基本情報

写真a

飯森 俊文

イイモリ トシフミ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 固体物性・光物性

  • 外場効果

  • 表面・界面

  • 非線形分光学

  • 分子分光学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分光学会

  • 光化学協会

  • 分子科学会

  • イオン液体研究会

  • 応用物理学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会北海道支部奨励賞

    2011年02月02日,日本化学会北海道支部

  • 光化学協会奨励賞

    2012年09月13日,光化学協会

  • Outstanding Research Achievement and Contribution to APSMR2019 Annual Meeting Keynote Presentation

    2019年07月29日,Asia Pasicif Society for Materials Research

 

分子フォトニクスの学理と物質開発

a

研究開発の目的

研究目的

高分子や有機薄膜は分子機能材料の代表例として良く知られている。これらの物質は無機物質をベースとした材料に比べて構造の柔軟性が高く、ソフトマターとよばれることもある。ソフトマターは、柔軟性を生かしたフレキシブルデバイスへの応用などが期待されている。当研究室では、ソフトマターやナノ粒子を用いた光機能の実現を目指すとともに、その構造・基礎物性・メカニズムの解明にも取り組んでいる

研究開発の概要

概要

陽イオンと陰イオンで構成される物質を塩(えん)と呼ぶ。塩は、一般的に室温では固体状態(結晶)になり、高温にならないと融解しない。しかし最近、金属錯体の陰イオンと有機分子の陽イオンを組み合わせることで、融点が100℃以下のイオン液体を合成できることが知られるようになった。イオン液体の磁気光学効果を研究することで高性能な磁気光学液体材料の開発につながると期待している。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 液体材料を用いることにより構造フレキシビリティーが高い磁気光学デバイスが開発できる
  • 磁気光学効果を利用した光デバイス分野
  • 様々な磁性イオンを自由にデザイン可能
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 構造変更が容易、デバイス製造のコスト低減、放熱
  • 特願2016-165627
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 発光の事典

    飯森俊文,朝倉書店,3.3.5. 変調分光法、5.3.6. 発光への磁場効果、5.3.7. 発光への電場効果,(頁 788),2015年09月,978-4-254-10262-8

  • Molecular Electronic and Related Materials - Control and Probe with Light

    Toshifumi Iimori, Toshio Naito, Nobuhiro Ohta,Transworld Research Network,Synergy effects of photoirradiation and applied voltage on electrical conductivity of α-(BEDT-TTF)2I3,(頁 328),2010年01月,978-8178954608

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic moment distribution in nanosized antiferromagnetic NiO

    Toshifumi Iimori, Yuya Imamoto, Nobuya Uchida, Yudai Kikuchi, Keita Honda, Takashi Iwahashi, Yukio Ouchi,Journal of Applied Physics,127巻,2号,(頁 023902),2020年01月

  • Effect of rigidity of microenvironment on fluorescence of 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane (TCNQ)

    Toshifumi Iimori, Takumi Ishikawa, Yuto Torii, Honami Tamaya, Hideyuki Nakano, Mao Kanno,Chemical Physics Letters,2019年11月

  • Photophysics and Inverted Solvatochromism of 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane (TCNQ)

    H. Tamaya, Y. Torii, T. Ishikawa, H. Nakano and T. Iimori,ChemPhysChem,20巻,(頁 2531 ~ 2538),2019年09月

  • Effect of an External Electric Field on the Fluorescence of a π-Conjugated Polymer Film of P3HT Sandwiched between FTO and PMMA

    Awasith, K.; Chiou, C-S.; Iimori, T.; Diau, E. W-G.; Ohta, N.,The Journal of Physical Chemistry C,123巻,20号,(頁 12647 ~ 12658),2019年04月

  • Laser spectroscopy and lifetime measurements of the S1 state of tetracyanoquinodimethane (TCNQ) in a cold gas-phase free-jet

    N. Chaki, S. Muramatsu, Y. Iida, S. Kenjo, Y. Inokuchi, T. Iimori, T. Ebata,ChemPhysChem,20巻,8号,(頁 996 ~ 1000),2019年03月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 分子フォトニクスの学理と物質開発

    飯森俊文,Letters from Muroran IT,58巻,(頁 3),2018年12月

  • 磁気光学機能材料としてのイオン液体

    飯森俊文,ファインケミカル,47巻,9号,(頁 19 ~ 25),2018年09月

  • 光と電場による有機導体とイオン伝導体の電気伝導制御

    飯森俊文・太田信廣,応用物理,85巻,6号,(頁 466 ~ 473),2016年06月

  • 超伝導状態を光で誘起できるか?

    太田信廣・飯森俊文,現代化学,483巻,(頁 38 ~ 44),2011年06月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 機能性分子の電子状態計算

    飯森俊文,自然科学研究機構分子科学研究所 共同利用研究 計算科学研究センター施設利用報告書,2018年

  • 分子磁性材料の合成とラマンスペクトルの測定

    飯森俊文,今本裕也,分子・物質合成プラットフォーム 利用報告書,2018年

  • 発光材料の作成とラマンスペクトルの測定

    飯森俊文,玉谷穂菜美,分子・物質合成プラットフォーム 利用報告書,2017年

  • 有機材料の膜厚測定

    伊藤隆一,飯森俊文,ナノテクプラットフォーム事業利用報告書,2016年

  • 分子機能性材料の電子状態と光励起ダイナミクスの解明

    飯森 俊文・伊藤 隆一・今村 崇人・阿部 佑哉・太田 信廣,物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成26年度),(頁 2014027 ~ ),2015年03月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • チオシアナトセリウム(III)酸イオンを用いた液体発光材料の合成

    須川寛人・飯森俊文,日本化学会第100春季年会,日本化学会,日本化学会第100春季年会,(頁 4D3-36),2020年03月25日,埼玉

  • TCNQのinverted solvatochromismと光励起状態ダイナミクス

    玉谷穂菜美・鳥井悠人・石川拓・中野英之・飯森俊文,日本化学会第100春季年会,日本化学会,日本化学会第100春季年会,(頁 2D2-02),2020年03月23日

  • 反強磁性体NiOナノ粒子の磁気モーメント分布と磁気構造

    飯森 俊文,今本 裕也,打田 敦也,菊地 雄大,本田 桂太,第67回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第67回応用物理学会春季学術講演会,(頁 13p-D305-11),2020年03月13日,東京

  • テトラシアノキノジメタンの電場吸収スペクトル

    春藤健介・飯森俊文,化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会,2020年01月28日,札幌,日本

  • スクロースを原料とした蛍光性カーボンドットのマイクロ波合成と溶媒による発光色チューニング

    尾田圭介・飯森俊文,化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会,2020年01月28日,札幌,日本

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 分子をベースとしたソフトな磁気光学マテリアルの研究

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K05950

  • 光学測定による強磁性と自発分極の評価手法の開発

    2013年度 ~ 2014年度,若手研究(B),25870018

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • ファラデー回転子、磁気光学デバイス及び光アイソレータ

    日本,特願2016-165627,特開2017-045057

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 短期インターンシップ(応用科学コース)

    2019年度,学部

  • 物理化学A

    2019年度,学部

  • 技術者倫理(応用化学コース・バイオシステムコース・応用物理コース)

    2019年度,学部

  • 化学実験

    2019年度,学部

  • 化学実験

    2019年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学オープンキャンパス  オープンラボ 「光を使ってスペクトルを測ってみよう」

    2018年08月04日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,講演

  • 室蘭工業大学オープンキャンパス オープンラボ 「光と量子のケミストリー」

    2017年08月05日,室蘭工業大学,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • 分光を軸とした光機能性ソフトマターの学理解明と物質開発(日本分光学会招待講演)

    2020年03月02日,日本分光学会

  • インターンシップについて

    2019年10月24日,室蘭工業大学応用理化学系学科在学生セミナー

  • 大きな磁気光学効果を示す液体とその光デバイス応用

    2019年07月10日,室蘭工業大学地方創生研究開発センター研究協力会総会

  • 磁気光学機能材料としてのイオン液体(日本化学会北海道支部・招待講演)

    2018年10月09日,日本化学会北海道支部室蘭地区化学講演会

  • シュタルク分光によるイオン液体の電子構造とルブレンの光化学反応の研究(神奈川大学・招待講演)

    2018年05月25日,神奈川大学総合理学研究所

全件表示 >>

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Materiome Research 2019

    Muroran,委員長,Japan

  • Joint Seminar Joint Seminar of Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017 (JSED2017)

    Muroran,Committee

  • 第35回固体・表面光化学討論会

    室蘭,委員

  • 日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会

    室蘭,委員

  • 第31回化学反応討論会

    札幌,委員

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分光学会編集委員会

    2018年07月01日 ~ 2020年06月,委員,全国

  • 編集委員会

    2016年05月01日 ~ 2018年06月30日,委員,(公社)日本分光学会,全国

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所専門調査員

    2019年度

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • 台湾国立交通大学との共同研究

    台湾国立交通大学,2017年12月 ~ 2018年12月

  • 台湾国立交通大学との共同研究

    台湾(中華民国),台湾国立交通大学,2016年12月 ~ 2017年12月