基本情報

写真a

世利 修美

セリ オサミ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

www.mmm.muroran-it.ac.jp/~seri/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金属材料の劣化

  • 機械材料

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腐食,表面処理、軽金属

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東京大学・大学院

    1985年03月,博士後期,工学系研究科,金属工学,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東京大学

    1980年03月,工学部,金属工学科,卒業

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 軽金属学会

  • 表面処理協会

  • 腐食防食協会

  • 日本機械学会

  • 日本金属学会

 

表面処理によるアルミニウムの耐食性改善

アルミニウム腐食の原因を元から絶ちます

研究開発の目的

高品質のアルミリサイクル製品をつくる

環境問題にも対応するため,アルミニウムのリサイクルを考えるとき,不純物(金属間化合物)の除去が必要になる。表面の数ミクロンの金属間化合物の存在が錆びる原因である。その金属間化合物を取り除けば腐食は起こらない。取り除いた後には表面に凹部ができるので,メッキを施し,腐食を防ぐ。

研究開発の概要

錆びる原因をきれいに除去する技術

アルミニウムの腐食形態は局部腐食である。表面の数ミクロンの金属間化合物の存在が錆びる原因であったが,それをきれいに取り除く技術「カソード処理(CTNA処理)を発見した。独自の技術であるカソード処理(CTNA処理)すれば腐食を防ぐことができて,さらに凹部の奥までメッキがかかり,強い付着力で密着性が高くなる。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • マイナスの直流電源で金属間化合物を除去する技術であるカソード処理(CTNA処理)
  • カソード処理(CTNA処理)
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • アルミニウムの表面は酸素と結合しやすく,参加被膜ができてメッキが付きづらいが,酸化被膜が付く前に,金属間化合物を取り除いた表面に,ニッケルリンメッキをすれば密着性が向上
  • 特許出願済
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気化学/インピーダンス測定のノウハウと正しいデータ解析

    世利修美(分担),技術情報協会,アルミニウムの分極曲線とその解析法,(頁 756),2013年05月

  • Aluminium Alloys volume2

    O.Seri,WILEY-VCH,Improvement of Corrosion Resistance of Al-Mg-Si Aluminum Alloy 6063 by Selective Removal of Intermetallic Compound Phases,(頁 2450),2008年09月

  • 金属材料の腐食と防食の基礎

    世利修美,成山堂書店,(頁 204),2006年

  • 腐食防食ハンドブックCD-ROM版(第2版)

    世利修美,丸善,アルミニウム合金の腐食,2005年

  • 鋳物・ダイカストの品質評価技術ハンドブック

    社団法人日本鋳造工学会編集委員会,社団法人日本鋳造工学会,腐食電位測定,(頁 224),2005年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Differentiating polarization curve technique for determining the exchange current density of hydrogen electrode reaction

    Osami Seri, Yoshiki Itoh,Electrochimica Acta,218巻,(頁 345 ~ 355),2016年10月

  • 過酸化水素とアンモニアの混合水溶液中のチタンの分極曲線とその解析

    藤井麻希,世利修美,軽金属,66巻,7号,(頁 352 ~ 358),2016年07月

  • 蟻の巣状腐食対策のための銅管表面処理法の開発

    清川 幸一,世利 修美,日本銅学会誌,55巻,1号,(頁 135 ~ 139),2016年07月

  • 銅管に発生する蟻の巣状腐食とその解析

    世利修美,一宮洋風,境昌宏,材料と環境,65巻,1号,(頁 31 ~ 38),2016年05月

  • 異種金属接触腐食を模擬したAl/Cu対試験片の分極曲線と分極抵抗曲線

    村上大,世利修美,島村亮,木村真澄,軽金属,65巻,9号,(頁 389 ~ 395),2015年09月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Estimation of Corrosion Rate and Electrochemical Characteristic of Aluminum in Acid Solution

    Osami SERI,Yuji HOSOI and Daichi SASAKI,16th-Asian Pacific Corrosion Control Conference,(頁 0041 ~ ),The Corrosion Engineering Association of the R.O.C.,2012年,Taiwan

  • Improving ofcorrosion resistance of aluminum alloys by removing intermetallic compounds

    Osami Seri,International Corrosion Engineering Conference,1巻,RLM-K-2号,(頁 1 ~ 5),Korea Corrosion Society,2007年,Seoul

  • Improvement of corrosion resistance for aluminum by selective removal of FeAl3 intermetallic compounds exposed on surface

    Osami Seri and Ken Ozawa,Asian-Pacific Corrosion Control Conference,13巻,(頁 D301 ~ ),Japan Society of Corrosion Engineering,2003年,Osaka

  • The new type pitting corrosion of coper tubes in tap water

    Masahiro Sakai and Osami Seri,Asian-Pacific Corrosion Control Conference,13巻,(頁 C102 ~ ),Japan Society of Corrosion Engineering,2003年,Osaka

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 高純度なIGZOを安価で簡単に作製する方法

    世利修美,ケミカルエンジニアリング,61巻,9号,(頁 70 ~ 74),2016年09月

  • 金属の腐食反応を用いたアルコキシドの大量生産方法

    世利修美,ケミカルエンジニヤリング,58巻,11号,(頁 825 ~ 830),2013年11月

  • アルミニウム腐食の基礎

    世利修美,防錆管理,57巻,3号,(頁 90 ~ 97),2013年

  • 銅管のマウンドレス型孔食

    境昌宏、世利修美,材料と環境,57巻,4号,(頁 172 ~ 179),2008年

  • アルミニウムの腐食・防食研究における電位-pH図と分極曲線の基礎

    世利修美,軽金属,57巻,8号,(頁 371 ~ 380),2007年

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 架空送電線の電線腐食現象

    架空送電線の電線劣化(腐食)現象調査専門委員会編,電気学会,968号号,(頁 3 ~ 90),2004年06月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アルミニウム及びその合金の腐食挙動の解析

    世利修美,新井田要一,軽金属学会春期大会,軽金属学会,第120回軽金属学会春期大会講演概要,(頁 41-42),2011年05月20日,愛知県・名古屋市

  • 酢酸中のアルミニウムの腐食藩王を用いたムライトの作製

    世利修美、和田佳之、新井田要一,軽金属学会秋期大会,軽金属学会,第119回軽金属学会秋期大会講演概要,(頁 425-426),2010年11月13日,新潟県・長岡市

  • 腐食合成法を用いた高純度Al-Mgスピネルの作製

    佐々木大地、世利修美、新井田要一,軽金属学会秋期大会,軽金属学会,第119回軽金属学会秋期大会講演概要,(頁 125~126),2010年11月13日,新潟県・長岡市

  • 有機溶媒中のアルミニウムの腐食反応を活用したムライトの作製

    世利修美,神山裕行,新井田要一,軽金属学会春期大会,軽金属学会,第118回軽金属学会春期大会講演概要,(頁 197-198),2010年05月22日,大阪府・大阪

  • ギ酸カリウム水溶液中の銅管の腐食発生

    世利修美、藤原賢彰、水谷佳一、山田豊,材料と環境討論会,腐食防食協会,材料と環境2010講演集,(頁 345-347),2010年05月12日,東京都・東京都

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2016年06月01日,ナノテクノロジー・材料分野,0(円)

  • 大企業

    2015年12月23日,ナノテクノロジー・材料分野,1000000(円)

  • 大企業

    2015年10月29日,ナノテクノロジー・材料分野,1000000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,2000000(円)

  • 大企業

    2014年12月22日,ナノテクノロジー・材料分野

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2016年06月01日,フロンティア分野,390000(円)

  • 中小企業

    2014年06月30日,製造技術分野,999000(円)

  • 独立行政法人

    2013年01月01日,ナノテクノロジー・材料分野,6723600(円)

  • 独立行政法人

    2011年08月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1700000(円)

  • 公益法人等

    2008年04月01日,環境分野,468300(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 腐食反応を応用したアルミニウムアルコキシドの作製

    2010年度 ~ 2012年度,基盤C一般,22560711

  • アルミニウム材の耐食性を向上させるための選択溶解と表面処理技術の開発

    2003年度 ~ 2004年度,基盤C一般,15560615

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 複酸化物の製造方法

    日本,特願2010-253493,特開2012-101989,5920685

  • 高純度Siの製造方法

    日本,特願2009-033323,特開2010-189209,特許第4389015号

  • 金属アルコキシドの製造法

    日本,特願2008-121135,みなし取り下げの為公開番号なし

  • 金属アルコキシドの製造方法

    日本,特願2008-234186,特開2009-292803

  • IGZOの製造方法

    日本,特願2015-51882,特開2016-169140

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械科学セミナー

    2016年度,学部

  • 機械材料学

    2016年度,学部

  • 機械航空創造系概論

    2016年度,学部

  • 機械材料学

    2016年度,学部

  • 工業数学

    2016年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 金属材料の腐食と防食の基礎

    2006年03月,世利修美, (頁 192),成山堂書店

  • 配布冊子(工科系大学への補習数学)

    2004年04月,世利修美, (頁 63)

  • 配布資料(軽構造工学)

    2003年,世利修美, (頁 22)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • アルミの腐食防食技術

    2005年11月18日,横浜国立大学,札幌市,横浜国立大学大学院工学研究院公開講座,講演

  • 軽構造工学

    2003年08月02日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許法認定公開講座,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • アルミニウムの防食技術およびアルコキシドの作製とその応用

    2009年09月10日,日本アルミニウム協会

  • アルミニウムの腐食・防食に関する基礎知識

    2009年01月21日,矢崎総業(株)

  • カソード処理によるアルミニウム表面の金属間化合物の選択除去

    2008年09月11日,表面技術協会

  • 腐食現象の基礎理論

    2008年03月04日,中部電力

  • 架空送電線の腐食現象とその保守

    2008年01月15日,北日本電線(株)

全件表示 >>

研修 【 表示 / 非表示

  • 建築設備の防食技術

    2009年,室蘭工業大学CRDセンター,サン・リフレ函館,室蘭工業大学CRDセンター高度技術研修,講演

  • 金属材料における腐食・防食メカニズム

    2008年,技術情報協会,東京都立産業貿易センター,技術講習会,講義

  • 建築設備の防食技術

    2008年,室蘭工業大学CRDセンター,札幌,室蘭工業大学CRDセンター高度技術研修,講演

  • 耐食送電線の研究開発

    2008年,(株)北日本電線,室蘭工業大学CRDセンター,耐食送電線の研究開発,講演

  • 建築設備の防食技術

    2008年,室蘭工業大学CRDセンター,東京渋谷区 青山オーバルビル,室蘭工業大学CRDセンター高度技術研修,講演

全件表示 >>

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 金属材料の腐食事例の解析とその対策

    2010年,技術情報教会,東京都,金属腐食セミナー,未設定

  • 金属アルコキシドの低コスト、高効率な新規製造法

    2008年,JST,東京国際フォーラム,イノベーションjapan,未設定

  • 軽金属材料の開発、 マグネシウムを取り巻く世界動向

    2007年11月22日,軽金属学会北海道支部,室蘭工業大学CRDセンター,平成19年度軽金属学会・北海道支部セミナー講演,未設定

  • アルミニウム産業の現状:台湾における軽金属産業の現状と将来の展開

    2005年02月01日,軽金属学会北海道支部,室蘭工業大学CRDセンター会議室,軽金属学会北海道支部の特別講演,未設定

  • 材料の腐食特性2(銅,アルミニウム,チタン)

    2003年12月03日,(社)腐食防食協会,東京工業大学百年記念館,第29回腐食防食入門講習会,未設定

全件表示 >>