基本情報

写真a

畠中 和明

ハタナカ カズアキ


担当学科

機械航空創造系学科

職名

准教授

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    2011年03月,博士前期,工学研究科,航空宇宙システム工学,修了,日本

  • 室蘭工業大学

    2013年09月,博士後期,工学研究科,航空宇宙システム工学,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1996年03月,工学部,応用物理学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    衝撃波問題における解析の最適化とその適用及び評価

職歴 【 表示 / 非表示

  • ニッテツ北海道制御システム株式会社、一般職(1996~)、主任(2002~)

    1996年04月01日 ~ 2007年08月31日

  • カールストルツ・エンドスコピージャパン株式会社、研究員

    2013年10月01日 ~ 2014年09月30日

  • 東北大学大学院医学系研究科、助教

    2014年10月01日 ~ 2016年06月30日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • American Heart Association

  • 日本循環器学会

  • 日本流体力学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • 亜音速FTVノズルの特性とその飛行実証

    廣田 光智,高橋 巧一,石井 臣卓,畠中 和明,齋藤 務, RAO M.V. SRISHA,日本航空宇宙学会論文集,66巻,1号,(頁 1 ~ 6),2018年01月

  • Low-energy cardiac shockwave therapy to suppress left ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction: a first-in-human study

    Kagaya Y, Ito K, Takahashi J, Matsumoto Y, Shiroto T, Tsuburaya R, Kikuchi Y, Hao K, Nishimiya K, Shindo T, Ogata T, Kurosawa R, Eguchi K, Monma Y, Ichijo S, Hatanaka K, Miyata S, Shimokawa H.,Coronary Artery Disease,2017年10月

  • Low-intensity pulsed ultrasound enhances angiogenesis and ameliorates contractile dysfunction of pressure-overloaded heart in mice

    Ogata T, Ito K, Shindo T, Hatanaka K, Eguchi K, Kurosawa R, Kagaya Y, Monma Y, Ichijo S, Taki H, Kanai H, Shimokawa H,PLoS One,2017年09月

  • Molecular Mechanisms of the Angiogenic Effects of Low-energy Shock Wave Therapy: Roles of Mechanotransduction

    Hatanaka K, Ito K, Shindo T, Kagaya Y, Ogata T, Eguchi K, Kurosawa R, Shimokawa H,Am J Physiol Cell Physiol,311巻,3号,(頁 378 ~ 385),2016年09月

  • Low-Intensity Pulsed Ultrasound Enhances Angiogenesis and Ameliorates Left Ventricular Dysfunction in a Mouse Model of Acute Myocardial Infarction

    Shindo T, Ito K, Ogata T, Hatanaka K, Kurosawa R, Eguchi K, Kagaya Y, Hanawa K, Aizawa K, Shiroto T, Kasukabe S, Miyata S, Taki H, Hasegawa H, Kanai H, Shimokawa H,Arterioscler Thromb Vasc Biol,36巻,6号,(頁 1220 ~ 1229),2016年06月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Numerical Studies on Form of Weak Shock Reflection over Wedges

    Hatanaka K, Hirota M, Saito T,Proceedings of 31st International Symposium on Shock Waves,2017年07月,Nagoya

  • Investigations on Compressible Mixing Layers by Using Hot-Wire Velocimetry

    Ikeda T, Fuse R, Hatanaka K, Hirota M, Saito T,Proceedings of 31st International Symposium on Shock Waves,2017年07月,Nagoya

  • Visualization of Supersonic Flow Field with Background Oriented Shclieren Method

    Hatanaka K, Gross JR, Hirota M, Saito T,Proceedings of the 31st International Congress on High-Speed Imaging and Photonics,(頁 445 ~ 448),Article Number:1P-08,2016年11月,Osaka, Japan

  • Low-intensity Pulsed Ultrasound Enhances Angiogenesis and Ameliorates Contractile Cardiac Function in Pressure-Overloaded Hearts in Mice

    Ogata T, Ito K, Shindo T, Hatanaka K, Eguchi K, Kurosawa R, Kagaya Y, Hiroaki Shimokawa,Scientific Sessions 2016 on American Heart Association,2016年11月,New orleans, USA

  • Molecular Mechanism for Low-intensity Pulsed Ultrasound-induced Angiogenesis

    Shindo T, Ito K, Ogata T, Hatanaka K, Kurosawa R, Eguchi K, Kagaya Y, Hanawa K, Aizawa K, Shiroto T, Miyata S, Kanai H, Shimokawa H,Scientific Sessions 2016 on American Heart Association,2016年11月,New orleans, USA

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 超音速流れ場へ噴射する気体の混合効果に及ぼすノズル形状の影響

    瀬口貴裕,池田大季,畠中和明,廣田光智,齋藤務,平成29年度衝撃波シンポジウム,平成29年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2018年03月07日,仙台,日本

  • 衝撃波との干渉による閉路内圧縮性乱流混合層の混合特性変化に関する研究

    池田大季,畠中和明,廣田 光智,齋藤 務,ラオ スリシャ,平成29年度衝撃波シンポジウム,平成29年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2018年03月07日,仙台,日本

  • 斜め衝撃波の反射形態遷移直後における三重点の振る舞い

    町田佳佑,畠中和明,廣田光智,齋藤務,平成29年度衝撃波シンポジウム,平成29年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2018年03月07日,仙台,日本

  • 亜音速FTVノズルにおける二次流路形状が偏向角に及ぼす影響

    村上 正人,第55回飛行機シンポジウム,日本航空宇宙学会・日本航空技術協会,第55回飛行機シンポジウム講演集,2017年11月20日,松江市,日本

  • BOSによる平面衝撃波の定量的測定と境界層の影響についての研究

    高橋 弘太郎, 畠中 和明, 廣田 光智,高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2017,高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2017実行委員会,高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2017講演論文集,2017年11月15日,平塚市,日本

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 航空機姿勢制御における流体力学的推力偏向技術の性能評価システムの開発と応用

    2017年度 ~ 2019年度,基盤研究(C),17K06940

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • コミュニケーション技法

    2018年度,学部

  • 応用解析学I

    2018年度,学部

  • 航空宇宙工学セミナーI

    2018年度,学部

  • 地域社会概論

    2018年度,学部

  • 生産システム工学概論

    2018年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 第96期日本機械学会流体工学部門講演会実行委員会

    2017年11月 ~ 2018年11月30日,委員,日本機械学会,全国