基本情報

写真a

佐藤 孝紀

サトウ コウキ


所属センター等1

環境科学・防災研究センター

担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/gel/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • プラズマエレクトロニクス

  • エネルギー学

  • 高電圧工学

  • 電子・電気材料工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 放電分解,ガス浄化,水素生成

  • プラズマ診断,コンピュータシミュレーション

  • バリア放電, パックドベッド放電,パルス放電, コロナ放電

  • 放電浄化処理,放電分解, 放電改質

  • 放電基礎過程,気体放電

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 放電プラズマによる脱硫技術開発

    2015年04月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学大学院

    1989年03月,修士,工学研究科,電気工学専攻,修了,日本

  • 北海道大学大学院

    1991年03月,博士後期,工学研究科,電気工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1986年03月,工学部,電気工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

    モンテカルロ法による電子ドリフト速度に関する研究 -実験から得られる電子ドリフト速度と理論電子ドリフト速度の対応-

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

  • 応用物理学会

  • 放電学会

  • 電気設備学会

  • 照明学会

 

放電プラズマによる環境・エネルギー分野への応用

放電プラズマによる環境汚染物質処理および未利用エネルギー資源利用支援

研究開発の目的

環境汚染物質を安全に処理するとともに、エネルギー資源としての使用を目指す

人類が作ってきた化学物質により,人体に悪影響を及ぼしたりと環境汚染が問題になっている。21世紀の科学として失われた環境を回復させるのは我々の責務である。工学部として今までの知識と技術を集めて,化学物質などの部の遺産を取り除く方法を考えていきたい。また、新たなエネルギー資源開発等への放電プラズマ利用を検討する

研究開発の概要

プラズマの高エネルギー粒子で化学物質の分解や殺菌、エネルギー資源の改質

最新の技術を駆使して過去を清算する。また,環境汚染物質を排出しないシステムをつくるため,ダイオキシンや揮発性有機化合物などを発生源で分解処理できる放電プラズマリアクタを開発する。放電プラズマ中に高密度で存在する高エネルギー粒子(電子・イオン・励起分子・ラジカル)の挙動を,環境汚染物質分解に適合するようにコントロールする方法を確立させる。高エネルギー粒子を利用したケミカルフリーな殺菌方法を開発する。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 放電による環境汚染物質分解過程を解明する
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 今までのパルス放電やバリア放電よりもソフトな放電を広い体積で作って処理物質に当てることが可能
  • 特許出願済(2件)
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 液界面プラズマの実験・計算モデル

    安岡康一、伊藤晴雄、大久保雅章、小田昭紀、小野茂、金澤誠司、佐藤孝紀、白藤立、竹内希、見市知昭、池田圭、佟立柱、高奈秀匡,電気学会,3.1 H2O vapour の電子衝突断面積と輸送係数・ラジカル等生成係数、4.3 FT-IR による赤外吸収分光測定,(頁 70),2015年03月

  • 電気学会125年史

    日高邦彦他,電気学会,-章-8 プラズマ化学,(頁 767),2013年10月

  • 電気学会技術報告書「放電基礎パラメータと放電応用技術の最前線」

    伊藤晴雄、明石治朗、佐藤孝紀、鈴木 進、内田 諭、太田幸治、小田昭紀、小方誠司、柏木康秀、加藤太治、熊田亜紀子、近藤敬一、酒井洋輔、佐々木典彦、志村尚彦、末富英一、須田善行、菅原広剛、武田章秀、寺西研二、中村義春、湯本雅恵,電気学会,パルス放電による細菌処理、環境汚染化学物質処理,(頁 100),2010年04月

  • 教育実践報告「室蘭工業大学はこんな授業で勝負する」

    菅野光公、亀田正人、門沢健也、杉岡正敏、松名隆、花島直彦、新井隆景、安居光国、野村滋、寺島実郎、橋本邦彦、田村亨、福田明治、丸山博、板倉賢一、山田深、桂田英典、佐藤孝紀、矢吹信喜、福田潮,室蘭工業大学,少人数ゼミナールを実施して,(頁 267),2002年05月

論文 【 表示 / 非表示

  • Monitoring and evaluation of simulated underground coal gasification in an ex-situ experimental artificial coal seam system

    Fa-qiang Sua, Akihiro Hamanaka, Ken-ichi Itakura, Wenyan Zhangd, Gota Deguchi, Kohki Sato, Kazuhiro Takahashi, Jun-ichi Kodama,Applied Energy,223巻,(頁 82 ~ 92),2018年08月

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化システムにおける燃焼・ガス化の制御に関する研究

    濱中晃弘、蘇発強、板倉賢一、高橋一弘、佐藤孝紀、児玉淳一、出口剛太,Journal of MMIJ,134巻,7号,(頁 81 ~ 90),2018年07月

  • パックトベッド放電による石炭ガス化ガスの改質

    細井 彰悟, 高橋 一弘, 佐藤 孝紀, 板倉 賢一, 電気学会論文誌A,138巻,2号,(頁 44 ~ 49),2018年02月

  • Expression of longitudinal third-order transport coefficient in terms of α parameters and its validity

    Satoru Kawaguchi, Kazuhiro Takahashi and Kohki Satoh,Plasma Sources Science and Technology,2018年

  • Ex-situ Model Experiment for Development of Compact Underground Coal Gasification (UCG) System

    Akihiro Hamanaka, Faqiang Su, Ken-ichi Itakura, Kouki Sato, Kazuhiro Takahashi, Gota Deguchi, Jun-ichi Kodama,Modern Environmental Science and Engineering,2巻,9号,(頁 599 ~ 605),2017年03月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Gasification of Biomass Chips in a UCG Reactor

    Takuya Hara, Hidenori Inomata, Kazuhiro Takahasi, Kohki Sato, Gota Deguchi and Ken-ichi Itakura,Abstract of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(頁 137 ~ 138),Muroran Institute of Technology,2018年03月,Muroran

  • Calculation of reactive oxygen/nitrogen species in water exposed to pulsed-discharge plasma using rate-equation analysis

    Kazuhiro Takahashi, Satoru Kawaguchi, Kohki Satoh, Hideki Kawaguchi, Igor Timoshkin, Martin Given, and Scott MacGregor,Abstract of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(頁 51 ~ 52),Muroran Institute of Technology,2018年03月,Muroran

  • Measurement of electron transport coefficients in CH4 gas using double-shutter drift tube

    Daichi Yamaguchi, Kazuhiro Takahashi and Kohki Satoh,Abstract of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(頁 53 ~ 54),Muroran Institute of Technology,2018年03月,Muroran

  • Improving the efficiency of H2S removal from a digestion gas by a packed-bed dielectric barrier discharge

    Daichi Uehara, Kazuhiro Takahashi and Kohki Satoh,Abstract of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(頁 55 ~ 56),Muroran Institute of Technology,2018年03月,Muroran

  • Compact Co-axial UCG System for Field Trials

    Ken-ichi Itakura, Akihiro Hamanaka, Faqiang Su, Hidenori Inomata, Kazuhiro Takahashi, Kohki Satoh, Yukio Hama, Jun-ichi Kodama, Takayuki Sugawara and Gota Deguchi,Abstract of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(頁 67 ~ 68),Muroran Institute of Technology,2018年03月,Muroran

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 電子スオーム法による水蒸気中の電子衝突断面積の高精度な推定

    川口悟、佐藤孝紀,J. Plasma Fusion Res.,93巻,2号,(頁 74 ~ 82),2017年

  • 特集:放電プラズマによる環境改善技術 「放電プラズマによる環境汚染化学物質処理」

    佐藤孝紀,電気学会誌,11号,(頁 745 ~ 747),2011年11月

  • 特集:放電プラズマによる環境改善技術 「特集にあたって」

    佐藤孝紀,電気学会誌,11号,(頁 740 ~ ),2011年11月

  • プラズマの技術の新しい挑戦、 「水上放電プラズマによる環境汚染物質処理」

    佐藤孝紀,化学工業,61巻,5号,(頁 1 ~ 7),2010年04月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • TMS vapourおよびTEOS vapourの電子衝突断面積

    川口 悟,佐藤孝紀,高橋一弘,伊藤秀範,電気学会放電研究会資料,(頁 29 ~ 34),2016年03月

  • 電子スオーム法によるH2O vapourの電子衝突断面積の推定

    川口 悟,佐藤孝紀,伊藤秀範,電気学会 プラズマ・パルスパワー・放電合同研究会資料,(頁 55 ~ 60),2015年06月

  • プラズマ照射水中のROS/RNSの生成特性

    高橋一弘,佐藤孝紀,伊藤秀範,川口秀樹,Timoshkin Igor,Given Martin,MacGregor Scott,電気学会 プラズマ・パルスパワー・放電合同研究会資料,(頁 9 ~ 14),2015年06月

  • SiF4の電子衝突断面積

    川口 悟,佐藤孝紀,伊藤秀範,電気学会 パルスパワー・放電研究会資料,(頁 9 ~ 14),2014年05月

  • 大気圧プラズマジェットの発光分光診断

    川浪迅人,佐藤孝紀,伊藤秀範,電気学会 パルスパワー・放電研究会資料,(頁 5 ~ 8),2014年05月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学三笠石炭地下ガス化炭鉱における実験成果につ いて

    板倉賢一、出口剛太、濱中晃弘、猪股英紀、蘇発強、高橋一弘、佐藤孝紀、濱幸雄、児玉淳一、菅原隆之,資源・素材学会平成30年度春季大会,資源・素材学会,資源・素材講演集 Vol.5,2018年03月27日,東京都,日本

  • C2F6 ガスの電子衝突断面積

    畠山直史,川口 悟,高橋 一弘,佐藤 孝紀,第65回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,(頁 07-009),2018年03月17日,東京都,日本

  • 水上パルス放電に活性種生成-電荷交換反応を介した活性種活性種生成プロセス—

    脇坂 尚吾, 高橋 一弘, 佐藤 孝紀,第65回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,(頁 07-010),2018年03月17日,東京都,日本

  • Ar雰囲気におけるパルス放電照射に伴う水中のpH変化機序

    津田倖司、脇坂尚吾、高橋一弘、佐藤 孝紀,第65回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,(頁 07-012),2018年03月17日,東京都,日本

  • N2ガスの電子衝突断面積セットの推定

    川口悟,高橋一弘,佐藤孝紀,第65回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第65回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,(頁 07-047),2018年03月17日,東京都,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2012年03月27日,環境分野,1000000(円)

  • 中小企業

    2010年09月30日,情報通信分野,900000(円)

  • 大企業

    2006年12月01日,情報通信分野,30000000(円)

  • 大企業

    2005年11月11日,情報通信分野,2000000(円)

  • 大企業

    2004年12月24日,情報通信分野,525000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2015年02月17日,環境分野,3900000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化(UCG)システムの開発

    2017年度,基盤研究(A),15H02332

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化(UCG)システムの開発

    2016年度,基盤研究(A),15H02332

  • 海洋表面への落雷に伴う物質循環の検討

    2016年度,挑戦的萌芽研究,15K12181

  • 海洋表面への落雷に伴う物質循環の検討

    2015年度,挑戦的萌芽研究,15K12181

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化(UCG)システムの開発

    2015年度,基盤研究(A),15H02332

全件表示 >>

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • バイオガスの放電処理による水素生成CO2分解・脱硫技術

    2009年09月01日 ~ 2010年03月31日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成21年度ノーステック財団研究開発助成事業(スタートアップ研究補助金),1900000(円)

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • コロナ放電用の電極、コロナ放電発生装置、および、化学物質の分解装置

    日本,特願2004-035321,特開2005-228568,特許第4281956号

  • 殺菌装置、液体循環装置および養液栽培システム

    日本,特願2005-080517,特開2006-255674

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 電気関係法規・電気施設管理

    2018年度,学部

  • 電磁エネルギー変換工学

    2018年度,学部

  • 電気エネルギー工学特論A

    2018年度,博士前期課程

  • 高電圧工学

    2017年度,学部

  • 電磁エネルギー変換工学

    2017年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 電気電子工学実験B 電力・高電圧実験

    2012年10月,佐藤孝紀、他

  • フレッシュマンセミナー実習テキスト

    2012年04月,佐藤孝紀、中根英章

  • 電気電子工学実験B 電力・高電圧実験

    2011年10月,佐藤孝紀、他

  • フレッシュマンセミナー実習テキスト

    2011年04月,佐藤孝紀、中根英章

  • 電気電子工学実験B 電力・高電圧実験

    2010年10月,佐藤孝紀、他

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • キャンパスツアー

    2011年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス体験学習,未設定

  • 電気電子工学科オープンラボラトリ

    2010年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス体験学習,企画

  • キャンパスツアー

    2009年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス運営,未設定

  • キャンパスツアー

    2008年08月,室蘭工業大学,オープンキャンパス運営,未設定

  • 電気電子工学科オープンラボラトリ

    2007年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • スオーム法による電子衝突断面積セットの高精度推定

    2017年12月22日,原子分子データ応用フォーラム

  • 放電プラズマによる環境汚染化学物質処理

    2007年08月12日,放電学会

  • 放電プラズマによる環境汚染物質の分解

    2004年05月27日,放電学会

  • 放電プラズマによる環境汚染化学物質の分解

    2003年10月14日,放電学会

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • An investigation on the characteristics of water sterilisation using pulsed discharge plasma

    2005年09月,ROLEST, HVT group, University of Strathclyde,University of Strathclyde,HVT/ROLEST Seminars,未設定

  • 放電プラズマによる環境汚染化学物質の分解

    2003年,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学技術部職員技術研究研修,未設定

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 平成31年電気学会全国⼤会

    札幌市,委員,日本

  • 平成29年度情報・電気関係学会北海道支部連合大会

    北海道函館市,委員,日本

  • 電気学会 基礎・材料・共通部門大会

    室蘭市,委員長,日本

  • 第34回プラズマプロセシング研究会

    札幌市,委員,日本

  • The 3rd Taiwan-Japan Workshop on Plasma Technology

    New Taipei City,Committee,台湾、日本

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • ICRP国際組織委員会(国内委員)・第1回ICPIG/ICRP現地組織委員会

    2017年09月 ~ 2019年07月,委員,その他

  • 照明学会全国大会委員会委員

    2017年06月 ~ 2019年06月,委員,照明学会,全国

  • 照明教育委員会

    2017年06月 ~ 2019年06月,委員,照明学会,全国

  • 放電・プラズマ気相シミュレーション技法調査専門委員会

    2014年10月01日 ~ 2017年09月30日,委員,電気学会,全国

  • JABEE部会

    2011年09月29日 ~ 2018年03月31日,委員,電気学会,全国

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

    2018年02月28日 ~ 継続中,全国,本部役員

  • 照明学会

    2017年06月 ~ 継続中,全国,本部役員

  • 照明学会北海道支部

    2017年05月 ~ 継続中,地方支部,支部長

  • 日本鉄道電気技術協会北海道支部

    2017年04月 ~ 継続中,地方支部,支部役員

  • 電気設備学会北海道支部

    2016年06月01日 ~ 2018年05月31日,地方支部,支部役員

全件表示 >>

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 北海道室蘭栄高等学校学校評議員

    2017年度

  • 北海道公立大学法人札幌医科大学教育研究評議会委員

    2017年度

  • 科学技術振興機構 マッチングプランナープログラム専門委員

    2016年度

  • 科学技術振興機構 マッチングプランナープログラム専門委員

    2015年度