a Block Mound Seawall

    K. Kimura, T. Shimizu, T. Takahashi, K. Kamikubo, Y. Yamamoto,Proceedings of Coastlab 2010,2010.09,バルセロナ

  • Wave Force and Wave Overtopping Characteristics of High Mound Composite Seawall for Oblique Wave Conditions

    M. Mori, Y. Yamamoto, K. Kimura,Proceedings of 5th Asian and Pacific Coasts,(p.344 ~ 349),2009,シンガポール

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 直立護岸に併設された斜路への波の集中特性に関する水理模型実験

    米本智泉・木村克俊・上久保勝美,土木学会北海道支部論文報告集,vol.第67巻,(p.CD-ROM ~ ),2011

  • 海岸道路を対象とした越波および打ち込み波圧に関する水理模型実験

    今井浩平,木村克俊,清水敏明,上久保勝美,土木学会北海道支部論文報告集,vol.第66巻,2010

  • (70) 高波浪による沿岸家屋被害とその対策に関する一考察

    吉野真史,木村克俊,土木学会北海道支部論文報告集,vol.第66巻,2010

  • 海岸道路を走行する車両に働く波圧に関する水理模型実験

    高橋翼,木村克俊,清水敏明,上久保勝美,山本泰司,土木学会北海道支部論文報告集,vol.65巻,2009

  • 大型波返工付スリット式護岸の水理特性

    澤田陽気,木村克俊,清水敏明,土木学会北海道支部論文報告集,vol.65巻,2009

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 海岸道路における流木を伴う越波による車両被害とその対策に関する検討

    神田魁斗,木村克俊,名越隆雄,令和元年度土木学会北海道支部研究発表会,土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集,2020.01.25,札幌市,日本

  • 高波による海岸鉄道の線路被害の再現実験

    村上樹生、木村克俊,令和元年度土木学会北海道支部研究発表会,土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集,2020.01.25,札幌市,日本

  • 国道453号支笏湖湖岸道路における越波による通行障害に関する検討

    名越隆雄,木村克俊,佐藤涼祐,アイン・ナターシャ,小松麻美,平成30年度土木学会北海道支部論文報告会,(公社)土木学会北海道支部,平成30年度土木学会北海道支部論文報告会論文報告集,2019.01.26,苫小牧市

  • 直積ブロック式護岸の前面における波浪による粗石の移動特性

    嶋崎皓輝,木村克俊,名越隆雄,高橋浩司,平成30年度土木学会北海道支部論文報告会,(公社)土木学会北海道支部,平成30年度土木学会北海道支部論文報告集,2019.01.26,苫小牧市

  • スリット式護岸の前面における波浪による粗石の移動特性

    第73回土木学会年次学術講演会,(公社)土木学会,第73回土木学会年次学術講演会講演概要集,2018.08.31,札幌市

display all >>

Patent and utility model acquisition 【 display / non-display

  • 越波予測装置

    日本,実願2007-1276,登録第3131683号

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 水理学II

    2019,Department

  • 海岸・海洋工学

    2019,Department

  • 港工学

    2019,Department

  • 土木実験

    2019,Department

  • 応用水理学

    2019,Department

display all >>