基本情報

写真a

岸本 弘立

キシモト ヒロタツ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学大学院

    1995年,博士前期,工学研究科,材料物性学専攻,修了

  • 京都大学大学院

    2002年,博士後期,エネルギー科学研究科,エネルギー応用科学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学

    1993年,工学部,材料物性工学科,卒業

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本金属学会

 

炭化ケイ素(SiC)複合材料

金属に替わる可能性をもつ高温セラミックス材料

研究開発の目的

高温エネルギー利用の社会を構築する複合材料の開発

炭化ケイ素(SiC)複合材料は,「軽量」かつ「優れた耐熱性」をもち,金属材料では耐えられない高温においても,構造材料として求められる「強度」「耐酸化性」「耐摩耗性」を発揮する。新しく杯初されなNITE SiC/SiC複合材料は大型部材の作製技術,形状自由度の確保,接合技術など様々な要求の全てをクリアできる材料である。金属材料に替わる構造材料として炭化ケイ素(SiC)複合材料を作成する。

研究開発の概要

金属の大体になりえるセラミックス複合材料の製造技術を追求

セラミックスでる炭化ケイ素(SiC)複合材料は,様々な形状を作るのが難しいとされてきたが,繊維束中にSiCナノパウダーを含浸させて,高温高圧でSiCを結晶成長させ,焼き固める「NITE法」という製法で,形状の多様化を可能にした。高純度・高結晶性のSiC/SiC複合材料を製作している。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 軽量で優れた耐熱性と高温強度
  • 酸化・腐食への耐性強化
  • SiC/SiC複合材料の成形型
  • 高結晶化SiC繊維
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 複雑な形状の高温セラミックス部材の製作
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of Joining Method between Zircaloy and SiC/SiC Composite Tubes by Using Diode Laser

    Hisashi Serizawa, Yuuki Asakura, Hirotaka Motoki, Daisuke Tanigawa, Masahiro Tsukamoto, Joon Soo Park, Hirotatsu Kishimoto, Akira Kohyama,Materials Science Forum,879巻,(頁 1743 ~ 1748),2016年11月

  • Circumferential tensile test method for mechanical property evaluation of SiC/SiC tube

    Yu, Ju-Hyeon; Kishimoto, Hirotatsu; Park, Joon-soo; Nakazato, Naofumi; Kohyama, Akira,FUSION ENGINEERING AND DESIGN ,109–111巻,(頁 1261 ~ 1266),2016年11月

  • Gas leak tightness of SiC/SiC composites at elevated temperature

    Hayasaka, Daisuke ;Park, Joon-Soo. ;Kishimoto, Hirotatsu ; Kohyama, Akira,FUSION ENGINEERING AND DESIGN ,109–111巻,(頁 1498 ~ 1501),2016年11月

  • Microstructural modification of W-SiC bonded plate during high temperature exposure

    Asakura, Yuuki; Kishimoto, Hirotatsu ; Nakazato, Naofumi ; Park, Joon-Soo; Kohyama, Akira,FUSION ENGINEERING AND DESIGN ,109–111巻,(頁 1678 ~ 1681),2016年11月

  • Destructive and non-destructive evaluation methods of interface on F82H HIPed joints

    Kishimoto, Hirotatsu ;Muramatsu, Yusuke; Asakura, Yuki ;Endo, Tetsuo; Kohyama, Akira,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,109–111巻,(頁 1744 ~ 1747),2016年11月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Advanced SiC/SiC Rotating Target for DeeMe by NITE Method

    D. Hayasaka, C. Kanda, H. Kishimoto, A. Kohyama, S. Makimura, M. Aoki,Proc. 2nd Int. Symp. Science at J-PARC, JPS Conf. Proc.,8巻,Article Number:031018,2015年

  • Present Status of SiC Component R & D for DeeMe Rotating Target

    6. C. Kanda, J. S. Park, H. Kishimoto, S. Makimura, M. Aoki and A. Kohyama,Proc. 2nd Int. Symp. Science at J-PARC, JPS Conf. Proc.,8巻,Article Number: 031020,2015年

  • Irradiation project of SiC/SiC fuel pin “INSPIRE": Status and future plan

    A. Kohyama and H. Kishimoto,Nuclear Science, Structural Materials for Innovative Nuclear Systems(SMINS-3), Workshop Proceedings, Idaho National Laboratory, Idaho Falls, United States, 7-10 October 2013,9号,(頁 215 ~ 222),OECD/NEA,2015年

  • SiC/SiC fuel cladding R&D project “SCARLET": Status and future plan

    H. Kishimoto* and A. Kohyama,Nuclear Science, Structural Materials for Innovative Nuclear Systems(SMINS-3), Workshop Proceedings, Idaho National Laboratory, Idaho Falls, United States, 7-10 October 2013,9号,(頁 233 ~ 240),OECD/NEA,2015年

  • Advanced SiC/SiC Rotating Target for DeeMe by NITE Method

    D. Hayasaka, C. Kanda, H. Kishimoto, A. Kohyama, S. Makimura and M. Aoki,Proc. 2nd Int. Symp. Science at J-PARC, JPS Conf. Proc.,8号,(頁 031018 ~ ),2015年

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学OASISにおける環境・エネルギー材料研究

    岸本弘立、香山晃,保全学,13巻,4号,(頁 9 ~ 13),2015年01月

  • 小特集原型炉実現に向けた低放射化フェライト鋼研究開発の進展 4. 低放射化フェライト鋼接合技術の現状と課題

    廣瀬貴規、芹澤久、岸本弘立、荻原寛之、藤井英俊、長坂琢也、笠田竜太、野澤貴史、谷川博康、芝清之,プラズマ核融合学会誌,87巻,3号,(頁 172 ~ 180),2011年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Process R&D toward Mass Production of NITE-SiC/SiC Composites

    Joon-Soo Park, Akira Kohyama, Hirotatsu Kishimoto,10th Asian-Australasian Conference on Composite Materials (ACCM-10),Proceedings of 10th Asian-Australasian Conference on Composite Materials ,2016年10月16日,Busan,Korea

  • Specimen Size Effects on Fracture Behavior of SiC/SiC Tubes During Circumferential Tensile Test

    Ju-Hyeon Yu, Hirotatsu Kishimoto, Naofumi Nakazato, Joon-Soo Park, Akira Kohyama,10th Asian-Australasian Conference on Composite Materials (ACCM-10),Proceedings of 10th Asian-Australasian Conference on Composite Materials ,2016年10月16日,Busan,Korea

  • Notch effects on the failure behavior of SiC/SiC tubes during circumferential tensile test

    Ju-Hyeon Yu, Hirotatsu Kishimoto, Joon-Soo Park, Naofumi Nakazato, Akira Kohyama,13th China-Japan Symposium on Materials for Advanced Energy Systems and Fission & Fusion Engineering (CJS13),Proceedngs of CJS-13,2016年09月26日,Hefei,China

  • Thermal Property and Microstructural Characterization of W/SiC Clad Plates

    Hirotatsu Kishimoto, Yuuki Asakura, Joon-Soo Park, Naofumi Nakazato, Akira Kohyama,13th China-Japan Symposium on Materials for Advanced Energy Systems and Fission & Fusion Engineering (CJS13),Proceedngs of CJS-13,2016年09月26日,Hefei,China

  • All SiC/SiC Cladding Irradiation in LWR Environments

    Joon-­‐Soo Park, Daisuke Hayasaka, Naofumi Nakazato, Hirotatsu Kishimoto, Akira Kohyama,Top Fuel 2016,Proceedngs of Top Fuel 2016,2016年09月16日,Moise, Idaho,USA

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人、その他

    2016年07月01日,ナノテクノロジー・材料分野,0(円)

  • 公益法人等

    2016年07月01日,製造技術分野,640000(円)

  • 公益法人、その他

    2016年05月01日,ナノテクノロジー・材料分野,0(円)

  • 公益法人等,その他

    2015年06月04日,ナノテクノロジー・材料分野,860000(円)

  • 公益法人等,その他

    2015年04月30日,ナノテクノロジー・材料分野

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2013年08月01日,ナノテクノロジー・材料分野,598650(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • マルチ量子ビーム照射によるディウェッティング現象その場観察とその機構解明

    2016年度,基盤研究(C),26420661

  • マルチ量子ビーム照射によるディウェッティング現象その場観察とその機構解明

    2015年度,基盤研究(C),26420661

  • マルチ量子ビーム照射によるディウェッティング現象その場観察とその機構解明

    2014年度,基盤研究(C),26420661

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアルセミナーI

    2017年度,学部

  • 力学演習

    2017年度,学部

  • 材料科学A

    2017年度,学部

  • 材料強度学

    2017年度,学部

  • 弾塑性力学演習

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 科学と技術の現在・未来 -ものづくりの視点から-

    2009年09月25日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成21年度室蘭工業大学公開講,未設定

  • エネルギー材料教育プログラム

    2009年08月20日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,原子力人材育成プログラム,未設定

  • 極限に耐えるエネルギー材料

    2009年08月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成21年度室蘭工業大学教員免許状更新講習,講演

  • 機械航空創造系学科材料工学コース 体験学習

    2009年08月01日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成21年度室蘭工業大学オープンキャンパス,講演

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 原子力・核融合炉用材料の接合技術の現状

    2009年06月30日,日本製鋼所,日本製鋼所 室蘭研究所 講堂,第1回 日本製鋼所―室蘭工業大学 技術交流会,講演