基本情報

写真a

宮崎 正範

ミヤザキ マサノリ


担当学科

応用理化学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 超伝導

  • マルチフェロイック

  • ミュオン科学

  • 磁性

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規マルチフェロイック現象と局在ホールによる酸素スピン偏極の研究

    磁性,電気分極,マルチフェロイック,2015年09月 ~

研究歴 【 表示 / 非表示

  • μSR法による、単層型銅酸化物超伝導体(Bi,Pb)2201における、磁性と超伝導、擬ギャップの研究

    2007年04月 ~

  • 遍歴d電子系における、重い電子的振る舞いとスピン揺らぎの研究

    2008年06月 ~ 2015年08月

  • スピン軌道相互作用が強く結合した5d電子系Ir酸化物の磁気的基底状態の研究

    2009年06月 ~ 2015年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学(総研大)

    2012年03月,博士,高エネルギー加速器科学研究科,物質構造科学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学

    2007年03月,工学部,電気電子工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

    ミュオンナイトシフトによる銅酸化物超伝導体(Bi,Pb)2201の擬ギャップ状態の研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所(ミュオン科学研究系) 博士研究員

    2012年04月 ~ 2015年03月

  • 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所(中性子科学研究系) 研究員

    2015年04月 ~ 2015年08月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本中間子科学学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Strong Electron Correlation behind the Superconductivity in Ce-Free and Ce-Underdoped High-Tc T'-Cuprates

    Tadashi Adachi, Akira Takahashi, Kensuke M. Suzuki, Malik A. Baqiya, Takuya Konno, Tomohisa Takamatsu, Masatsune Kato, Isao Watanabe, Akihiro Koda, Masanori Miyazaki, Ryosuke Kadono, and Yoji Koike,J. Phys. Soc. Jpn,85巻,(頁 114716 (1-6) ~ ),2016年10月

  • Metal-insulator transition and pseudogap in Bi1.76Pb0.35Sr1.89CuO6+δ high-Tc cuprates

    M. Miyazaki, R. Kadono, M. Hiraishi, A. Koda, K. M. Kojima, Y. Fukunaga, Y. Tanabe, T. Adachi and Y. Koike,Phys. Rev. B,94巻,(頁 115123 (1-5) ~ ),2016年09月

  • Quest for the Origin of Heavy Fermion Behavior in d-Electron Systems

    Masanori Miyazaki, Ichihiro Yamauchi, and Ryosuke Kadono,J. Phys. Soc. Jpn,85巻,(頁 091009 (1-11) ~ ),2016年04月

  • Cage electron-hydroxyl complex state as electron donor in mayenite

    M. Hiraishi, K. M. Kojima, M. Miyazaki, I. Yamauchi, H. Okabe, A. Koda, R. Kadono, S. Matsuishi and H. Hosono,Phys. Rev. B,93巻,(頁 121201(R) (1-5) ~ ),2016年03月

  • Structural anomalies and short-range magnetic correlations in the orbitally degenerate system Sr2VO4

    I.Yamauchi, K. Nawa, M. Hiraishi, M. Miyazaki, A. Koda, K. M. Kojima, R. Kadono, H. Nakao, R. Kumai, Y. Murakami, H. Ueda, K. Yoshimura and M. Takigawa,Phys. Rev.B,92巻,(頁 064408 (1-7) ~ ),2015年08月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Magnetism and Superconductivity in H-substituted Fe-based Superconductor LaFeAsO1-xHx

    M. Hiraishi, K. M. Kojima, M. Miyazaki, I. Yamauchi, H. Okabe, S. Takeshita, A. Koda, R. Kadono, S. Iimura, S. Matsushita, and H. Hosono,KEK-MSL Report 2015 (KEK Progress Report 2016-3),(頁 65 ~ 66),2016年10月

  • Construction of S1 Spectrometer with Element Strategy S-type Project

    K. M. Kojima, T. Murakami, Y. Takahashi, H. Lee, S. Y. Suzuki, A. Koda, I. Yamauchi, M. Miyazaki, M. Hiraishi, H. Okabe, S. Takeshita, R. Kadono, T. Ito, W. Higemoto, S. Kanda, Y. Fukao, N. Saito, M. Saito, M. Ikedo, T. Uchida, and, M.M. Tanaka,KEK-MSL Report 2014(KEK Progress Report 2015-4),(頁 22 ~ 23),2015年11月

  • Magnetism and Superconducivity in H-substituted LaFeAsO with Two Dome Structure

    M. Hiraishi, K. M. Kojima, M. Miyazaki, I. Yamauchi, H. Okabe, S. Takeshita, A. Koda, R. Kadono, S. Iimura, S. Matsuishi, and H. Hosono,KEK-MSL Report 2014(KEK Progress Report 2015-4),(頁 83 ~ 84),2015年11月

  • Magnetism and Superconducivity in H-substituted Fe-based Superconductor SmFeAsO1-xHx

    M. Hiraishi, K. M. Kojima, M. Miyazaki, I. Yamauchi, H. Okabe, S. Takeshita, A. Koda, R. Kadono, H. Okanishi, S. Iimura, S. Matsuishi, and H. Hosono,KEK-MSL Report 2014(KEK Progress Report 2015-4),(頁 87 ~ 88),2015年11月

  • Local Spin Susceptibility in d-electron Heavy Fermion system Y1-xScxMn2

    I. Yamauchi, M. Miyazaki, M. Hiraishi, H. Okabe, S. Takeshita, A Koda, K. M. Kojima, R Kadono, and H. Nakamura,KEK-MSL Report 2014(KEK Progress Report 2015-4),(頁 85 ~ 86),2015年11月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • μSRによる、Ruddlesden-Popper型Ru酸化物における頂点酸素スピンの観測

    宮崎正範、菊川直樹、宇治進也、寺嶋太一、Dmitry Sokolov、Andrew Peter Mackenzie、戎修二,日本物理学会第72回年次大会,一般社団法人 日本物理学会,日本物理学会講演概要集 第72巻 第1号 第72回年次大会(2017年),2017年03月17日,大阪大学豊中キャンパス,日本

  • Novel Electronic State and Superconductivity in the Electron-Doped High-Tc T'-Superconductors

    T. Adachi, A. Takahashi, T. Konno, T. Ohgi, M. A. Baqiya, T. Sumura, K. Kurashima, K. M. Suzuki, T. Takamatsu, T. Kawamata, M. Kato, I. Watanabe, A. Koda, M. Miyazaki, R, Kadono, H. Oguro, S. Awaji and Y. Koike,3rd International Conference on Functional Materials Science (ICFMS2016),3rd International Conference on Functional Materials Science (ICFMS2016) Programme,2016年10月19日,Bali,Indonesia

  • 希土類セレン化物RSe2 (R=Pr, Nd, Tb)の磁性と伝導

    大友貴博、隅田諒、宮崎正範、石垣徹、戎修二,日本物理学会 2016年秋季大会,一般社団法人 日本物理学会,日本物理学会講演概要集 第71巻 第2号 2016年秋季大会,2016年09月13日,金沢大学(角間キャンパス)

  • LaSe2の単結晶育成と圧力下電気抵抗率

    戎修二、清水弥、国慶、宮崎正範,日本物理学会 2016年秋季大会,一般社団法人 日本物理学会,日本物理学会講演概要集 第71巻 第2号 2016年秋季大会,2016年09月13日,金沢大学(角間キャンパス)

  • セメントC12A7への水素照射で現れる永続的光誘電気伝導の起源

    平石雅俊、小嶋健児、宮崎正範、山内一宏、岡部博孝、竹下聡史、幸田章宏、門野良典、松石聡、細野秀雄,日本物理学会 2016年秋季大会,一般社団法人 日本物理学会,日本物理学会講演概要集 第71巻 第2号 2016年秋季大会,2016年09月13日,金沢大学(角間キャンパス)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学実験B

    2017年度,学部

  • 応用物理学実験A

    2017年度,学部

  • 応用物理学実験A

    2016年度,学部

  • 応用物理学実験B

    2016年度,学部

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 液体窒素を使って、-196℃の世界を体験しよう

    2016年09月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学K棟実験室,室蘭工業大学プロビデンス・プログラム,企画

  • 液体窒素を使って、-196℃の世界を体験しよう

    2015年10月,室蘭工業大学,室蘭工業大学K棟実験室,室蘭工業大学プロビデンス・プログラム,未設定

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • Investigation of spin polarization on apical oxide in layered calcium ruthenium oxide Can+1RunO3n+1 (n=1,2)

    ドイツ,Max Planck Institute for Chemical Physics of Solids,2016年

  • Investigation of spin polarization on apical oxide in layered calcium ruthenium oxide Can+1RunO3n+1 (n=1,2)

    スイス,Paul Scherrer Institut ,2016年

  • Study for magnetic polarization on apical oxygen in La2CuO4 by measuring spin density distributions

    USA,Oak Ridge National Laboratory ,2016年