基本情報

写真a

太田 勝久

オオタ カツヒサ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 量子化学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学・大学院

    1982年,博士後期,工学研究科,石油化学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 京都大学

    1977年,工学部,石油化学科,卒業

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本化学会

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Recent Research Developments in Quantum Chemistry

    K.Ohta,Transworld Research Network,Pathanalysis of electron transfer reactions. Electronic flux and canonical collective coordinates,(頁 141),2000年

  • New Horizons of Quantum Chemistry

    K.Morokuma ・ S.Kato ・ K.Kitaura ・ S.Obara ・ K.Ohta ・ H.Hanamura,Reidel,Potential energy surface of chemical reactions,1983年

論文 【 表示 / 非表示

  • Gauging away the electron-electron interaction by the local phase of complex wave functions in two-electron systems

    Katsuhisa Ohta ,Journal of Mathematical Chemistry,55巻,1号,(頁 98 ~ 104),2017年01月

  • Application of pseudo-diabatic electronic states buried in Hartree-Fock wavefunctions to describe bond dissociation processes

    T. Murakami ・ K. Ohta,Computational and Theoretical Chemistry,1065巻,(頁 1 ~ 6),2015年08月

  • Nonsingular constraints in time-dependent variational principle for parametrized wave functions

    Katsuhisa Ohta,International Journal of Quantum Chemistry,113巻,2号,(頁 161 ~ 170),2013年01月

  • Intuitive Local Picture for Spin Polarization of Chemical Bonds

    K.Ohta ・ T.Sakai,International Journal of Quantum Chemistry,110巻,(頁 1172 ~ 1187),2009年

  • Sensitivity analysis as the geodesic deviation. Addedum to

    K.Ohta,Physcal Review A,73巻,4号,(頁 044502(1) - 044502(4) ~ ),2006年

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 時間依存変分法における拘束条件

    太田勝久,分子科学討論会,分子科学会,分子科学討論会講演要旨集,(頁 2P096),2010年09月14日,大阪府・豊中市

  • 化学結合スピン分極の局所的指標:結合内スピン分極とその伝播機構

    太田勝久、酒井俊和,分子科学討論会,分子科学会,分子科学討論会講演要旨集,(頁 3P107),2008年09月24日,福岡・福岡

  • 化学結合における電子スピン分極の理論的研究

    酒井俊和、太田勝久,日本化学会北海道支部夏季研究発表会,日本化学会北海道支部,講演要旨集,2008年07月19日,北海道・北見市

  • UHF波動関数における化学結合スピン分極の局所的指標

    太田勝久、酒井俊和,分子科学討論会,分子科学会,分子科学討論会講演要旨集,2007年09月19日,宮城・仙台市

  • 多中心ラジカル分子のスピン分極に関する理論的研究

    酒井俊和、太田勝久,日本化学会北海道支部夏季研究発表会,日本化学会北海道支部,講演要旨集,2007年07月22日,北海道・旭川市

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 電子移動反応における多電子波動関数の時間発展理論-集団座標の分離とダイナミクス-

    2005年度 ~ 2006年度,基盤C一般,17550003

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎化学

    2017年度,学部

  • 量子化学

    2017年度,学部

  • 応用化学プレゼンテーション技法バイオシステムプレゼンテーション技法

    2016年度,学部

  • 分子分光学

    2016年度,学部

  • 量子化学

    2016年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 分子科学特論

    2008年08月08日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許法認定公開講座,講演

  • 化学結合とはなんだろう?

    2003年08月02日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学オープンキャンパス,未設定