Personnel Information

写真a

Hama Yukio


Affiliation centers1, etc

Center of Environmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research

The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Building Materials

  • Concrete Engineering

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1986.03,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,建築工学専攻,Completed

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1984.03,Faculty of Engineering,建築工学科,Graduate

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    耐寒促進剤による寒中コンクリート施工技術に関する研究

Academic Society 【 display / non-display

  • 日本建築仕上学会

  • Japan Concrete Institute

  • Architectural Institute of Japan

  • RILEM

Academic prize 【 display / non-display

  • 日本コンクリート工学協会賞論文賞

    1998.05,日本コンクリート工学協会

  • コンクリート工学講演会優秀講演賞

    2000.07,日本コンクリート工学協会

  • 日本建築仕上学会論文奨励賞

    2001.05,日本建築仕上学会

  • コンクリート工学講演会優秀講演賞

    2001.07,日本コンクリート工学協会

  • セメント協会論文賞

    2004.05,セメント協会

display all >>

 

コンクリートのナノテクノロジー

寒冷地に建つコンクリート構造物の長寿命化

Purpose of Research

コンクリート構造物の劣化問題を改善

建築材料(コンクリートなど)の劣化問題に対する評価方法や改善方法、劣化予測等を研究することで、資源の無駄遣いを抑えることが可能となる。建物などのコンクリート構造物の劣化問題を改善して長寿命化させることは、環境問題の観点からも社会にとって必要になる研究である。

Summary of Research

コンクリートの中の穴の構造等の分布を気泡の制御で最適化

寒冷地に建つコンクリート構造物は凍害という劣化現象を引き起こす。 劣化のメカニズムを解明し、評価・予測することでコンクリート構造物を長寿命化させる。手法の一つとして、コンクリートの中の穴の構造や大きさの分布を、ナノオーダーの空隙・気泡の制御によって最適化する。 凍害劣化における劣化機構の解明、性能評価方法、劣化予測手法の開発、対策までを総合的に研究している。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • コンクリートの耐凍害性に対する評価・予測・開発
  • ばらつきの少ないものを目指したナノオーダーからコンクリートの空隙・気泡の制御
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • マクロからナノレベルまでの範囲で建築材料を評価・改善・開発
  • 建設の立場に立った材料を科学的に評価
 

Books 【 display / non-display

  • Recommendation for Design and Practice of Reinforced Concrete Building with Portland Blast-Furnace Slag Cement or Ground Granulated Blast-Furnace Slag

    鹿毛忠継,兼松学,閑田徹志,濱幸雄他15名,丸善,3.8.5 激しい凍結融解作用を受けるコンクリート,3.8.9 寒中コンクリート,4.2.4 凍害,(p.168),2017.09,978-4-8189-1077-5

  • コンクリートの劣化と補修がかわる本update

    和泉意登志,竹田宣典,古賀裕久,濱幸雄,神谷清志,長尾覚博,鳥取誠一,前田敏也,横関康祐,コンクリート新聞社,凍害によるコンクリートの劣化と対策,(p.127),2016.04,978-4-915849-93-0

  • 既存コンクリート構造物の維持管理と補修・補強技術に関する特別委員会報告書

    濱幸雄(分担),日本コンクリート工学会,4. コンクリートの劣化メカニズムを踏まえた将来予測と数値解析技術の高度化,2015.09

  • 建築工事標準仕様書・同解説 JASS5 鉄筋コンクリート工事

    濱幸雄(分担),丸善,12節 寒中コンクリート工事,(p.953),2015.07

  • 既存コンクリート構造物の性能評価指針2014

    日本コンクリート工学会,2014.11

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Investigation of the Relationship between Compressive Strength and Hydrate Formation Behavior of Low-Temperature Cured Cement upon Addition of a Nitrite-Based Accelerator

    Jihoon Kim, Daiki Honda, Heesup Choi, Yukio Hama,Materials,vol.12,(23),Article Number:3936,2019.11

  • 凍害劣化したRC梁の耐衝撃挙動に及ぼす劣化部位の影響

    栗橋祐介,野々村佳哲,今野久志,濱幸雄,戸上卓也,コンクリート構造物の補修, 補強, アップグレード論文報告集,vol.19,(p.447 ~ 450),2019.10

  • Modeling early age hydration reaction and predicting compressive strength of cement paste mixed with expansive additives

    Nguyen Duc Van, Hyeonggil Choi, Yukio Hama,Construction and Building Materials,vol.223,(p.994 ~ 1007),2019.10

  • 寒中コンクリート工事に影響する気候特性に関する考察

    深瀬孝之,谷口円,濱幸雄,日本建築学会技術報告集,vol.25,(61),(p.1039 ~ 1044),2019.10

  • 初期材齢時の凍結および施工時条件が繊維補強ポリマーセメントモルタルの強度性状に及ぼす影響

    乙茂内郁美,濱幸雄,コンクリート構造物の補修, 補強, アップグレード論文報告集,vol.19,(p.413 ~ 416),2019.10

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • STUDY ON PHYSICAL PROPERTIES OF GEOPOLYMER MORTAR USING RECYCLED FINE AGGREGATE

    Yuto YAMAZAKI, Nguyen Xuan QUY, Yukio HAMA, Jihoon KIM,Proceeding of the 13th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(p.167 ~ 172),2019.08

  • The Stability of Hollow Microspheres in Fresh Concrete

    Kosuke TAKAMURA, Ryosuke YASUDA, Nguyen Xuan QUY, Jihoon KIM, Yukio HAMA,Proceeding of the 13th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(p.72 ~ 78),2019.08

  • INFLUENCE OF THE RESTRAINED CONDITION ON MECHANICAL PROPERTIES AND FROST RESISTANCE OF EXPANSIVE ADDITIVE CONCRETE

    Nguyen Duc VAN, Emika KUROIWA, Nguyen Xuan QUY, Hyeoginggil CHOI, Yukio HAMA,Proceeding of the 13th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(p.205 ~ 211),2019.08

  • INFLUENCE OF CARBONATION ON FROST RESISTANCE OF CONCRETE WITH DIFFERENT FLY ASH REPLACEMENT RATIOS

    Takumi NOGUCHI, Ding ZHENZHAO, Nguyen Xuan QUY, Jihoon KIM, Yukio HAMA,Proceeding of the 13th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(p.212 ~ 217),2019.08

  • Influence of Early Age Freezing and Construction Conditions on Strength Properties of Fiber Reinforced Polymer Cement Mortar

    Ikumi OTOMONAI, Nguyen Xuan QUY, Jihoon KIM, Yukio HAMA,Proceeding of the 13th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(p.79 ~ 84),2019.08

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 寒冷地コンクリートの凍害対策と補修・補強工法の選定の考え方

    濱幸雄,防水ジャーナル,(551),(p.54 ~ 58),2017.10

  • コンクリート中に存在する気泡の役割と制御の解明に向けて《JCIコンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会の活動より》

    濱幸雄,緒方英彦,林大介,阿波稔,湯浅昇,新大軌,セメント・コンクリート,(839),(p.26 ~ 34),2017.01

  • 寒中コンクリート技術の課題と動向

    濱幸雄,コンクリートテクノ,vol.35,(1),(p.31 ~ 36),2016.01

  • 塗布含浸材による寒冷地のコンクリート劣化の抑制効果

    濱幸雄,防水ジャーナル,(p.62 ~ 66),2015.02

  • 初期養生における強度

    濱幸雄,建築技術,(p.122 ~ ),2014.04

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • ゾノトライト系軽量硬化体の細孔構造が乾燥収縮挙動に及ぼす影響

    高村光祐,佐藤亮太,今澤公一,濱幸雄,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)A-1(材料施工),(p.1509 ~ 1510),2019.09

  • 繊維補強ポリマーセメントモルタル(FRPCM)の諸性状に及ぼす細骨材とポリマーの種類の影響

    乙茂内郁美,濱幸雄,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)A-1(材料施工),(p.165 ~ 166),2019.09

  • 住宅基礎を対象とした寒中コンクリート工事の合理化その2.初期凍害の診断

    谷口円,佐川貴康,濱幸雄,高橋光一,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)A-1(材料施工),(p.185 ~ 186),2019.09

  • 亜硝酸カルシウムを添加したモルタルの水和挙動と強度発現性に関する研究

    本多大希,濱幸雄,金志訓,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)A-1(材料施工),(p.353 ~ 354),2019.09

  • 九州におけるコンクリート構造物の凍害に関する研究メッシュ平年値を用いた凍害リスク評価

    阿武稔也,小山智幸,濱幸雄,湯浅昇,伊藤是清,日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)A-1(材料施工),(p.409 ~ 410),2019.09

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • フライアッシュを用いたコンクリートの中性化と凍害の複合劣化に関する研究

    丁振朝,日本建築学会北海道支部研究発表会,日本建築学会,日本建築学会北海道支部研究報告集No.91,2019.06.29,北海道・札幌市

  • Influence of early frost damage on bond strength between cement paste and aggregate of concrete

    Mayuko FURUDATE,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019.03.01,室蘭,日本

  • Study on Correspondence Between Early Age Frost Damage Diagnosis Methods And Mortar of Wet Color by Water

    Jiahui CUI,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019.03.01,室蘭,日本

  • Study on Properties of Fly Ash Concrete and Blast-Furnace Slag Concrete with Various Replacement Ratios

    Zhenzhao DING,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019.03.01,室蘭,日本

  • Study on Improvement of Frost Resistance of Mortar using Slicone Oil

    Ryosuke YASUDA,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019.03.01,室蘭,日本

display all >>

Patent and utility model acquisition 【 display / non-display

  • 高炉セメントコンクリート用のフレッシュコンクリート

    日本,特願2016-139322,特開2018-008848

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 技術者倫理(建築学コース)

    2019,Department

  • 建築材料Ⅰ

    2019,Department

  • 建築施工

    2019,Department

  • 建築材料実験

    2019,Department

  • 建築材料II

    2019,Department

display all >>