基本情報

写真a

相津 佳永

アイヅ ヨシヒサ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 計測工学

  • 色彩工学

  • 生体医用光学

  • 光計測

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院

    1982年03月,博士前期,工学研究科,電子工学専攻,修了

  • 北海道大学大学院

    1985年03月,博士後期,工学研究科,電子工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 武蔵工業大学

    1980年03月,工学部,電子通信工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

    Measurements of Velocity in a Microscopic Region Using a Transmission Grating

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 計測自動制御学会

  • アメリカ光学会

  • 国際光工学会

  • 日本機械学会

  • 日本感性工学会

全件表示 >>

 

分光イメージングを利用した医用計測、産業計測、環境計測機器の開発

光でヒトのからだを診る・自然を診る

研究開発の目的

生体組織の光吸収散乱成分濃度を計測し画像表示できる機器開発

医学分野や化粧品・美容分野において非接触かつ定量的にからだの状態を計測し画像表示することや,作業従事者の疲労度・ストレスのモニタリング,食品分野における鮮度・糖度の検査,環境分野においての森林植生分布の解析などに光画像技術のニーズが多い。

研究開発の概要

分光イメージングを利用して分析計測

可視光や近赤外光を利用して生体対象部位の画像を撮影する。データに独自の成分解析法,推定法を適用して光吸収成分(皮膚であればメラニンや血液)の濃度を算出し,結果をカラー画像表示する。使用する光の波長とデータの演算方式を巧みに組み合わせることで,分析能力をたかめられる。解析の手段としてモンテカルロシミュレーションによる生体組織内の光伝搬モデルと計算手法に関する性能向上を目指す。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 大型・高価な装置が不要
  • 複雑・長時間の演算処理が不要
  • 煩雑な操作が不要
  • 生体内の色素成分濃度の解析法・推定法
  • 使用波長の選択による演算時間の短縮
  • 生体内の光伝搬に関するシミュレーション解析手法
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 広いエリアを画像で一度に調べることが可能
  • 画像データベースで保存・蓄積・ネット利用が可能
  • 非接触・非破壊・非拘束
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Optical Biomedical Diagnostics, Second Edition

    I.V. Fedosov, Y. Aizu, V.V. Tuchin, N. Yokoi, I. Nishidate, V.P. Zharov, E.I. Galanzha,SPIE Press, Laser speckles, Doppler and imaging techniques for blood and lymph flow monitoring,(頁 642),2016年10月

  • 皮膚の測定評価法バイブル

    相津佳永,湯浅友典,横井直倫,技術情報協会,ストレスが及ぼす皮膚への影響を測定したい~皮膚代謝~,(頁 740),2013年05月

  • Spatial Filtering Velocimetry

    Y. Aizu,T. Asakura,Springer Verlag,全章,付録,(頁 221),2005年11月

  • Handbook of Optical Biomedical Diagnostics

    E.I. Galanzha,G.E. Brill,Y. Aizu,他2名,SPIE Press,Speckle and Doppler methods of blood and lymph flow monitoring,2002年

  • Trends in Optics

    Y. Aizu,T. Asakura,Academic Press,1996年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurements of blood flow and blood concentration change using laser speckle in fiber illumination and its application to estimation of stress condition

    Naomichi Yokoi, Tomomi Shinohara, Hideki Funamizu, Masaki Kyoso, Yuichi Shimatani, Tomonori Yuasa, and Yoshihisa Aizu,Optical Review,24巻,2号,(頁 226 ~ 236),2017年04月

  • Numerical considerations on control of motion of nanoparticles using scattering field of laser light

    N. Yokoi and Y. Aizu,Optics & Laser Technology,90巻,(頁 226 ~ 236),2017年02月

  • Analysis of blood flow covering a wide region of velocity in laser speckle image sensing

    N. Yokoi and Y. Aizu,Measurement,91巻,9号,(頁 342 ~ 350),2016年09月

  • Estimation of spectral transmittance curves from RGB images in color digital holographic microscopy using speckle illuminations

    Hideki Funamizu, Yuta Tokuno, and Yoshihisa Aizu,OPTICAL REVIEW,23巻,3号,(頁 535 ~ 543),2016年06月

  • Probing depth and dynamic response of speckles in near infrared region for spectroscopic blood flow imaging

    Naomichi Yoko, Yoshihisa Aizu,Optics & Laser Technology,78巻,B号,(頁 106 ~ 114),2016年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Estimation of spectral transmittance from RGB image in color digital holographic microscopy using speckle method

    Hideki Funamizu,Tan Q. Chen, Yoshihisa Aizu,Proc. of Digital Holography & 3-D Imaging(DH),2016年07月

  • Color Digital Holographic Microscopy Using Speckle Illuminations for Removing Twin Image

    H. Funamizu, T.Q. Chen, Y. Aizu,Proc. Of Biomedical Imaging and Sensing Conference 16,2016年05月

  • Simultaneous Imaging of Blood Flow and Blood Concentration Change Using Laser Speckle in Fiber Illumination

    T. Shinohara, N. Yokoi, H. Funamizu, T. Yuasa, Y. Aizu,Proc. of Biomedical Imaging and Sensing Conference 16,2016年05月

  • Simulation of Spectral Reflectance Image in Human Skin Model Having a Measured Surface Texture by Ray Tracing

    T. Yuasa, K. Mizunuma, R. Goto, T. Maeda, H. Funamizu, Y. Aizu,Proc. Of Biomedical Imaging and Sensing Conference 16,2016年05月

  • Non-contact Measurement of Heart Rate Variability Using Time Series Color Images of Human Skin

    Y. Aoki, A. Hoshi, K. Nakano, K. Niizeki, Y. Aizu, I. Nishidate,Proc. Of Biomedical Imaging and Sensing Conference 16,2016年05月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 書評 CMOSイメージセンサ 映像情報メディア学会 編 コロナ社,2012年

    相津佳永,光学,43巻,3号,(頁 131 ~ ),2014年03月

  • 光波センシング技術,温故知新

    相津佳永,光波センシング技術研究会論文集,50巻,1号,(頁 11 ~ 14),2012年12月

  • 変わることの大切さと変わらぬことの大切さ

    相津佳永,光学,41巻,4号,2012年04月

  • 皮膚組織多層構造モデリングと光伝搬シミュレーション

    相津佳永,日本機械学会誌,114巻,1112号,(頁 541 ~ ),2011年04月

  • 多層構造皮膚モデルに基づく分光反射率のシミュレーション

    相津佳永,光技術コンタクト,47巻,1号,(頁 5 ~ 13),2009年

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • レーザー光散乱場によるナノ粒子のトラッピング:数値シミュレーションによる特性評価

    横井 直道,相津 佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会論文集,57巻,(頁 5 ~ 10),2016年06月

  • バイオスペックルイメージングによる自律神経機能の評価

    横井直倫、島谷祐一、京相雅樹、船水英希、湯浅友典、相津佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会論文集,56巻,(頁 165 ~ 172),2015年12月

  • バイオスペックル血流イメージング: 速度域に応じた血流評価パラメーターの選択

    横井直倫、相津佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会論文集,55巻,(頁 165 ~ 172),2015年06月

  • RGB画像を用いたヒト皮膚血行動態とストレス応答の評価

    青木佑太、星輝、西舘泉、新関久一、相津佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会論文集,55巻,(頁 13 ~ 20),2015年06月

  • 疑似夜明け療法の覚醒効果

    山上佳那,矢島啓大,湯浅友典,相津佳永,千葉武雄,佐々木春喜,三浦淳,室蘭工業大学紀要,64巻,(頁 137 ~ 142),2015年03月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Observation of red blood cells in bood coagulation using digital holographic microscopy

    Hideki FUNAMIZU,Yuki WATANABE,Yoshihisa AIZU,10th Int. Conf. on Laser-light and Interactions with Particles,Univ. Marseille,Proc. 10th Int. Conf. on Laser-light and Interactions with Particles,2014年08月,Marseille,France

  • Numerical considerations on measurements of lightabsorbing particles using polarized-type phase Doppler Method

    Naomichi YOKOI,Yoshihisa AIZU,10th Int. Conf. on Laser-light and Interactions with Particles,Univ. Marseille,Proc. 10th Int. Conf. on Laser-light and Interactions with Particles,2014年08月,Marseille,France

  • Noncontact Imaging of Human Skin Hemodynamics Using a Digital Red-green-blue Camera

    I. Nishidate, R. Matsuda, R. Sato, T. Maeda, T. Yuasa, K. Niizeki, Y. Aizu,Biomedical Imaging and Sensing Conference 14,JSPS and OSJ,Proc. Biomedical Imaging and Sensing Conference,2014年04月,Yokohama,Japan

  • Observation of Aggregation Structure of Red Blood Cells in Blood Coagulation Using Digital Holographic Microscopy

    H. Funamizu, Y. Watanabe, Y. Aizu,Biomedical Imaging and Sensing Conference 14,JSPS and OSJ,Proc. Biomedical Imaging and Sensing Conference,2014年04月,Yokohama,Japan

  • Study on Depth Measurement of a Blood Flow Region Based on Speckle Correlation

    N. Yokoi,Y. Aizu,Biomedical Imaging and Sensing Conference 14,JSPS and OSJ,Proc. Biomedical Imaging and Sensing Conference,2014年04月,Yokohama,Japan

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2017年03月31日,ライフサイエンス分野,1080000(円)

  • 中小企業

    2017年02月28日,ライフサイエンス分野,300000(円)

  • 大企業

    2016年03月25日,ライフサイエンス分野,1080000(円)

  • 大企業

    2014年06月24日,ライフサイエンス分野,1080000(円)

  • 中小企業

    2014年05月28日,ライフサイエンス分野,300000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2015年08月01日,ライフサイエンス分野,108000(円)

  • 公益法人等

    2006年10月13日,ライフサイエンス分野,2000000(円)

  • 公益法人等

    2006年07月01日,情報通信分野,2111550(円)

  • 公益法人等

    2005年12月14日,製造技術分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • ボクセル型光子フルーエンスによる生体光伝搬の3次元解析と皮膚異常検出

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26420379

  • 皮膚ガンに由来する光吸収・散乱異常のハイパースペクトル多層構造検出

    2011年度 ~ 2013年度,基盤研究(C),23560492

  • 多層化・構造化皮膚モデルの開発と3次元血管構造探索

    2008年度 ~ 2010年度,基盤研究(C),20560391

  • 酸素代謝を機能別に画像化するハイブリッド分光トポグラフィ

    2006年度 ~ 2007年度,基盤研究(C),18560404

  • 酸素飽和度に依存しない新しい生体用光トポグラフィ

    2004年度 ~ 2005年度,基盤研究(C),16560358

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 光照射装置

    日本,特願2012-112654,特開2013-236812,6061216

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • インター・サイエンスC

    2017年度,学部

  • 機械システム工学セミナー

    2017年度,学部

  • 機械システム工学実験

    2017年度,学部

  • 計測情報工学

    2017年度,学部

  • 学内インターンシップ(ロボティクスコース)

    2017年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 簡単 ロボット入門

    2010年09月,機械システム工学科設計制御工学講座,教育・研究10号館 S棟 S301室,平成22年度室蘭工業大学公開講座,講演

  • 色を見る,いろいろな色の話

    2003年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学S棟,見るという科学・技術の世界,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • 層状モンテカルロモデルに基づく皮下内出血の分光学的定量計測

    2007年06月01日,電気学会バイオメディカル・フォトニクス先端技術調査専門委員会

  • 分光学的手法を用いた皮膚測定

    2007年03月25日,応用光学懇談会

  • 色彩計測の基礎と応用

    2003年10月10日,旭川工業高等専門学校

研修 【 表示 / 非表示

  • 分光イメージングの皮膚計測への応用と展開

    2008年01月01日,財団法人 北海道科学技術総合振興センター,札幌市,北海道バイオ産業クラスターフォーラム シーズ公開会,講師

  • やさしい色彩工学-色の仕組み・性質と色のはかり方

    2004年09月07日,応用物理学会,室蘭工業大学,文部科学省,室蘭工業大学総合研究棟,リフレッシュ理科教室体験型実習,講師

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 光波センシングを切り拓くイメージング技術の進展

    2010年03月01日,応用物理学会光波センシング技術研究会,東海大学湘南キャンパス,応用物理学関係連合講演会シンポジウム,企画